漠然とした気味の悪い強い不安感への対処法!不安を解消するには、まずは「書き出す」ことから始めてみてはいかがでしょうか。

1104 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

漠然とした気味の悪い強い不安感への対処法!不安を解消するには、まずは「書き出す」ことから始めてみてはいかがでしょうか。

21日にメールを送ってくださった方にお伝えした内容は、他にも強い不安を抱えている方に参考になるかもしれないと思ったので、このブログにも投稿しておきます。よかったら参考にしてみて下さい。

漠然とした気味の悪い強い不安感への対処法ですが、まず「漠然とした気味の悪い強い不安感」は文字通り「漠然(ぼんやりしてハッキリしていない)」としている不安なので、必要なことは「ハッキリさせる・明確にする」ということです。

何が問題なのかを自分でもわかっていない状態です。そして安全のために「準備して!」というメッセージとして不安が生まれているのです。このことは以下の記事でもお伝えしました。

自分が「不安」を感じたら、自分に「大丈夫だよ。ちゃんと守るからね」という気持ちを持つことがとても大切です。自分の子供が「不安だよ…」と伝えてきてくれたのに、その不安を無視したら子供はますます不安になる。自分に対しても同じことです。不安は「準備して!」というメッセージです。

こういうことです。

「自分のなかの問題が多すぎて先が見えず不安」

問題が多い

先が見えない

不安

<<下に続く>>

これは、「明確にする」「問題解決をする」ことが必要ですよね。明確にするためには「書き出すことが効果的」です。そして簡単なものから1つ1つ解決していくと不安も解消されていきます。

まずは「書き出す」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

書き出すことで、最初はぼんやりしていてハッキリしていない不安や問題が、徐々に明確になってきます。明確になってくれば、ソレに対する対処、問題解決が出来るようになりますよね。これは本当に重要なことです。僕自身も、「漠然とした気味の悪い強い不安感や恐怖」を減らすために、「書き出す」ことを徹底しました。それによって強い不安や極度の恐怖を大幅に減らすことが出来ました。そのことは「サヨナラ・モンスター」でまとめています。

書き出すことによって、ハッキリしない不安や恐怖を明確にするための作業の続きを後から出来るのです。1回ですべてを知ることや明確にすることなど出来ないほど根深いものだから「漠然とした気味の悪い強い不安感や恐怖」になっているのですから、何度も何度も辿って、続きをおこなって、徐々に明確になっていくのです。書き出しておけば、その続きから簡単に開始できるのです。ですので「書き出す」というのは「必須」といっても過言ではないでしょう。

この記事の内容で、少しでもあなたの不安や恐怖が減ることに繋がったら嬉しく思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. まさしくその通りだと思います。
    私もよくイライラしたり不安なことがあったりどうしようもない事があると、真っ白な紙とボールペンを用意して何が心の中で引っかかってるかとかを書き出していきます。
    するとスラスラと出てくるんです。
    その時に思った感情やら感想なんでもいいんです。
    やはり文字にすると自分でも考えそして感じることが出来るからです。
    なのでこのブログの言ってる通りだと思いました。
    まず1人で出来ることは書くのが1番ですね。
    不安な気持ちってしんどいですもんね。
    そこからまた新たな感情が出てくると思います。それでそこでまた書いてみると自然に解決策が自分の中で生まれたりして書いてみてよかったなって思う時がありました。
    なのでこのブログを見た人が悩んだりしてる方だったら実践して少しでも気持ちが晴れたらいいなと私も思います。

  2. 漠然とした不安感への対処法として、とにかく「書き出してみる」というのは、まさに理にかなっていると思いました。
    人間の感情は、あくまでも自分自身の内面で起きている現象で他者は憶測や想像でしか理解することが出来ませんし、それは本当に理解した事になるのかと言えば、本人にしかわからないことなので、他者に解決してもらうのは難しいかと思います。自分自身の感情と自分が向き合うことで不安が解消されるのであれば、自分自身を見つめ直す方法として自分の頭にある不安な要素や考えをとにかく書き出してみる。書き出すことで自分にとって何が不安だったのかを客観視する事が出来、解決方法が見つかるかもしれません。ただ不安や悩みを抱えているが何が不安なのか、何が怖いのかが分からないと無限に不安を感じ、さらにその不安が怖くなり不安を呼ぶ悪循環に陥ります。書き出してみて、自分の感情を外側から見ることで自分自身の悩みを自分自身に相談に乗ってもらう形が出来るようになります。そうすれば答える側も自分自身ですので、自分の納得のいく答えが返ってと思います。

  3. 漠然とした強い不安感を感じる事はたまにありますが、この文章を読んで書くことでそれを解消できるかもしれないのはたしかにあるかもしれません。何かわからないけど不安な気持ちをペンをとってノートに一つづつ「何だか嫌だけど何だろう」とか「通りすぎる人の目線が気になる」とか書き出していく事で漠然としていた物が繋がって見えてくる事もあるかもしれないと思いました。ずっとわからない不安感を書き出したりその都度メモしたりする事で少しでも不安感を拭う事ができるなら嬉しいです。ダイエットなどでもレコーディングダイエットと言ってメモする事で食べた物をを確認しながら脳がダイエットする方向に傾いていく方法があるように書くことは沢山の影響を与えると思いました。不安な時は文字を書いてみようと思います。

