「子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「”生贄”」。自分の環境において「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットを犠牲にしない生き方をしたい…、それは思いやる気持ちがあれば自然と考えることではないでしょうか。

663 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←
「子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「”生贄”」。自分の環境において「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットを犠牲にしない生き方をしたい…、それは思いやる気持ちがあれば自然と考えることではないでしょうか。

子供の虐待死」は「煩悩まみれの大人」による「生贄」です。

「煩悩まみれの大人」は「心理的な奴隷」のことです。

そして「奴隷の鎖自慢」は「劣等感の刷り込み合戦」です。その中で、虐待をゼロにすることは不可能です。

「奴隷の鎖自慢」に関しては以下の別記事に書いています。

子供の虐待死を減らすためにとても大事なことを書いています。本当に減らしたいと思う人だけ読んでください。

 

なぜ「煩悩まみれ」と「子供の虐待死」が関係あるか

なぜ「煩悩まみれ」と「子供の虐待死」が関係あるか。

子供を虐待する人は、「毒」を撒く人です。この毒は「煩悩」から生まれます。煩悩が毒となり、毒があらゆる毒になり、それが恐怖や臆病と合わさり、他の者の所為にすることで、無関係な下の存在である子供や動物に向きやすいのです。

「煩悩まみれ」→「毒」→「猛毒」→「子供の虐待死」

煩悩の種類については「煩悩108辞典 – 煩悩108辞典(煩悩百八つ)(外部サイト)」がわかりやすいです。

全ての悪は無知からくる。虐待死も

全ての悪は無知からきます。親が子供を虐待死させるのも、親の無知から来ます。「無知」というのは「凄まじいほどの毒になる」のです。僕自身、自分もそうですし、家族を見てきて思ったことやわかったこと、それらの共通していたのは「無知からくる毒」でした。

<<下に続く>>

大事なのは「真理」を知ることです。「真理」は1つだから、真理を知った人たちはみんな同じようなことを言います。例えば偉人の名言。名言には真理が表れています。だから名言に触れていくことも「真理を知る」ことに繋がっているのです。

「煩悩まみれ」から「劣等感の刷り込み合戦」

「煩悩まみれの大人」は「心理的な奴隷」のこと。そして「奴隷の鎖自慢」は「劣等感の刷り込み合戦」です。劣等感の刷り込み合戦から「深刻な劣等コンプレックスの形成」に繋がり、人を傷つけずにはいられないハラスメント加害者になっていきます。

これらの苦しみの元(素)になっているのが、「煩悩」です。「煩悩」は苦しみを生み、成長に繋がるから必要なものでもあるのですが、問題は「煩悩まみれ」になることです。そしてそれから生まれる苦しみや問題をスケープゴートタイプに背負わせて、更に煩悩にまみれていく。それがとんでもない問題につながっているのです。本人は気がついていませんが。

人間というのは「煩悩にまみれたい…」だけど「煩悩から生まれる苦しみは避けたい…」だから「スケープゴートを作ってしまえ(無意識で)…」となりやすい生き物です。そういった妄想を実現しようとする煩悩にまみれたい人が多くいるところに「身代わり」「生贄」が生まれるのです。その対象は、子供や、ペット、ACのスケープゴートタイプが選ばれやすいのです。

人間ですから、煩悩をすべて無くすことなんて出来ません。だけど、自分の環境において、「毒」に繋がっている「煩悩」を見極めて、子供やペットが犠牲になってしまう一線を越えないような生き方をしたいと思うことは、思いやる気持ちがあれば自然とできることではないでしょうか。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 考え方が難しすぎると思ってしまいました。
    ですが言ってることもわかります。
    ですが、そもそも自分の子供を虐待する意味がわかりません。
    お腹で10ヶ月育てて痛い思いをして産んだのになんでそんな可愛いわが子を虐待してしまうのか。
    確かに1人での子育てというのはすごい精神力がないとやっていけないとは思います。
    私も今子供が1歳です。
    協力もあるし心にまだ余裕があるしそれ以前に子供が可愛くて仕方ない。
    虐待をしてしまう人は根本的に心に余裕がないだろうし、この記事にでも言うてるとおり思いどうりにいかないので弱いものいじめというか生贄になってしまっているのだろうなと思う。
    思いやりの心があればなくなる。確かにそうかもしれないけど、虐待してる人は多分2つに別れていそう。
    頑張って頑張って育ててるのに中々思いどうりにならないから虐待してしまうが心の中では後悔、それかただ単にもう何もかもがストレスになり子供に当たってしまっている人か。
    心に余裕が本当にないと育児はすごい大変だと思う。
    育児に息詰まったら友達、いないのなら親、いないのなら市の相談、とにかく誰かに話を聞いてもらえるようにしたらいい。
    そこでまた新たに道が開けるから。
    1人で悩まないでほしい。
    記事的にはうまいこと言ってる感じもしましたが、私にはもっとシンプルに伝えたほうが読む側もしっくりくるかなとは思います。
    難しい事を並べてもよくわかりませんでした。

  2. 子供や動物の虐待のニュースなどを見るととても悲しい気持ちになってしまいます。お腹を痛めて産んだ我が子を、どうして虐待するのか。
    無抵抗な動物に、どうして虐待するのか。
    お酒やギャンブル、異性に溺れて子育てを放棄し、ご飯を与えず、子供が亡くなってしまうニュースを目にしますが、本当に煩悩まみれなんだなと感じます。人間ですから、煩悩が全く無い人なんていないでしょう。でもその煩悩を自分自身でコントロールしたり、自分を律することのできない人は子供を持つべきではないのかな、と思います。動物を虐待する人はコンプレックスの塊のように見えます。弱い者に暴力を振るう。絶対にやってはいけないことです。
    悲しいニュースはなるべくなら見たくありません。この記事を読み、思いやる気持ちを忘れずに、そして私自身も加害者にならないよう、改めて認識しました。

