どんな人も本当に伝えたい思いがある。書けないのは「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

どんな人も本当に伝えたい思いがある。書けないのは「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

上記の記事は、いつか本や教材(10万文字くらい)を書こうと思っている人におすすめです。

僕は、次の教材は、来年、「DVを本気でやめたい人のDVをやめる方法(加害者向け)」を製作したいと思います。

どんな人も、 本当に伝えたい思いがある。
書けないのは、 「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

こう思われたらどうしよう…、
こう言われたらどうしよう…、
間違っていたらどうしよう…、
否定されたら、どうしよう…、
嫌がらせを受けたらどうしよう…、

そして「恐怖」によって、
自分で自分に口封じ」をします。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

人が、書けないのは、
「恐怖」があるからです。

恐怖がなければ、
それ以外の書けない理由を、
難なくクリアして書いてしまいます。

以下のツイート文を読んでみて下さい。

https://twitter.com/Tell_Plus7/status/1053240722319503360

https://twitter.com/Tell_Plus7/status/1053242476541014016

確認」によって、
「どうしよう思考」が減ってきたと書かれています。

「妄想」が減ると、
「不安と恐怖」も減ってきます。

不安と恐怖の正体は妄想であり、
その妄想(恐怖)に突入すれば、
妄想の闇が消えていきます。

「確認」は、至る所にある。
社会は、恐怖を減らす働きをしている。
ネットでも、 「確認画面」がちゃんとある。

そして「書くこと」は、
数え切れないほどの「確認作業」を行います。
だから、書くことが恐怖を減らしてくれるのです。

「サヨナラ・モンスター」の方法で、
恐怖が大幅に減った理由の1つはこれです。

そして、もっと大事なことが
「サヨナラ・モンスター」の目次(教材の内容は)にあるよう、
「7、3、自分の感情を感じる」ということです。

この感情を感じるタイミングが良いと、
認知の歪みも修正されやすくなりますし、
他の、自分でも気がついていない感情が浮上しやすくなったりします。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)