甘やかしても厳しくしても愛情が本物なら子は育つ

12184 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
甘やかしても厳しくしても愛情が本物なら子は育つ

「子供を甘やかすとだめになる」とか、「厳しくした方が絶対いい」という親がいるものですが、それは認知の歪みです。

正しくは以下になります。

「甘やかしても厳しくしても愛情が本物なら子は正しく育つ」

逆に 「甘やかしても厳しくしても愛情が偽物なら子は正しく育たない」のです。

人間の根本は愛(エネルギー)ですので、 親からの愛が偽物の場合、親は偽の愛を振りかざし子供からエネルギーを搾取するのです。

逆に本物の愛(エネルギー)を与えると、 子供の心は満たされるので、正しく育つのです。

貧乏でもお金持ちでもホームレスでも病気でも、非行でも、本物の愛(エネルギー)なら、良くなっていきます。

<<下に続く>>

良くならないのは本物の愛(エネルギー)ではなく偽物の愛(エネルギー搾取)が理由です。

いたってシンプルな問題なのです。

本物の愛を手に入れる為に、人は成長する必要があります。自分のペースを大事にしながら成長していきましょう。

また、成長を押し付ける者からは離れることも大事です。大事なことは自分のペースで楽しく成長することです。

あなたが今幸せを感じている場合、あなたは本物の愛(エネルギー)を与えてもらったのだと思います。

本当に素晴らしいことですよね。

まだ、本物の愛(エネルギー)を知らない人に、押し付けることなく自然に共有されていけたら、それもまた素敵なことだと思います。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 39 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 甘やかしても厳しくしても、例え放任!?しようとも、真の愛情で育てれば子供はまっすぐ育つものです。育児法はそれこそ千差万別です(^-^)

  2. 私は飛行に走ったひとりです。笑

    当時は親の気持ちも全く分からず
    うざい!うるさい!
    居なければいいのに!
    っと思った事は何度もあります。

    しかし、年齢を重ねるごとにつれて
    親への感謝や、大切さを知りました。

    非行に走った事は後悔ではなく
    いい思い出です。

    非行に走った事で、世間を知った事もあり
    上下関係をしっかり習った事により
    周りからも私はしっかりしている!
    っと言われているようです。

    自慢になりました(°_°)

    それは、今ではプラスとなっていますし
    きちんとした大手会社で働かせて頂いて
    今では親孝行も小さな事ですが
    自分なりにしているつもりです。

    見捨てなかった親は
    本物の愛を注いでいたのでしょうね。

    最高な人生で幸せいっぱいです。

    • 非行に走らないと分からない世界もありますので良い勉強ですよね^^
      人を立てることや礼儀なども学べますので良い面もたくさんありますね!

      LVさんは自身の経験をプラスに活かし、人生の中で親との絆が出来てきたのですね。
      振り返ってみれば、親との絆を深めることに繋がっていたことがあるのではないでしょうか^^

      本当の愛を感じることができることはとても素晴らしいことですよ^^
      良い親で本当の家族の中、これからも、止まることなくしあわせになってくださいね♪

  3. 甘やかすことが愛ではなく、厳しくすることも愛なんですよね。

  4. 同感です。

  5. 愛の力ってスゴいですよね(*^_^*)

  6. 本物の愛だと確信してずっと育てた子供も、素直に心に届いてくれると本物の愛になって心が満たされるんでしょうね。

    どんなに愛を注いでも歪んで捉えられては意味がなくなってしまうものですかね。

    見えないもので満たすことは簡単なようで難しいです。

    • 私的には本物は必ず届く!届かないのはどこかで歪んだ部分があるからかな?と思っています^^

      時間はかかっても歪みさえ矯正し必ず届く。そう思います。

      難しいですけどね;^^

  7. 甘やかされて育った覚えはないですが、本物の愛情を受けて育ったかと言えば少々疑問です。赤ん坊の頃、育児ノイローゼで浴槽に沈められて殺されかけたそうです。成人になって初めて聞かされたんですが、さほどショッキングではなく、この親なら充分有り得るなと思いました。まぁそれでも結果生きてますけどねw

    • 辛いですね。

      赤ちゃんの時は記憶がなくても、赤ちゃんは無意識100%ですから無意識に刷り込まれているんですよね;^^

      本当は凄くショックだったし傷ついたと思います。しかし優しいからか、ショックを受けていると思ってはいけない・・・。
      そう思ってはいませんか?

