人間を人間らしく扱うって大切なこと

 2021年11月28日
916 views

この記事は、殴り書きしたもので、修正前です。あとで修正します。

 

わかってきたことは「SNS等」で「言論」を持って威圧(口封じ)しているグループがあることだ。それが恐怖で委縮している人たちがいるということ。怖くて意見も言えないとのこと。僕は後者に向けて役立ちそうなメッセージを送っている。だから前者は当然僕の発信の一部を否定したくなるでしょう。

それが、「平気で嘘をつくような気味の悪いストーカーのような者」です。

勝手に寄り付いて来ては、心の琴線、傷に触れてきて、水面下からチクチク刺してきてから「自分のほうが被害者です」などとすり替える手口です。(前回のアレ)これを怖がっている人たちが多いということです。それは当然ですね。彼らは悪い意味で潜在意識へ働きかける技術を持っているので。

そして彼らには「言論」を持って威圧(口封じ)しているグループがある。そこで「名誉毀損逃れ」をしながら話題にしていくという手口です。それを下の者に「思い込み」として植え付けていき、下の者がターゲットに攻撃するのを待っています。捕まるのも訴えられるのも下の者。だから騙されないように。

彼らは文章を使って繰り返すことで、鵜呑みにするタイプ人に「思い込み」を植え付けていき、そこから煽動(行動を起こすようにしむける)して、”ターゲットにぶつける”なんてことをしている。その勉強が出来るのがSNSです。煽動、洗脳、集団心理の操作、空気の操作、犯罪誘導等。

アダルトチルドレンの人たちの中にも、これに恐怖している人が多いなと、個人的に感じています。上手く言葉で説明できない力。その1つが「言論」を持って静かに水面下から威圧(口封じ)している力ですよね。彼らの手口を知っていけば恐怖は減っていきます。恐怖に向き合うと恐怖は減っていく。

心理学を悪用してきた者たちが、どれだけ「言論」を持って静かに水面下から威圧(口封じ)しても、声を挙げられない被害者(SNSに脅えている)が成長してくれば、君たちの正体はバレてしまうのです。その恐れからか、スケープゴートをしたり、正当化や、すり替えをしたりしても無駄だと思いますよ。

簡単に言えば、社会の隅っこに追いやられた人たちが、どうやって追いやられ、どうやって騙されたか、明確にし、言語化できるようになれば、自ずと発するようになるのです。本当の声ですから止めることは出来ません。それが一部の人たちの「癒し(本当の理解の意)」になっていきます。

世の中には「虚偽の内容を語る人」は実在しますし、「虚偽の内容を語らせる人」もいますね。誰かが誰かを邪魔に思い社会的に抹殺しようとする時には「罠」を仕掛けて型に嵌める人だっている。本当のことを知る事は難しいこともある。

そう、「言論を持って威圧(口封じ)しているグループ」の中に、「虚偽の内容を語る人」や「虚偽の内容を語らせる人」が”いる”ということです。

助けてなんて言えない…、助けてと言えない心理。孤立する三十代以上の人たちに誰にも「助けて」と言えず孤独死する人も増えているそうです。

「助けてなんて言えない…」というのは、どこかに「助けてなんて言わせない…」という圧力を出して睨み続けている者がいるからです。そんな者は今日もグループでSNSを使って特定のジャンルの話題で睨みを利かせながら語り続けています。

彼らは「心を刺す技術」を持っています。刃物で切られた傷は治っても心の傷というのは本当の時間もかかる。スキーマ療法が時間がかかるものだと言っているよう、心の傷は簡単には癒えないのです。それを水面下から、表面上バレないように刺せる様な技術があるのは、それだけ練習してきたからでしょう。

僕も最初はわからなかった。自分がされて初めて、その酷さ、汚さ、巧妙さを知った。過去の暴走族は金属バットや刃物で人を傷つける。それは悪いことだ。しかし、彼らは逮捕されないよう言葉や悪い暗示と潜在意識の悪用で人の心をめった刺しにする。隠れている分、最も悪質な”犯罪者”であると言える。

