モラルハラスメントを理解する大事なポイントの一つは「継続されている」ということ。モラルハラスメントは「継続して繰り返す」ことが重要

モラルハラスメントを理解する大事なポイントの一つは「継続されている」ということ。モラルハラスメントは「継続して繰り返す」ことが重要

モラルハラスメントとは

言葉、態度、文書などによって継続的に人格や尊厳を傷つける精神的ないじめ・嫌がらせ

引用元:モラルハラスメント(モラハラ)とは? – ハラスメントに負けない職場の作り方ハラスメントに負けない職場の作り方

モラルハラスメントについて、外部記事からの引用です。

理解する大事なポイントの一つは「継続されている」ということ

モラルハラスメントを理解する大事なポイントの一つは「継続されている」ということ。モラルハラスメントは「継続して繰り返す」ことが重要になります。言葉でも非言語(しぐさ、視線、表情など)でもメールでも”相手が嫌がることを繰り返す”という「繰り返し」が理解する上で重要なポイントの一つです。

蓄積によるダメージを与えるのがモラルハラスメントの本質

そして、「精神的な嫌がらせを継続して繰り返す」ことによる「”蓄積”」で結果として大ダメージを与えることが出来るのがモラルハラスメントです。(悪質になるほど潜在意識に蓄積させる)つまり10000のダメージを与えるために精神的な嫌がらせを100×100に分散するのです。

分散するほど嫌がらせがわかりにくくなる

分散する数が多くなるほどモラルハラスメントは水面下に潜り、周囲に気付かれなくなります。つまり1の些細なダメージを10000回に分散する。これが賢い加害者が行う巧妙なモラルハラスメントです。周囲は10000全体を見れないからモラルハラスメントの酷さに気がつかないのです。

たった1の嫌がらせでも10000ヒットさせれば大ダメージ

たった1の些細な精神的な嫌がらせでも10000ヒットさせれば大ダメージを与えることが可能になる。自殺させることも不可能ではない。だからモラルハラスメントを理解する上で重要なポイントの一つが「”継続して繰り返す”」という部分なのです。

嫌だという意思を明確に伝えることも大事

どんなに些細なもの(例えば髪の毛の隙間から睨む視線)でも、「その視線嫌だからやめて」と相手に伝えた証拠を取る。それなのに長期的に同じ視線を何度も繰り返された場合、その視線の証拠を取っておけば”裁判”でも認められると思いますよ。

モラハラはコミュニケーションを通じて主観的に嫌だと感じるハラスメントなので本人がハラスメントだと思えばハラスメントなのです。相手に「嫌だからやめて」と伝えているのにもかかわらず繰り返されるのは間違いなくハラスメントなのです。「内的情報」と「外的情報」の両方からの検証が必要です。

非言語メッセージによる精神的な嫌がらせ

モラルハラスメントでは、非言語メッセージによる精神的な嫌がらせが行われることもあります。非言語については以下をお読みください。

人間は非言語的コミュニケーションを、顔の表情、顔色、視線、身振り、手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離の置き方などによって行っている[4]。また、非言語コミュニケーションには身振り、姿勢、表情、視線に加え、服装や髪型、呼吸、声のトーンや声質などの種類がある

引用元:非言語コミュニケーション – Wikipedia

このような非言語を使って精神的な嫌がらせをするのは「証拠が取られにくい」「とぼけることが出来る」からです。そこに潜むのがモラルハラスメントの加害者なのです。そして攻撃を攻撃だと周囲に気づかれないように、被害者にだけ、ネチネチと攻撃していく。そして蓄積によって大ダメージを与えていくのがモラルハラスメントの本質です。

それはつまり、モラルハラスメントが「静かに・じめじめと・陰湿に」行われることであり、それによって他人の人格や尊厳を傷つけることができるということです。

例えば、「無視をする」「わざと咳払いをする」「見下すしぐさをする」「否定する」など。

引用元:モラルハラスメント(モラハラ)とは? – ハラスメントに負けない職場の作り方ハラスメントに負けない職場の作り方

こちらの引用の文章通りなのです。モラルハラスメントの本質は、こういったことを「執拗に繰り返す」ことにあるのです。そして嫌がらせではなく、自然を装って攻撃をしてくるので、なかなか対処できない加害者もいるのです。

例えば、「わざと咳払いをする」。これ1つでみても相手が「わざとじゃないんだけど決めつけないで」と言えばそれまでです。裁判で勝てるだけの証拠がない限り相手はほくそ笑んでいるのです。そして何度もやられて、他の嫌がらせも受けた被害者が混乱すると、人によっては「悪意のない人の咳ばらいを嫌がらせされたと勘違いしてしまうほど混乱する」場合もあるのです。モラルハラスメントの加害者が賢い場合は、それを狙っている場合もあるのです。

どんなに悪賢くても、一言で言えば「情けない人間だからできる」ことを「執拗に繰り返す精神的な嫌がらせ」なのです。僕もこの勉強をするまでは、ここまでの人間がいるとは考えもしませんでした。

継続して繰り返すという重要ポイントを無視するのは異常なこと

モラルハラスメントに関して「”継続して繰り返す”」という「”重要ポイント”」を”無視”している専門家は専門家じゃありません。

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 菅原隆志

    記事の続きに「第1回目 同じ穴の狢にならずに、その逆へと進めばよい!」を追加しました。
    ぜひ、読んでみて下さい。

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)