どんな人も本当に伝えたい思いがある。書けないのは「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

307 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

どんな人も本当に伝えたい思いがある。書けないのは「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

上記の記事は、いつか本や教材(10万文字くらい)を書こうと思っている人におすすめです。

僕は、次の教材は、来年、「DVを本気でやめたい人のDVをやめる方法(加害者向け)」を製作したいと思います。

どんな人も、 本当に伝えたい思いがある。
書けないのは、 「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

こう思われたらどうしよう…、
こう言われたらどうしよう…、
間違っていたらどうしよう…、
否定されたら、どうしよう…、
嫌がらせを受けたらどうしよう…、

そして「恐怖」によって、
自分で自分に口封じ」をします。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

人が、書けないのは、
「恐怖」があるからです。

恐怖がなければ、
それ以外の書けない理由を、
難なくクリアして書いてしまいます。

以下のツイート文を読んでみて下さい。

<<下に続く>>

確認」によって、
「どうしよう思考」が減ってきたと書かれています。

「妄想」が減ると、
「不安と恐怖」も減ってきます。

不安と恐怖の正体は妄想であり、
その妄想(恐怖)に突入すれば、
妄想の闇が消えていきます。

「確認」は、至る所にある。
社会は、恐怖を減らす働きをしている。
ネットでも、 「確認画面」がちゃんとある。

そして「書くこと」は、
数え切れないほどの「確認作業」を行います。
だから、書くことが恐怖を減らしてくれるのです。

「サヨナラ・モンスター」の方法で、
恐怖が大幅に減った理由の1つはこれです。

そして、もっと大事なことが
「サヨナラ・モンスター」の目次(教材の内容は)にあるよう、
「7、3、自分の感情を感じる」ということです。

この感情を感じるタイミングが良いと、
認知の歪みも修正されやすくなりますし、
他の、自分でも気がついていない感情が浮上しやすくなったりします。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 管理人さんへ
    以前、あるモラルハラスメントについて書かれた記事を読んで「やれるもんならやってみろこのやろう」という音声動画を拝見しました。
    それから、心の中にいる小さな自分を救い出すために、挫けそうになったら音声動画を見てモチベーションを保ってきました。
    お陰様で、社会に再び出ていけそうです。
    いつも勇気をくれるような記事を書いてくれて、本当に助かっています。
    ありがとうございました。

    • えりさん。コメントありがとうございます。

      「やれるもんならやってみろこのやろう」の、
      音声動画を見ていただいたのですね。

      ユーチューブで動画を探してきました。
      https://youtu.be/eidDBkgkRk8

      こちらですね。

      挫けそうになった時に、
      こちらの音声動画を見てモチベーションを保ってきたとのこと、

      大変嬉しく思いますし、
      「心の中の小さな自分を救い出す」ことのためになったようで、本当に良かったです。

      強い気持ちを持つこと、
      「気持ち」は「気」を「持つ」こと。

      その気の一部として、
      「感情を燃料にする」ということが含まれていると僕は考えています。

      その感情として、時には
      「やれるもんならやってみろこのやろう」という闘志のような、
      熱い感情を持つことがとても大事だと思っています。

      これからも、心の中の小さな自分を救い出し、
      えりさんが、本当の自分を強く生きていけることを心から願っております。

      こちらこそ、いつも文章を読んでいただきありがとうございます。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)