  4. まず、文章を読んで感じたことは、『なるほどなあ』です。不安を書き出すことで明確にして、対処法を探るという方法もあるんだなというのが最初の感想です。
    確かに不安を感じるときは、なんとなくな気がします。例えば、仕事のことでも『これは私にできるのだろうか』となにがどんな風に不安なのかまでは考えていないような気がします。その不安を細かく書き出していけば、その不安をなくすために【今できること】が明確になり、行動しやすいと思います。
    この文章を読む前は、私は不安を感じたらとりあえず夫などに相談していました。そうすると対処法を教えてくれたり、不安に思うことが無駄なことだったと気づかされたり、すぐ解決できました。自分の中でもその不安が大きくないんだと思います。他人の意見も聞けるし、不安を話すことでストレスを溜め込まないということにも繋がっていました。
    しかし、この文章を読んで、この方法もやってみようと思います。自分の不安は自分で解決するのがいいと思ったからです。

  5.  読んでいて、漠然とした気味の悪い不安感というのが何であるのか、すぐにピンときました。
     そしてそれが、自分の子供へと置き替えた例えにより、不安な気持ちの仕組みについて、非常に分かりやすい印象を受けました。
     
     確かに、不安というのはいつも明確でないからこそ、一層怖く感じるのかもしれません。
     それなのに、いつまで経ってもそれは消えるどころか、心のどこかに残ってしまいます。

     ちょっとしたことかもしれませんが、それらを1つ1つ対処していくこのやり方には、目からウロコでした。
     とても簡単ですし、すぐに実践できそうなのも嬉しいですね。
     
     不安を明確にすることで恐怖心を減らし、なおかつ冷静に自分の気持ちと向き合えるこの方法は、素晴らしいと思います。

     非常に参考になりました。ありがとうございます。
     

  6. 実際私自身、色々将来への不安が強く気持ちが落ち込んだりすることが多いのですが、将来の何に対しての不安なのかはっきりしないことが多く、この記事を読んでみて、実際に将来の何が不安なのかをはっきりさせるために真似して書いてみようと思いました。お金のことや子供のこと、老後のことなど沢山不安は尽きませんが、書き出してそれを明確にすることによって、どのように問題を解決するべきか考えることができるのでぜひやるべきですね。
    また、将来子供が何か困難にぶち当たってしまったときに、もちろん相談に乗ってあげたいと思いますが、自分でどのようにしたら良いのかを考えさせるための訓練としても活用できそうだと思いました。親子で一緒にやっていこうと思います。記事を読んで、自分でできる漠然とした強い不安感への対処法があると知り、とても安心しました。ありがとうございました。

  7. 漠然とした不安っていつもあります。子供が健全に成長していくか、老後は幸せに生きれるかなどを考えたらキリがありません。だけど不安だけではどうにもなりません。

    その不安を書く事でスッキリするというのはなんとなく分かります。書けば頭が整頓でき、客観的に捉える事ができます。私は子供が保育園に入れるかどうか不安だった時、書き出しました。そして、そこから保育園に入れなかったらこうしようとか、整頓しながら話を進めれました。

    また、不安を書き出して殴り書きでも明日からこうしようとか不安に付け足していけます。付け足して、それを忘れないように貼っておくとか目に付くようにすると教訓になると思います。だからモヤモヤをハッキリさせるのに書くのはすごく良いと思います。

  8. 先が見えない不安、いつも感じます。具体的に何かと尋ねられても明確に答えることができません。ただ何となく不安、といった感じでモヤモヤすることもあります。
    この記事を読んで、書き出す事の重要さを知ることができました。今まで不安に感じても何となくごまかしてみたり、不安と向き合おうとしてこなかった自分がいます。不安が一切ない人なんていないと思います。でも、その不安とどう向き合っていくかで心の中は変わってくると思いました。
    何が不安なのか、ノートに書き出してみて向き合っていけば気持ちも落ち着くと思うし、冷静になることでその不安に対してどう対処したら良いのか考えられると思います。
    前向きに捉えていけそうな気がします。

  9. 人は誰もが生きていれば不安を抱える生き物です。しかし、この記事を読んで、不安とは、先の見えない、先が見えないことから、不安がになるので、しっかりとした準備、書き出すことにより、不安が解消されていくということを学びました。書き出すことにより、問題が明確化されて、それを一つ一つ準備し、解決することが出来るのです。私もこのことを頭に入れて、不安に対する対策を行なっていきたいと思います。不安とは見えないから怖くなるので、書き出すだけでも不安がどんどん減っていき、それを一つ一つ解決していくことが出来ます。私もこの行動を実践してたことにより、多くの不安から解放されることが出来ましたので、この記事に出会えて本当に良かったと思いました。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)