「子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「”生贄”」。自分の環境において「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットを犠牲にしない生き方をしたい…、それは思いやる気持ちがあれば自然と考えることではないでしょうか。

332 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
「子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「”生贄”」。自分の環境において「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットを犠牲にしない生き方をしたい…、それは思いやる気持ちがあれば自然と考えることではないでしょうか。

子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「生贄」です。

「煩悩まみれの大人」は「心理的な奴隷」のことです。

そして「奴隷の鎖自慢」は「劣等感の刷り込み合戦」です。その中で、虐待をゼロにすることは不可能です。

「奴隷の鎖自慢」に関しては以下の別記事に書いています。

子供の虐待死を減らすためにとても大事なことを書いています。本当に減らしたいと思う人だけ読んでください。

 

なぜ「煩悩まみれ」と「子供の虐待死」が関係あるか

なぜ「煩悩まみれ」と「子供の虐待死」が関係あるか。

子供を虐待する人は、「毒」を撒く人です。この毒は「煩悩」から生まれます。煩悩が毒となり、毒があらゆる毒になり、それが恐怖や臆病と合わさり、他の者の所為にすることで、無関係な下の存在である子供や動物に向きやすいのです。

「煩悩まみれ」→「毒」→「猛毒」→「子供の虐待死」

煩悩の種類については「煩悩108辞典 – 煩悩108辞典(煩悩百八つ)(外部サイト)」がわかりやすいです。

全ての悪は無知からくる。虐待死も

全ての悪は無知からきます。親が子供を虐待死させるのも、親の無知から来ます。「無知」というのは「凄まじいほどの毒になる」のです。僕自身、自分もそうですし、家族を見てきて思ったことやわかったこと、それらの共通していたのは「無知からくる毒」でした。

<<下に続く>>

大事なのは「真理」を知ることです。「真理」は1つだから、真理を知った人たちはみんな同じようなことを言います。例えば偉人の名言。名言には真理が表れています。だから名言に触れていくことも「真理を知る」ことに繋がっているのです。

「煩悩まみれ」から「劣等感の刷り込み合戦」

「煩悩まみれの大人」は「心理的な奴隷」のこと。そして「奴隷の鎖自慢」は「劣等感の刷り込み合戦」です。劣等感の刷り込み合戦から「深刻な劣等コンプレックスの形成」に繋がり、人を傷つけずにはいられないハラスメント加害者になっていきます。

これらの苦しみの元(素)になっているのが、「煩悩」です。「煩悩」は苦しみを生み、成長に繋がるから必要なものでもあるのですが、問題は「煩悩まみれ」になることです。そしてそれから生まれる苦しみや問題をスケープゴートタイプに背負わせて、更に煩悩にまみれていく。それがとんでもない問題につながっているのです。本人は気がついていませんが。

人間というのは「煩悩にまみれたい…」だけど「煩悩から生まれる苦しみは避けたい…」だから「スケープゴートを作ってしまえ(無意識で)…」となりやすい生き物です。そういった妄想を実現しようとする煩悩にまみれたい人が多くいるところに「身代わり」「生贄」が生まれるのです。その対象は、子供や、ペット、ACのスケープゴートタイプが選ばれやすいのです。

人間ですから、煩悩をすべて無くすことなんて出来ません。だけど、自分の環境において、「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットが犠牲になってしまう一線を越えないような生き方をしたいと思うことは、思いやる気持ちがあれば自然とできることではないでしょうか。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)