たくさんの感情を無意識下に抑圧している…感情の解放が必要です。

585 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
たくさんの感情を無意識下に抑圧している…感情の解放が必要です。

僕は自分で気づいていない深い心の傷(過去に防衛のために封じ込めたもの)を知り尽くすためにずっと書き続けた。無意識下に抑圧されたものを意識化させ自分で理解を深めるために。これは本当に苦しい作業だったけど書き続けることで大きな苦しみから抜け出すことが出来ました。

これは「向き合うべき問題」です。どうしてかというと、「自分の心の深い傷に気づいていない」ということは「自分を平気で傷つけたまま放置している」ということです。つまり、それは「自分自身虐待者である」ということです。自分で自分を心理的に虐待しているのに気が付いていない人は、他の人に対しても必ず心理的な虐待をします。

つまり「自分の心の深い傷を自分で理解して癒さない限り、平気で他人を傷つけてしまう」ということです。

僕自身、心の深い部分に抑圧されていたものを意識化させていく過程で本当に苦しくなりました。その苦しい気持ちを麻痺させていたのです。それは「傷つくことを、何の問題もないこと」として扱っていたことだったのです。だから、他の人に対しても苦しみを抑圧させるように、それがないかのように「そんなの問題ない、お前が弱いだけだ」という虐待者の考えをしていたのです。自分の痛みを知らない者は、他人の痛みも知らない、いえ”知れない”のです。

だからこそ、自分で気づいていない深い心の傷(過去に防衛のために封じ込めたもの)を知り尽くすためにずっと書き続けることも必要なのです。それは防衛のために蓋をしたことに向き合うものですからとても苦しいです。苦しいけどそれと向き合って解放しないことには、いつまでも心理的な虐待者のままなのです。

僕は子供のころ、自分なんて死ねばいい…そう思って家族に縋り付いて生きていたことがあります。つまり、僕を心理的に虐待する家族に対して媚びへつらいながら自分を差し出していた卑怯者だったのです。そんな人間が幸せになれるはずがありません。自分を心理的に虐待している家族からの愛がほしいがために自分に「死ね」と思っているのですから。そして自分の心の傷もないものとして封じ込める。つまり自分が自分に対して「おいおい痛がってんじゃねーよ殺すぞコノヤロウ…」という虐待をしていたということなのです。

<<下に続く>>

どんな小さな心の傷でもしっかり理解し癒す。それが自分が自分の親としてやるべきことです。そうやって自分の傷がわかるようになってくると、他人のことも傷つけていたことがわかってきます。僕は自分の心の深い傷に気づけば気づくほど、今まで一緒にいるパートナーをたくさん傷つけてきたことがわかってきました。

人間扱いをされなかった僕自身、それに染まり、人間らしさを見失っていたのです。自分の心の深い傷に気づいていくということは、その後に自分も他人を傷つけていたことに気づいていくということ。被害者性に気づいて吐き出していくと、次は自分の加害者性に向き合う必要があります。そのプロセスが真の反省に繋がっているのです。

犯罪者も同じです。まずは自分の心の深い傷(過去に無かったことにしたもの)に真剣に向き合うとよいでしょう。

問題が多い人ほど、たくさんの感情を無意識下に抑圧しています。ですので、感情の解放が必要です。過去に感じ切れなかったすべての感情…、苦しみも、悲しみも全部、今の自分の権限、そして自分が自分の親として、それらの未処理の感情を感じ切るのです。それが自分が自分として在り続けるための「大切な責任」です。

心の中の小さな自分を自分の子供だと考えてみて下さい。その子供に対して「悲しむな…、怖がるな…」と虐待をするのは自分の弱さです。僕は、無意識下に抑圧された感情を知るために「サヨナラ・モンスター」の方法で書き続けたのです。それによってたくさんの感情の解放が出来ました。

書き続けることで、自分でもわかっていなかった抑圧した感情の解放が出来るのです。実は、多くの問題は「抑圧した感情」が無意識のうちに引き起こすのです。この感情の解放を無視して変わろうとしてもうまくいかないことが多いのです。大事なのは未処理の感情を感じ切ることなのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)