どこに行ってもいじめられる…あなたは害を被ろうとしていませんか。

17136 views
約 5 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
どこに行ってもいじめられる…あなたは害を被ろうとしていませんか。

この記事はいじめられる側が悪いと言う内容でありません。当然、いじめは悪い事です。本当の意味で虐めの世界から抜け出してほしいという思いで記事を書きました。

いじめる側がいて、いじめられる側がいます。そして、被害者意識と加害者意識があります。誰かが害を被ろうとする時、害を加える悪質な者が現れるのです。そして、「元々人をいじめる人間なんていない」という事実。

僕は過去に書きましたが、10代の頃、実際に複数の人間をいじめたことがあります。いじめられたこともあります。イジメることが始まった年齢は中学3年の頃でした。そして、僕が何故このようなことをするようになったか今ならはっきりとわかります。

小さいころから存在を無視される環境で育った僕は、自分が存在がなんだったのか、良く分かりませんでした。自分の名前を他人のように呼ぶ自分・・・。自分を他人と見ていないと安定を保てないと言う感じでした。自分を他人だと思わなければ耐えられなかったのでしょう・・・。

小学校で鉛筆で刺されても無視、殴られても無視、小さな子供であった私は誰からも助けてもらう事もなく、ただ存在があまり無いかのような扱いでどうしてよいかわからずいました。

無視というのは存在そのものを殺す行為です。無視は無意識の中の本当の自分を殺す行為です。無視も虐待です。単なるお経マシーンとして存在していればそれでいいと言わんばかりの異常な空間を正常だと誤認識していました。薄れゆく自分の存在を少しでも多く感じる為に、万引きをしたり、お金を盗んだりしていました。

そして、学校でいじめられている人がいて、そのいじめに合っている人はクラスのみんなから無視されはじめたのです。私は、そのいじめにあっている人間を見て可哀想だと思い、私だけ話すようにしていました。すると今度は私をクラス中で無視するような雰囲気になり、元々苛められていた人間まで私を裏切ったかのように無視してきたのです。

エアーガン無理やり撃たれたり、殴られたり、思い出せば色々あったでしょう。人というのはこんなもんか・・・。小さいながらに思ったのでしょう。

しかし僕は「自分がイジメられている」となんて死んでも思いたくありませんでした。「自分がイジメられている」と思うことは自分への裏切りだ・・。そう思いました。これ以上、自分と言う存在を薄れさせるわけにはいかない!そう思っていたのでしょうね。

それから、小学生の頃、何度も不条理な嫌がらせを受けたことがあります。そして私は自分を守るためにやられてきた数々のことを自分のモノとしていったのでした。それが自分を守る道だったのです。

そして僕がイジメてきた人間は、僕をイジメた人間と似たような雰囲気を持っていました。平気でうそをつく、適当な態度、自分が少しでも上に立つと態度が変わる卑怯者、媚びる人間。それを無意識で感じ取り、やられる前にやってしまえ。という心理で攻撃をしたのです。攻撃こそ最大の防御というように、相手の嫌がらせを止めることが出来たのです。昔の東京の暴走族などが「キチガイになれ!」というのも、そうやって守っていたものもあるのでしょう。

<<下に続く>>

イジメは確かに悪いことです。しかし、いじめられる側の姿勢にも区別すべき別の問題もあります。だから、被害者、加害者というループの世界からの脱出が必要なのです。被害者、加害者というループの世界とは、互いに馴れ合い、くっつき、期待し合い、依存し合う世界です。区別されていない世界だから問題も混同し、他者の痛みを背負ったり、責任を押し付けたり、ぐちゃぐちゃな世界なのです。

そして加害者側もまた被害者なのです。そこに隠れている仕組みは世代間連鎖のカラクリです。気が付いていないだけなのです。「自分がイジメられている」となんて本人が思わなければ被害者ではありません。

被害者は加害者を責め始める時に加害者になるのです。加害者とは害を加える者。被害者とは害を被る者。害は世代間連鎖の毒親が流すもの。世代間連鎖の害を被るから、被害者になり、害を加えられるのです。害を被らない自分。それが自己肯定感を高めた自分です。害を被る必要はないのです。

