心の奥にある隠れた恐怖と対峙して置き去りにされた自分を取り戻しにいけば再出発が出来る。

心の奥にある隠れた恐怖と対峙して置き去りにされた自分を取り戻しにいけば再出発が出来る。

長い間、「死にたい」と思って生きていた時期がある。振り返ってみたら「死にたい」ではなく「死にたいくらい苦しいよ」だった。そんな気持ちも本当の自分を大切にするように変わったら「生きたい」「生きよう」「生きる」「強くなろう」「お前なら出来る」「やろう」と変化していく。

心の中に置き去りにされた自分は自分を決して裏切らなかった。裏切っていたのは弱い自分だったのだ。自分を軽視して無視して反撃しない心の中の小さな自分のことを心理的に虐待していたのは弱い自分だった。心の奥にある隠れた恐怖と対峙して置き去りにされた自分を取り戻しにいけば再出発が出来る。

心の中に置き去りにされた自分。僕の場合は9歳頃のイメージだった。そのイメージ通りで過去に自分を見捨てていた。9歳の頃全てが嫌になり自分を置き去りにしてしまったのだ。そこから道を間違えて自分を心理的に虐待・ネグレクトするようになり支配者に迎合して強いフリをする道を歩み出していた。

僕は9歳の自分(心の中に置き去りにされた自分)に心の中で会う資格などなかった。だから過去を振り返り一本の道で繋がるまで自己理解を深めた。”理解無しのごめんね”は無意味だから。その理解が出来た時にちゃんと置き去りにされた場所に到達出来た。自己理解は癒しになる。

過去の自分を振り返ると、人は成長する。

本当のことを親にわかってもらえたら子供は安心します。心の中で悲しんでいる自分のことを自分がわかってあげたら心の中の小さな自分が安心してくれます。心の中で悲しんでいる自分の感情を感じきって自分が自分の親になれば良い。そうするとやるべきことが見えてくる。

心の中に置き去りにした小さな自分を育てていく楽しさが出てきます。出来ないことが出来るようになったら”喜”び、心の中の小さな自分が傷付けられたら”怒”り、一緒に”哀”しみ、そして成長を”楽”しむ。喜怒哀楽。するとまだ隠れている未処理・未消化の感情が浮上してきます。

その隠れている未処理・未消化の感情を感じきると、問題の多くは解決されていくのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
心の奥にある隠れた恐怖と対峙して置き去りにされた自分を取り戻しにいけば再出発が出来る。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
心の奥にある隠れた恐怖と対峙して置き去りにされた自分を取り戻しにいけば再出発が出来る。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)