悪人の仮面を被せられた善人。そして善人の仮面を被った悪人。心の世界には冤罪が多い。

悪人の仮面を被せられた善人。そして善人の仮面を被った悪人。心の世界には冤罪が多い。

悪人の仮面を被せられた善人…。

そして善人の仮面を被った悪人…。

世の中は実に面白いものです。

悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始めると言われるよう、すり替わることはよくあることです。世の中に悪意のある嘘、汚い嘘に依存している未熟な人と、嘘を見抜けない人たちがいる限り、すり替わること、冤罪がなくなることはありません。

早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問、加藤諦三さんは著書の中で「心の世界は冤罪が多い」と言っていました。この本を読んでみたいなら、「モラル・ハラスメントの心理構造」を読んでみて下さい。Kindle版なら「No.978/2590・38%」あたりで「心の世界には冤罪が多い」という部分を読めます。

僕自身も、「心の世界での冤罪」で深く傷ついた過去があります。僕は自分のことを善人だと言っているのではありません。やってもいないことは認めるわけにはいかないということ。「悪人の仮面を被せられた善人」は「善人の仮面を被った悪人」によって「心の冤罪(無実なのに罪を犯したと扱われる)」へと誘導されていくのです。つまり、騙されやすい人が、巧みに騙す者によってそっと仮面を被せられるのです。

そう、今までは「騙す者に力がある時代」でした。だから多くの人間は騙す側についたのです。つまり魂を侵された者たち、いえ、魂を明け渡した者たちは力に屈して心を捻じ曲げたのです。そして、捻じ曲げたことを正当化し、集合体(群れ)の力によって誤魔化してきたのです。

しかし、どんなことも必ず終焉は来る。今、徐々に人間の仮面が剥がされている最中なのです。数年単位か数十年単位で終わるか、それはわかりません。しかし、全体の集合的無意識内の「大掃除」が行われているのです。そのお掃除は目に見えて現れているわけではありません。心の世界の水面下で行われているものです。

結果は、徐々に水面上に浮上してくるのです。無意識は本音であり本性です。時間の問題で人間の本性が表にどんどん出てくるのです。暗示は無意識のコミュニケーション術です。催眠や暗示はどんどん広まっています。暗示を覚える人が増えると、当然、無意識のことが分かってきます。無意識の事が分かれば当然本性が丸見えです。

あなたも、無意識(潜在意識)について知ることが増えたと思います。そして、以前よりも人の本性が分かるようになってきたのではないでしょうか。今までは仮面(嘘)こそが最高の矛と盾でした。しかし、もう、仮面など通じない時代になってきているのです。

善人の仮面を被った悪人は嘆き後悔するでしょう。悪人の仮面を被せられた善人は心を曲げずに本当に良かったと涙するでしょう。正解はありません。が、自分の信じる道を進んで下さい。1000人があなたを悪人扱いしても、あなたが心の底で悪人ではないと知っているのなら、自分の直感を大事に信じて下さい。

本当の自分を大切にしましょう。

嘘のつけない無意識世界。そこに本当の答えはあります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
悪人の仮面を被せられた善人。そして善人の仮面を被った悪人。心の世界には冤罪が多い。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
悪人の仮面を被せられた善人。そして善人の仮面を被った悪人。心の世界には冤罪が多い。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)