他人に心を明け渡してはいけない!心を明け渡していれば洗脳・マインドコントロールされて本当の自分を見失う!

713 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←
他人に心を明け渡してはいけない!心を明け渡していれば洗脳・マインドコントロールされて本当の自分を見失う!

人は思っている以上に他人に心を明け渡していることがあります。他人に心を明け渡していると悪いほうへと支配されます。心の深い部分に関与する者たちの世界では「他人の心をこっそり悪用して何かを得ている者」もいます。そんな者は美徳も使い心を明け渡させようとするプロです。

過去に僕に嫌がらせをしてきた者、そしてその周辺、関係者であろう者、そこらへんの無数の痕跡を辿ると見えてきたキーワードが「スピリチュアル」「精神世界」「ブロガー」「占い」「洗脳」「信者」「教祖」などでした。それでわかりました。なぜ、逮捕されないようにしつこく水面下から近寄ってくるのかが。
(※スピリチュアルなどがすべてそうと言っているのではなく、その中に紛れている)という意味です。

彼らにとっては、僕の発信する「洗脳から抜け出すための情報」が邪魔なのでしょう。なぜか、彼らの仕組みが「信者を従えて洗脳し続けること」だからです。つまり、洗脳して下からエネルギーを吸い尽くすことがなければ存続できないからです。だから邪魔なものを排除しようと支配的になるのです。無料ブログを使って暗示文までセコセコ書いて…。

僕の目的は「ソレ」を暴き出すことではない。つまり相手の縄張りに侵入していない。だから相手も黙っておけば良いのです。もう少し堂々としていれば良いのです。

こういった者の情報がないか、ネット検索するととてもしっくりくる記事を見つけたので、以下に引用させて頂きました。

精神世界、スピリチュアルな世界には、自身のカリスマエネルギーを使って他人を操作しようとする「師(グル)」が結構存在します。彼らの多くは、サイキックな能力が人より秀でていたり、人間の心理のメカニズムを熟知していたりして、どのようにしたら他人が自分の言うことを聞いて、どのように自分の影響力を大きくすることができるのかを知っています。エネルギーを操るテクニックを上手く利用しているのです。

<<下に続く>>

そのようにして、自分の信者、自分の主催するコミュニティーをどんどん広げていき、崇められる立場に身を置いた状態をキープすることに力を注ぎます。

引用元:他人に人生を明け渡さないために – タロットとフラワーエッセンスのサロン~うぶすな

これです。これが「SNS」にも隠れている者であり、人の潜在意識(無意識)を操作し、恐怖を刷り込み、コミュニティーを広げているのです。そして僕のように「洗脳から抜け出す情報」を書くと、嫌がらせを受ける場合もあります。彼らにとっては「洗脳が解ける」=「信者が気づく」=「死活問題」だからです。

僕は、それを「撲滅したい!」と思っているわけではない。すべてに役割があると思っているので。自分が個人の範囲内で抜け出して、その良さを「自分が本当に抜け出したい」と思うようになった方にだけ「材料」として残しておきたい(文章で)だけです。洗脳される、マインドコントロールされるというのは最終的には自分の問題ですので。

依存の最後が洗脳・マインドコントロールですので。

つまり、本当の自分を強く生きるための大きな試練が、洗脳やマインドコントロールだと確信しています。それを乗り越えて、人は自分の心を拠り所として強く生きていけるのです。

自分の心を拠り所とする生き方。そこには虐待は存在しません。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)