害を被ろうとする時、必ず害を加える悪質なものが現れるのです。

あなたの害ではないのですから、省いていいのです。いじめと言う名の幻・・・。このことに深く気づけたら、許せるでしょう。これがイジメる側もイジメられる側も両方体験した僕の意見です。

被害者であることをやめても良いのですよ。被害者をやめると、本当の自分を取り戻していけます。被害者をやめると、毒親は良い親になります(笑)

そして、いじめた側への執着の中身を考えてみてください。

本当はいじめられたことによる恨みではなく、いじめられた時に、本当は助けて欲しかった大切な人。その人が助けてくれなかった寂しさではないでしょうか。

悲しんでいる自分の心の中の自分に声をかけてあげて下さい。恨みや執着の奥に、

お母さん・・なんで私がイジメられているのに助けてくれなかったの?
お父さん・・なんで私がイジメられているのに助けてくれなかったの?

気付いてほしかった・・・

誰かに気付いてほしかった・・・

このように悲しんでいるんじゃないでしょうか?

本当は恨みや怒りではないのだと思います。

悲しんで泣いているんだと思います。

ありのままの自分を好きになって、取り戻して良いのです。自分が虐められたり、誰かを虐めたり。その価値観は誰のものか?自分のものではないはずです。生まれてから、どこかで、誰かのものを自分のものだと勘違いして吸収しているのです。なぜか?勇気が挫けたからです。だから勇気をもって「」を自分から省いて下さい。背負うことは、もうしなくていいと思います。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 34 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. つい数日前にも学生が校舎から飛び降り自殺する事件がありましたね…。ここまで追い詰められたことを親からも誰からも気づいてもらえず、解決の光さえ見えなかった結果が招いてしまったことなのでしょうね…

  2. 『イジメ』イジメの問題は本当に辛いですね。中学校は義務教育であり必ず行かなければならないし 最低高校以上は、出ておかなけばいけないと言う方も多いと思います。せっかく楽しく過ごせるはずの学生生活が中退という形で幕を下ろす事も沢山有ります。その場合どうしても高校卒業 大学卒業を叶えたい場合は、私は、通信制のものを利用してみてはと思います。学生にしろ社会に出だにしろ人間関係でつまづく人は多いですね。イジメは、一種の社会問題だと思います。日本人には、もっと人を助けてやる気持ちが必要なのではないかと私は思います。卒業 資格 就職など生きていく為にみんな頑張りましょう。イジメは駄目です

  3. そうですね。勉強させてもらいます

  4. 自分は大きなイジメ問題がある学生時代ではなかったので、あまりイジメの心理はよく分からないのですが、環境に恵まれてたんだと思います。環境によっては加害者にも被害者にも成り得たと思います。

  5. うーん?

    菅原さんがしてきたことを相手はいじめだと思っていると思います。
    根性焼きなど、跡も残るだろうし忘れられないと思います。

    いじめだと思わなければいいっていうのが、よく分かりません。

    こんなこと言うと粘着とか、悲劇ぶりだとか思われるかもしれませんけど。

    やっぱり私みたいに言われてる人間の方が問題があるんだってことですかね?

    大人しく歩いているだけなのですが。

    難しいです。

    • 私がゆさんに『いじめだと思わなければいい』と言っているのではありません。

      おそらくゆさんは私がいじめたことを誤魔化して逃げたい、自己弁護していると思っているのだと思います。
      それは勘違いです。誤魔化して自己弁護したい人間が実名でネット上に残しますか?
      向き合っているから事実を残すのです。
      誤魔化すのではなく本質に目を向けようとしているのです。

      ゆさんも本質に目を向けたいのでしたら、ネットでこそこそしたり、こっそり悪口言ったり、そういったことがあるかもしれません。
      あるのでしたら、堂々とさらけ出して向き合ってみるのも一つの手ですよ。

      他者を責めるより自分の問題を修正したほうがしあわせです。

      私が書いたのは『自分がイジメられている』となんて死んでも思わなければ被害者ではありません。と書いたのです。

      つまり、私の主張であり、ゆさんにそうしてと言ったわけではありません。

      そこを、ゆさんがくっつけてしまっているかと思います。
      くっつけなくても良いのです。

      私の主張と、ゆさんの意見。それは別々のものです。
      私は自分がイジメられているとなんて思いたくなかったと強く思ったの主張しているだけですから、ゆさんがいじめだと思うのも自由ですよ。

      ですので大丈夫です。

      区別して考えれば、互いの考えを尊重できますよね?