表と裏、社会適合者と社会不適合者と分かれてしまうのは、「逮捕されないよう言葉や悪い暗示と潜在意識の悪用で人の心をめった刺しにする嘘つき」のことをよく知らないからです。反社会的な人は、このことを理解していない。だから恨みの矛先が「表社会全体」に向いてしまいやすいのです。

自分を巧みに傷つけた「逮捕されないよう言葉や悪い暗示と潜在意識の悪用で人の心をめった刺しにする嘘つき」を特定し、何らかのお返しを正しく行えば、スッキリしますし、自分を守ることにもなります。”ぼやけた恨み”も綺麗に消えます。誰でも真実がわかれば納得することが出来ます。だから勉強が必要

社会不適合者の人やスケープゴートをされた人の一部は、「椅子取りゲーム」で座れなかったような人です。巧みに騙されて、隅っこに追いやられ、今も尚、騙されたまま気がついていない人もいる。そして苦しんでいる。苦しみから抜けるには「騙された過程(プロセス)」をよく知ること。

犯罪者が罪のない人を傷つける。犯罪者も人の子。心もあれば傷も悲しみもある。そんな犯罪者は被害者でもあるのです。被害を受け続けたから世の中を憎むようになった。正確には「世の中」じゃない。世の中に隠れている卑怯者に対しての恨みです。ただソレを「特定」出来ないから矛先を間違えている。

つまり、「逮捕されないよう言葉や悪い暗示と潜在意識の悪用で人の心をめった刺しにする嘘つき」が減れば、間違いなく「犯罪は減る」のです。

そして、犯罪者を「人として扱うこと」でも犯罪は減ります。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した「割れ窓理論」だって、犯罪者を「人として扱うこと」に繋がっている。その環境の些細な部分まで見ていて修復するのですから。犯罪者は無視されてきた人たちですから嬉しいのかもしれません。

そして、刑務所をもっと快適にすればよいのです。「驚くほどにぜいたくで快適な刑務所12選(https://ailovei.com/?p=65912)」にあるように、良い環境を与え、人として扱うのです。すると、心の奥に「犯罪が出来ない・したくない」思いが、少しずつ芽生えてくるのです。それが育てば”更生”です。

記事によると、快適なノルウェーのバストイ刑務所の再犯率は驚きの16%で、ヨーロッパの一般的な刑務所の再犯率が70%とのこと。環境を変えるだけでもここまで再犯率を下げることが出来るのです。簡単な話で、人間は人間らしく扱えばそのようになり、悪いレッテルを貼り続けたら悪くなるのです。

その悪いレッテルを貼りたがっている者が、「逮捕されないよう言葉や悪い暗示と潜在意識の悪用で人の心をめった刺しにする嘘つき」です。彼らが最初に、悪いレッテルを貼ったのです。正当化やすり替え、身代わりなどに利用するために。だからこれも再犯率に深い部分で関係のあることです。

人間を人間らしく扱うって大切なこと。子供の頃、ある施設で「人間らしく扱われた」と深く感じた。僕のことを心配して本当の涙を流してくれた。それから悪さをすることが減っていった。人間は道具ではない。人間は人間だ。

https://www.lifehacker.jp/2014/10/141027_culture_building.html

 

人間を人間らしく扱うと、劇的に緩和するとのこと。素晴らしいなと思う。

自分を大切にしている人たちは、人間を人間らしく扱ってくれる人たち。彼らが世の中において、勇気を与えている人たち。自分を大切にしている人は、勇気ある人です。

人間を人間らしく扱うと、本当に良くなります。とあるアプリで、元犯罪者の人がいるのですが、人間らしく、尊重した関わりをすると、どんどん優しく穏やかになっていくんです。彼らに毒を投げるから暴れるのです。

 

 

 

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態)。結果に大きく差が出ます。

【広告】

Worldwide IQ Test

IQテスト:あなたのIQスコアは?



あなたのIQをテスト →

広告

漫画で笑うと脳がリラックスし、漫画で感動の涙を流すとストレス解消に繋がる場合があります。たまには漫画を読むのも良いかもしれません。「沢山笑う」こと、「感動の涙を流す」こと、この2つを意識して読む漫画を選ぶと良いと思います。



この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。