勇気をもって「過去の未処理の感情」を感じきれ!!多くの人は「右ならえ」で、 当たらず障らずな考え方でこう言います。 「過去は過ぎたこと。関係ない」と。

勇気をもって「過去の未処理の感情」を感じきれ!!多くの人は「右ならえ」で、 当たらず障らずな考え方でこう言います。 「過去は過ぎたこと。関係ない」と。

とても重要なことをお伝えします。

多くの人は「右ならえ」で、
当たらず障らずな考え方でこう言います。

過去は過ぎたこと。関係ない」と。
確かに過ぎたことです。
だけど、過去があるから今があるのです。

過去に本当の自分の感情を感じきることができなかったこと。
それは、たくさんあります。

本当の自分の感情100%で
感じきり続けて生きることは出来ません。

どこかで本当の自分の感情を置き去りにしているのです。
その置き去りにした感情は、自分の大切なものです。

その感情を「過去は過ぎたこと。関係ない」と蓋をするのは、
自分への心理的な虐待です。

そして過去に蓋をしても、
その過去の「過去の未処理の感情」が問題を作り出します。

そう、今起こる多くの問題は
「過去の未処理の感情」が作り出していることが殆どなのです。

どれだけ蓋をして感情を過去に置き去りにしても、
感情は消えません。未処理の感情は最後までしっかり感じきることで消えるのです。

例えば10歳のころ、とても悲しい思いをした。
だけど強がって、その悲しみを無かったことにした。

それも「未処理の感情」として心の奥であなたが自分の親になり、
その感情を感じきる日を待っているのです。

勇気をもって、本当の自分の感情を最後まで感じきること。
それが大切なことです。

僕は、すべてではないけど「サヨナラ・モンスター」の方法で感情を感じきりました。
その結果、極度の恐怖を大幅に減らすことが出来ました。

実際に、やってみて「過去の未処理の感情」を感じきることは、
本当に大切であり、素晴らしいこと。そして感情を感じきれば能力になるとわかりました。

その「過去の未処理の感情」が纏まっているイメージが、
以下のURLに設置してある「モンスター」の画像です。

→ https://info.sayonara-monster.net/lp2

「過去は過ぎたこと。関係ない」と
強がったり、誤魔化したりしても、
心の奥深いところで、「未処理の感情」などがぐちゃぐちゃに纏まっているのです。

そのぐちゃぐちゃを紐解くのは、自分が自分の親として、
自分の人生の管理者として、自分の責任ではないでしょうか。

僕は、そう確信しています。

ただ、これは僕の考えですので、
受け入れるのも、否定するのもあなたの自由です。

過去に蓋をして生きることを選ぶことも、
それは自分の自由なのです。

僕の考えは、過去に感じきることが出来なかった感情を、
回復して、強くなった今、最後まで感じきってあげることで、
心の奥の小さな自分が、成長するので素晴らしいことだと思っています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
勇気をもって「過去の未処理の感情」を感じきれ!!多くの人は「右ならえ」で、 当たらず障らずな考え方でこう言います。 「過去は過ぎたこと。関係ない」と。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
勇気をもって「過去の未処理の感情」を感じきれ!!多くの人は「右ならえ」で、 当たらず障らずな考え方でこう言います。 「過去は過ぎたこと。関係ない」と。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)