      そして、粘着とか、悲劇のヒロインぶっていると思う方もいますが、それもその人たちの考え方なので、ゆさんがその考えにくっついていき、そこを否定しなくても大丈夫です。

      区別すると互いに違う考えだと理解出来ます。

      なので、私がこの記事で書いてあることは私の考えなのでゆさんにそうしないさいと強要しているものでもありません。

      自分の主張を強くしているだけです。

      問題ですが、自分にもありますし、相手にも問題はあるかと思います。

      しかしそれは混同しないで区別して、自分の問題は自分の問題で、相手の問題は相手の問題と区別すると楽になってきますよ^^

      ゆさんに理解してほしいのですが、私にくっつけばくっつくほど、私の主張を自分に言われているように勘違いしてしまうのです。

      適度な距離を保ち客観視して区別してみてください。

      私も存在価値はありますし、ゆさんにも存在価値はあります。

      どちらも素晴らしいのです。

    • ゆさんに質問をしますが、

      いじめる側を悪いと責める気持ちはよくわかります。
      責めてもいいんです。

      ですが、責めたその先の目的を教えて下さい。

    • 『菅原さんがしてきたことを相手はいじめだと思っていると思います。』
      ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      これは、ゆさんに関係のないことで持ち出して混同する話ではありません。

      何故ならゆさんとその人は関係がありませんし、私のように覚えているけど『いじめられた』と思わないでいる人も沢山います。

      確認をしなければわからない事ですので、単なる憶測でしかありません。

      私もやられた傷が残っていますが、いじめられたとは思っておりません。

      人ぞれぞれです。

  6. イジメは社会問題ですね。私も当時はいじめる側でした。今考えますと「何故」あんな事をしたのか理解に苦しみます。ただイジメた奴も仲間でした。ただパシリやちょつとした暴力的な事もしましたが、ウチラのグループ内の事なので、他のグループ等がそいつをイジメルとケンカになります。自分自身で正当化しているのかもしれません。でも今のイジメは、自殺までおいこんでしまう。イジメられる側にも多少は問題があると思いますが、自殺してしまう程追い詰めるのは、少し今の世の中が怖いと思います。

    • 何故、いじめるか理解に苦しむのも分かります。
      簡単に言えば他者のいじめの価値観を背負ってしまっていたのでいじめをしてしまったのかと思います。
      本当の自分はそんなことはしたくない人間だったのでしょう。

      問題はいじめる側、いじめられる側、両方問題はあるのですが、その問題を混同してはいけないのです。

      区別するべき問題なのです。

      区別して迷惑にしていくと、世代間連鎖、親の影響など無意識への影響が大きいのです。

      世代間連鎖や親の影響を断ち切る為に、依存を断ち切り、自己肯定感を高める必要があります。自己評価が低いと他者の価値観を背負うためです。

      親が子供を否定しまくる
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      子供の自己肯定感が低くなる
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      自己肯定感が低い分、埋めようと依存し期待が増える
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      依存した対象から価値観をもらう
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      他者の価値観で知らず知らず生きる

      これがイジメる側の問題です。
      ですので私のようにいじめる側といじめられた側の両方を経験した人間は認知の歪みの修正と自己肯定感を高めることが大事なのです。

      自殺するほど追いつめる人を、後ろから追い詰めている者。

      そこに親がいます。

      しかしその親もまた傷だらけなのです。

      だから親もイジメる側も癒しが必要になります。

      いじめは悪いことですが、いじめる側を叩けば、また次の犠牲者が出ます。

      叩くのではなく癒せば止まるのです。
      ~~~~~~~~~~~~~

      癒しの本質は理解です。

      名無しさんはいじめる側だったとのことですので、いじめられる側の痛みを深く理解し、
      自分が何故、いじめる人間になったかの理解、自己理解を深めてみてください^^