  8. 本当にそうだと思います!

  9. まだ子供はいませんが、厳しさと優しさのバランス、子育てに悩みがありましたが、愛情が本物かどうかが大切なんですね。
    気持ちが楽になりました。

  10. 素晴らしいですね。

  11. 1歳の子供がいるので考えさせられました。
    自分が愛されて育ったように、子供には、本物の愛をできる限り与えて、子供が自分の子供が出来た時にもつなげていけるようになるにしていきたいです。

  12. 極端な育ちをすると、人生のさまざまな難局を乗り越えられないでしょう。厳しすぎても、甘やかしすぎても駄目です。むずかしいですよ子育ては。成果は大人になってから現れます。ほったらかしは親失格でしょう。

    • 極端な育ちをすると、様々難局を乗り越えられることも、その逆もあるでしょう。愛情があれば甘やかしすぎてもきちんと育ちます^^

  13. 甘やかすだけが子育てではないと思います。

    今、少しでも手をあげたり強くしかれば、回りからは虐待と言われます。
    でも、そこは限度の問題じゃないでしょうか。

    良いことは良い、悪いことは悪いと生涯かけて子供に教えていくのが親の務めだと私は思うからです。

    子育ては常に難しくて、親も日々学習しながら子育てしています。
    『あめとムチ』をうまく活用することが大切なのではないでしょうか。

    そして、子供になぜ悪いのか?ということを考えさせることが大切なんだとわたしは思っています。

  14. メグミ(二児のママ)

    たしかにそうだなと思います。親が自分の保身や周りからの反応を気にしていると、子供が気づいてしまったら反抗期やひきこもりなんかを長引かせてしまいますからね。私も親が親の都合上を持ち出して嫌な思いしてますので、あんまり行き来しないですから、子供には親の都合上をしないように、本当によい愛を注げるようにとあらためて投稿しつつ思っています。

  15. 以前、知り合いの方に
    『子供の反抗期は、親に甘えられてる証拠だから良いことなんだよ』
    と聞きました。
    その時は、へぇ〜と思っただけでした。

    最近になり、6歳の息子の反抗が凄くなり
    注意したら『はいはい』や
    『何なん?!俺のこと嫌いなんやろっ!!』
    等、頑張って反抗してるんですが、私が座ると、膝に座りに来たり、もたれて来たりと
    気が付くと近くにいて、甘えてるんですよね。

    そんな時ふと、愛情伝わってるなぁと感じます。
    自分も十分過ぎる愛情を貰ったなぁと思い出します。

  16. ほんとその通りだと思います!愛情って大切です。しつけだけでなく人にものを教える時でも、愛情あるなしでは全然違いますもの。

  17. 子供の教育は難しそうですね。甘やかしたら駄目とか厳しいから駄目とか。愛情があれば、貧乏や環境等は関係なく素直な子供に育つのではないでしょうか。

  18. 子供を育てるのは、難しいです!

    本物の愛と偽物の愛の区別の仕方も相違ありませんが、兄弟を不平等に育てると、どちらかが、歪んだ性格になります

  19. 甘やかすとダメになると思っていました。

    それが愛の真偽の問題とは…。

    良いこと教えてもらいました。

  20. そういった断定はできないと思います

  21. まさしくそれに尽きます!
    母の母(祖母)は遠くに暮らしていて、私にとっては他人でした。
    しかし、こんなことがありました。
    急な用事で母と父が遠くにいる母の実家に行くことになりました。

    私と兄は後から行きましたが、取り込んでいるはずだから迷惑だろうと、食事を現地の食堂ですませてから訪問したら、祖母にたいへん叱られました。
    その叱られ方はまさしく家族に対する怒りでした。
    たいへんな怒りであったにもかかわらず、私は嬉しさを感じたのです。祖母からの愛情が感じられた出来事でした。
    どんなに優しくとも、どんなに怖かろうと、愛情のあるなしでは違うのです。

    • すごくいいですね!^^

      そうですよね。
      そこに本物愛が感じられればスカッピィさんのように嬉しく感じますよね!