  3. この記事を読んで、本当にその通りだと思いました。
    煩悩が多いから虐待をするとは思いませんが、きっと虐待をしてしまう人は自分の中の煩悩をどうやったら満たすことができるかを知らない、まさしく「無知」だからこそだと思います。

    自分を満たす方法は考えることができる人間ならいくらでも方法があるのです。
    ですが無知はいろんな考えや方法を頭の中で生み出すことができないのです。
    たった一つの虐待という方法しか思いつかない。
    単純極まりない幼稚な方法しか思いつかない。

    これほど恐ろしいものはないです。

    私は虐待のニュースを観るたびに胸が引き裂かれそうな思いをします。
    どんなに痛かっただろう、どんなに苦しかっただろう、いっそのこと苦しむのなら一瞬で何もわからないほど一瞬で殺されてしまったほうがマシなんじゃないかと思うほどです。

    虐待をする無知な人たちは何の教育もうけてこれなかったのでしょうか?
    だとすればその人達も虐待を受けてきたということなのでしょう。

    • 「煩悩が多いから虐待をするとは思いませんが、きっと虐待をしてしまう人は自分の中の煩悩をどうやったら満たすことができるかを知らない、まさしく「無知」だからこそだと思います。」

      と仰られていますが、その「無知」こそ煩悩のうちの1つです。
      いえ、1つというよりは煩悩の根本こそが、無知なのです。
      ですので、この記事に書いてある通り「煩悩(無知)が多いから虐待に繋がる」ということです。

      虐待をする無知な人たちは無知の道が良いと勘違いしているのです。
      それは先に無知に関する何らかの煩悩の味を占めて、それが自分のためになるもの(メリットある)と勘違いしたままなのです。

      その無知にメリットを見出しているので、無知から抜け出そうとはしません。
      ですからよほどの衝撃によって目が覚めない限り変わることはないに等しいのです。

      ですから、自然災害などが、そういった無知にメリットを感じている人の目を覚ます役割となることもあるのです。
      大地震という揺さぶりによって「このままではいけない!変わらなきゃ!」と目が覚める人もいます。

      そして、仰っているように、虐待をする人たちも虐待をされてきた人が多いでしょう。
      だけど、それを虐待だと認識はしない。だから跳ねのけない。つまり、虐待を受け入れてしまっているのです。

      だから虐待をするのです。

      小さなことにも虐待だと騒ぐことによって、
      そういった虐待をしているのに気づいていない人に気づかせるきっかけにはなります。

      「これは虐待なんだよ!!!!!!」と多くの人が声を大にして言うことも必要なのです。

      その虐待をしてしまう人たちに「学ぶことの楽しさ」を伝えていける人が増えれば、少しずつでも温かい未来が訪れると思います。

  4. 『子供の虐待死』と聞くだけでとても悲しい気持ちになります。正直なところ、『大事に育てられないなら子どもをつくるな!』と言いたくなりますね。
    しかし、そこには何かしらの理由があるはずなんです。人間ですから、イライラしたり誰かに当たってしまったりすることもあるでしょう。しかし、それを子どもに向けるのは間違いです。どんな理由があるにしろ、子どもなどの弱い立場にある人をターゲットにするのは自分が弱いからだと思います。自分が確実に勝てる相手をターゲットにするなんて、弱い人のすることです。
    子どもを犠牲にしないように、考え方を変えたり、行動を変えたりといつもと違う自分を探してみてはいかがでしょうか?そうすれば、子どもを虐待することは少なくなっていくでしょう。

    • 「しかし、そこには何かしらの理由があるはずなんです。」

      あーちゃんさんの、こちらの1歩踏み込んだ考えは素敵だなと思いました。

      どんな理由があるにしろやってはいけないことですが、
      その理由を理解してあげて、
      虐待という形ではなく別の形で解決できるような誘導が出来る人が増えていけば、
      虐待を未然に防げることも増えていくでしょう。

      虐待をする人は「限界まで追い詰められている」ので、
      その追い詰められている部分を解決に導いてあげられたら、
      起こしてしまうことを起こさずに済む可能性が高まります。

  5. 子供の虐待死が近年頻繁にあるという事は、本当に悲しい事だと思います。
    何も罪のない子供を勝手に産んで勝手に殺す親がいるなんて本当に信じられません。
    年齢は関係なく子供を育てられないような幼稚な大人が子供をつくってしまった結果なんだと思います。
    煩悩という言葉を聞いて本当に共感します。
    パチンコなどのギャンブルに夢中になり車の中に置き去りにされ熱中症で亡くなった子供などは本当に大人の煩悩が毒に変わって殺されてしまったのでしょう。
    また自分の恋愛に夢中になり子育てを放棄してしまう親の犠牲になり、餓死してしまう子供も沢山いました。
    これもまた煩悩が毒にそして猛毒になった結果だと思います。
    自分が子供を育てられるか考えてから産んでほしいと思いますが、それを考えられる大人は煩悩をコントロールできる大人なので、虐待死はなくならないのが、現実です。本当に悲しい事ですね。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)