      傷ついた自分が見えてくるでしょう。

      そして自己を癒せれば、他者を癒すことも可能になるでしょう。

      本当は誰も悪くなかった!最後にはそう言えると良いですよね^^

  7. 被害者が加害者を悪く言い始めたら加害者になるってところにとても共感がもてました。その通りだと思います。

    • 被害者意識を持つと、加害者意識が隠れているんです。

      加害者意識があるから、自分は責められる存在である被害者だと感じるのです。

      そして被害者意識を持つが側が被害を受けたということを盾に、モラルハラスメントを行うこともあります。

      被害者でも加害者でもない心の状態が理想ですよね^^

  8. そうなのよ!いじめられる人って裏切る人が多いですよね。自業自得なんです
    あなたみたいないじめだと思わなければ、いじめは、成立しませんよね

  9. 悲劇のヒロインの妄想で粘着するんだと思います。悪いのは被害者アピールがしつこい人です

  10. 悪質ゆえに最初は痛いしまた辛いと思いますが、最終的にはやはり忘れるのが一番だと思います。

  11. うわーっ、重い話ですね。

    でも分かりやすく書いて下さったので、良く分かりました。

    加害者=被害者ってことですね。

    つい悪人と善人の対立構造を考えてしまいますが、現実はそんなに単純ではないのですね。

    ちょっとづつ分かって来た気がします。

    • 重たい内容ですが読んでいただきありがとうございます。

      加害者=被害者

      その通りです。

      ここにあるのは無限ループで繰り返される世界なのです。

      そこから抜け出すことでループしない世界があるんです^^

      いじめに合うと辛いことですが、自分を被害者だと言っているとそれがまた自己暗示になり、自分が知らず知らず加害者になり被害にあうことを無意識で求めてしまうんです;

      被害者をやめる決心!
      これが大事です^^

  12. 私も小学生と中学生で、イジメに合いました。

    確かに、イジメをする方を考えてみたら、家庭で何かあったり、何かやりきれない思いがあって
    弱い人にぶつけてると
    今考えると思いますが、だからと言ってやっていい事悪い事があるんです。
    イジメられてる側が、何か原因をつくって喧嘩のようになってイジメになる場合もあります。そうゆうのは、お互い様に言われても仕方ないとは、思います。

    でも、何もしてなく自分のうっぷん張らしみたいに理由も何となく自分に気に入らない、一方的にイジメたらそれはイジメ側にしか罪はありません。

    昨日まで話してたクラスメイトに、急に無視され、心当たりはないし、中には申し訳無さそうにする子もいました。
    でも自分がイジメに合いたくないから無視です。分からなくもありませんが、された方は、たまりません。

    私は理由ないイジメでした。後から聞くと全くの作り話で皆をイジメに仕向けてました。

    人間不信になり、人と関わるのが怖いし、視界が狭くなったり、話して何か気に入らない事言ってイジメられたらどうしようと思って、思うようにロレツが回らなくなりました。会話も続けたくてもしゃべれずでした。

    被害者とは思いませんが、イジメにあった人間は、周りが理解出来ないぐらい心に傷をおおいます。ガードがかたくなり、分かって貰いたいとも思いませんが、人間関係を築くのに時間がかかります。
    でもイジメられた側は、イジメ側にもなるのは確かです。
    何をされたら嫌かイジメのエキスパートにもなれます。
    だから自分では分からないうちに強くなってると思います。

    今の世の中イジメはドンドン増えると思います。虐待が増えてる中、家庭環境も悪く心に闇がある子が増えてるからです。
    イジメられてる側の家庭も子どもの変化になぜ自殺までしなきゃ気付かないのかも疑問です。
    世の中のせいにするわけではありませんが、大人がもっと子どもを見なきゃいけないんです。
    今は先生は上っ面だけ、生徒をどれだけ知っているんでしょうか?
    手を出すのがいいとは言いませんが、昔は悪い事すれば叩かれ、いけない事をすればしかられてましたが、今は、子どもを育てたり教育しにくい世の中ですよね。
    近所の人にも怒られたり
    皆で子どもを見てた気がします。
    今は、お勉強についての教育はよくても、人間としての教育は、ドンドン悪くなってると思います。
    もっと皆で子どもを見ていかなきゃいけないと思いました。

    • その通り、いじめるほうも悪いです。
      ですが、やっていいことと悪いことがあるんだぞーでは解決になりません。
      本気で解決をしたいのなら世代間連鎖の勉強をして下さい。