      私も昔に経験があります。
      うるさくしつこく怒ってくれた先生から本音で心配してくれていることを感じた時は嬉しかったです^^

      怒りの中から相手の気持ちを理解できる素敵な繋がりだと感じました。

      ありがとうございました^^

  22. 親はなくとも子は育つ…

    良く言ったもんです!
    私は、兄→姉→私の3人兄姉妹の末っ子です。
    末っ子=甘やかされている
    などと思われがちですが、我が家は違いました。

    母親は常に兄を立て、兄を甘やかし、兄だけが可愛い息子で…

    母は子供のまま大人になったような人でした。

    ✳︎子どもは親の所有物
    ✳︎子どもは親に逆らわない
    ✳︎子どもは親に口答えしない
    など自分の思い込み・価値観を私達子どもに要求し、それを実践しないと親不孝…

    いつも感情でしか怒らない。
    正しくても、自分の気分次第で言う事が毎回違う。

    父が42歳で他界してからは、母が大黒柱…
    食事が出来るのは自分のおかげ…
    不自由なく学校に行けるのは自分のおかげ…

    親からの愛情のある叱りなんて知らない…
    本当に、本気で私を愛して本気で叱って抱きしめてくれるような母だったら…?
    なんて今更ふと思う時があります。

    • 親はなくとも子は育つ…

      親の代わりとなり愛を与えてくれる人がいれば、親はなくとも子は育ちます^^
      本物の愛が無ければ肉体は生きていても精神は飢えていきます。

      そうすると本物の愛は自分から生成するしかないですよね?

      自分が与える側になると満たされるのです。

      ここで間違ってはいけないのは『愛を与えよう』と考えるとずれてしまいメサイアコンプレックスのようになりやすいのです。

      『人に愛を与える』と考えるうちは、その愛は偽物です。

      本物の愛を生成するにはどうしたら良いか?

      それが自己肯定感を高め、自分を許し、自分を愛することです。

      これが出来ると『人に愛を与える』と考えなくても、自然に愛を与えてしまうのです。

      子供は親や環境の悪影響を受ける前は、自分が嫌いだと思っていません。愛を与えようとしなくても自然と愛を与えますよね^^

      小春日和 さんが自己肯定感を高めていくと、愛に満たされるようになっていけるのです。

  23. 親から愛をあまり受けていないと思います。放任主義でした。愛が欲しいです。

    • ペンティアさんにとって感じなかった愛。それは偽物の愛ですよね。だけど偽物は本物に変われるのです。

      記事に書きました偽物の愛(エネルギー搾取)ですが、実はこれは100%ではありません。

      内訳:
      偽物の愛(エネルギー搾取)70%
      本物の愛(エネルギー)30%

      例えばこのような感じで、全部が全部偽物ってわけではないのです。

      ですので、偽物の愛(エネルギー搾取)70%ではなく、本物の愛(エネルギー)30%にフォーカスできると、しっかり感じることが出来る場合もあります。

      例えば、日本人が「OKサイン」として行う手の動作は、ブラジルでは前後の内容によっては性行為そのものを指示するそうです。

      日本人にはその気がなくても、相手にはそう伝わる場合があるのです。

      互いに理解を深めたら解決できますよね^^

      ですので偽物の愛だった場合、このような勘違いしている部分がありますので本物の愛(エネルギー)30%にフォーカスするようにすると、愛が見えてくるのです^^

  24. 本物の愛を私は受けてきたと思います。幸せに感じます。

  25. orz

    今、幸せと感じていないのは

    母親から本物の愛を与えてもらわなかったからか…

    まっ、実の息子を殺そうとした母親に

    本物の愛なんか存在しないだろうが

    そんな奴もいる

    だけだな

    • それは辛いですね。

      深い傷を抱えているんですね。

      その傷を抱えて、下に流さず頑張ってこられたことは素晴らしい事です。

      そして亀吉 さんが抱えている辛さは、お母さんも同じだったはずです。

      お母さんが悪いのではなく、お母さんも方法が分からなかったのです。

      そこで亀吉 さんが気付くことでズレら歯車が修正されます。

      ずれた部分が修正されると、見えなかったもの気付けなかったものが見えてくるので、偽物だった愛が本物の愛に変わるのです。

      自分の見方や解釈を変えると、偽物も本物に変えていけるのです。

  26. じゃ、不幸せな方は偽物の愛ってことですね。

    • 偽物の愛を感じると、人は本物の愛を探し求めますよね。

      解釈を変えれば、偽物の愛は、本物の愛に出会えるための道しるべです。

      ゆさんが本物の愛に出会えるために、通過する一時的なものだと思います。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)