表現は心の傷を癒す!その理由は!?そして社会が優しい理由…

508 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
表現は心の傷を癒す!その理由は!?そして社会が優しい理由…

「表現」は心の傷を癒してくれます。表現をすることで知らない間に心の傷が癒えていくのです。表に現すと書いて表現です。

この記事では表現が心の傷を癒す理由についてとても大切なことをお伝えします。そして読んだあなたの心に「なるほど!」と衝撃が走ってしまうかもしれません。

まず、表現とは何かについて辞書から引用します。

表現(ひょうげん)とは、自分の感情や思想・意志などを形として残したり、態度や言語で示したりすることである。また、ある物体や事柄を別の言葉を用いて言い換えることなども表現という。

表現の例
演劇
映画
アニメ
マンガ

小説
評論
音楽
絵画
造形
ボディーランゲージ
認識
発言
科学
他多数。

引用元:表現 – Wikipedia

こちらの引用文の中で、まず大事なことは「表現」は「感情」「思想」「意志」を表に現すことです。

次に、その表現方法として上記の引用部分の「表現の例」があります。このような表現の例を通じて人は癒されていくのです。他にも「文章」など色々と表現方法はありますが、どの表現も「極めることで癒される」のです。そしてその表現を通じて別の人に感動を与えることで他の人を癒したりします。

「表現」は表に現すことです。表というのは基本、我々の「表社会」です。表現の例にあることを見ていただくとわかりますが、すべて表社会で現すことですよね。

人の心の傷というのは表社会に現すことで何故か、癒される仕組みがあるのです。その仕組みって何なのだろうか?と思うかと思います。その仕組みは「現実的なもの・整ったもの・確かなこと」などが通じる社会になっていることが仕組みの1つとして機能しているのです。

つまり、表社会は「現実的なもの・整ったもの・確かなこと」という「物事に道筋があること」が通じる社会なのです。逆のことは通じませんよね。「魏現実的な妄想・混乱するもの・嘘」が表社会の頂点に君臨することはありません。そんなことになれば終わりです。

<<下に続く>>

表社会で通じることは「現実的なもの・整ったもの・確かなこと」ですから、「物事に道筋があること」を行える人が表社会で伸びていくようになっています。責任を持っている人とも言えます。責任は自由です。自由は心の傷が癒えていく先にあります。

つまり、表社会は「物事に道筋があること」を我々が出来るようにそっと教えてくれている。それはなぜか?「物事の道筋」=「理」です。つまり「理」を持てと社会は教えてくれているのです。なぜか「理」があれば「解く力」が上がります。そう「理解」です。この理解こそが「癒し」になるのです。

つまり表社会は我々に「自分で自分の傷を癒せるよう、理解する力を上げてね」と言っているのです。それが心の傷を癒すことになるからです。

そして「表現」、これも「理解力」が大事になります。人は学習し、理解し、より精度を高めてより良くしていきます。表現のレベルを上げるために理解力も上げる必要があります。理解力は表現力を上げ、心の傷を癒す力を上げるのです。

心の傷は、傷を核として心の奥にあります。その傷を中心にして感情などがまとまって絡み合っています。つまり、まとまっている感情を解いていかないと傷は癒せないのです。だから、感情を何らかの形で表現していくことが、実は、この傷を核とした感情のまとまりを紐解くことに繋がっているのです。

それを、教えているのがサヨナラ・モンスターです。

感情 感情感情
感情「」感情
感情感情 感情

この感情を解いていくことで、傷が癒えるのです。だから本気で表現をすることで、感情が解かれていくこともあり、傷が癒えるという仕組みなのです。

誤字脱字などチェックしないで書いてしまったので、間違いがあるかもしれませんが読んでいただきありがとうございました。

時間があるときに、更にわかりやすい記事に修正したいと思います。

簡単に説明するとこういうことなんです。

だから、社会は優しいんです。

みんなの心の傷を少しでも癒せるような仕組みがあるのです。

それがわかってくると、現実、責任、確認ってとても優しいんだなぁと気づけます。

僕はこの隠れた優しさに気がついたときに、心が温かくなりました。

子供のころから社会は悪だと勘違いしていたので。

今日も、社会ではたくさんの人たちが素敵な表現をしています。

その表現をするために頑張ったこと、身に着けてきたこと、そういった部分に隠れた「物事の道筋」が、心の奥で絡まっている感情を解くためのきっかけ(理)となり、感情が紐解かれていくのです。

嬉しさ、悲しさ、色々な感情が別の形で表現され、それが他の人の感情を動かすのです。それが「感動」です。感動というのは本当に素晴らしいもので、感情が動くと書きます。心の奥の絡まった感情たちが動く(緩む)のです。緩むことで、その人の感情も紐解かれやすくなるのです。

こういった素晴らしいことが水面下で動いているのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)