      極端な話で言えば何もしないで事が起こるなんてありません。
      原因を見つけることが出来ない人が『何もしていないのに事が起こる』というのです。
      原因はしっかりあります。
      原因あっての結果ですから。

      私が言いたいことは、いじめられて辛いのなら、本気で根本原因に目を向けて下さい!と言いたいのです。
      氷山の一角の加害者を見ても解決できないのです。

      加害者の背景を辿ってみてください。
      本当の悪人が無意識に暗示を入れてますから。

      踊らされているのは被害者と加害者です。
      深い原因を見ましょう^^

      誰がその加害者に圧力を出しているか?そこも見ないで表面上の原因だけ探るからいたちごっこなのです。

      これらに気付けば敵はいないことがわかります。

  13. いじめられている人が害を被る
    分かりやすい表現ですね
    被るから被害者
    なるほどね

    • 被害者は、相手が悪い悪いと粘着すると、今度は精神的な加害者となっていくのでキリの良いところで引くことが大事です。私のように被害者でも加害者でもない自分になろうと思うことが良いと、私は思いますよ^^

  14. ネチネチ根に持つ奴と
    根に持たないあなたとの差ではないでしょうか

  15. 理由は何であれ、イジメは悪いことだと思います

    • その通りです。
      イジメは悪いことです。
      被害者ぶるのも悪いことです。
      両方が悪いのです。
      ですので被害者をやめることが大事なんですよね^^
      それが自分から断ち切るということです。
      理由は何であれ被害者ぶっていると継続してしまうのです。

  16. よくわかりますね。
    被害者ぶって悲劇のヒロインを演じたいから
    加害者側を悪役にすると都合がいいんです。
    だから根に持つんですよ。

    • 悲劇のヒロインは悪役が必要になるので、正しい根拠もなく悪役を無意識で作ってしまうのです。加害者意識と被害者意識はセットです。

  17. いじめられる側の人間でした。その時の記憶は残っています。いじめた人はどうしてるのかなと思います。思い出ですね。

  18. 被害者が加害者にならない例を知ってます。
    自分を守るために、目には目をではなく、心が強くなったからです。
    彼らは堂々と振る舞いました。
    加害者や加害者に似た人を虐めることで強くなったのではなく、むしろ堂々と優しくなりました。

    また別の例では、小学生の頃には加害者であったイジメをした子らは、中学に入ると大人になりました。
    イジメをしなくなりました。
    だから安心して彼らと接することができました。

    でも、やはり大人になりきれない男の子がいます。
    できないから休み時間に勉強していると、「できないのに勉強すんじゃねえ」と私に言う男の子がいました。優越感に浸りたかったのか、上から目線で見たかったのだろうと思います。

    人間は、精神が強ければイジメとは感じないと思います。
    弱いから注意さえもイジメに見えてしまうのです。

    • そのように変化する者はたくさんいます。
      しかし、そのように比べることを持ち出すことが実は加害者側だって理解されていますか?

      いじめのように千差万別で、レベルも色々あるものだから比べる意味などないのに、
      『このような人もいた、あのような人もいた。そしてあなたは精神が弱いから』という考え方自体にいじめの心理が潜んでいるかと私は思います。

      では、その堂々と優しくなった人間にもっと経験したことのない強烈ないじめを施すと?
      それでも優しくなれたとして、更なるレベルの高いいじめでも優しくなれるか?

      どこかで折れますね。
      折れた時に、精神が弱いから!というのですか?

      精神が弱いというのは、精神が強いと見せたい人間が持ち出す踏み台の仕組みになっているのです。

      強いがある為には弱いが必要・・・

      あなたが言っているように『弱いから・・』とあなたが上から目線で見ていると思います。

      精神が弱いから悪いのではなく、どうして傷ついたのか?です。

      理解を深めることが大事なことです。

      弱いからだと表面で切り捨てるのは好ましくありません。

      私に出来てあなたに出来ない事を、精神が弱いから出来ないんだろ?そう言っていくと、
      場合によっては私があなたをイジメることになります。

      比べることはやめた方が良いです。

  19. 小学生の時いじめを受けていたことがあります。いじめる人を許すというのは難しいですね…

    • イジメる人を許すことを理解していないのは、本当の原因を見ていない事も一つの原因です。

      もっと深い原因を理解してみてください。

      許せるときが来ますよ。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)