「書くこと」は自分を成長させてくれます。

425 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

「書くこと」は自分を成長させてくれます。

Plusの菅原です。

いつも当サイトをご利用頂き、ありがとうございます。

今回、「Plus会員様にお伝えしておきたい」と思うことがあり、
メールを送らせて頂きました。

それは、
「書くこと」は自分を成長させてくれるということです。

当サイトの記事作成会員(ライター)として「書く」ということは、
報酬は勿論ですが、
自分の成長こそが幸せになるための心の財産となるのです。

これはどういうことかと言うと、
幸せとは「満たされている」ということ。
幸せを感じている時は、其々何かしらで満たされているからです。

そして、自分を満たすには「精神的な豊かさ」が必要。
精神的な豊かさを手に入れるには精神的成長が必要。

精神的成長には「人生勉強」が必要。
その先で「豊かさは身の回りにあった」と気づく。

そして満たされやすい自分になって幸せを感じることが増えるのです。

つまり、幸せを感じることを増やすには、
「人生勉強」が必要だということ。

その人生勉強の基本には「書くこと」がとても大切になるのです。
自分の思いを書き出して形にして整えてから戻す。
この作業によって、自分を良く知ることが出来ます。

自分を良く知ることが出来るようになると、
人生勉強も効果的になってくるのです。

知識や技術云々は、本当の人生勉強の末端にあるものです。

「書くこと」→「知識や技術向上」→「自己理解力も上がる」→「効果的な人生勉強が出来る」→「精神的に成長」→「精神的に豊かになる」→「満たされやすくなる」→「幸せが増えていく」

こういうことです。
だから「書くこと」は本当にすごいことなのです。

<<下に続く>>

僕が言いたいことは、
誰のためでもなく「自分のため(自分の幸せのため)」に、
記事作成、書くことをしてほしいなって思っています。

僕自身、小学生までの勉強してしてこなかったので、
過去は言っていることは、支離滅裂、混乱しているし、
文章も小学生以下の文章しか書けず、書いても何を言っているのかさえわからないほど。
そんな酷い状態の時もありました。

そして、言葉の意味さえ知らないし、間違って使っているし、
非常に混乱していました。
そこから脱出できたのは「書き続けたから」でした。

そして、今では10万文字の文章を書いたりして、
自身の経験、体験談をPDFファイルでまとめて、大手販売サイトで販売しています。
厳しい審査も通過して、販売できるほどの文章や内容だと認められているということです。

この大きな成長も、すべては「書き続けたから」でした。
僕のように、勉強を放棄して小学生までの勉強してしてこなくても、
書くことで成長していけば、
誰でも10万文字PDFファイルを制作し販売するくらいになれるということです。

僕は、ずっと「目的」を持って書き続けていました。
その目的の1つが「10万文字でまとめて販売する」ということ。
その目的は達成されました。

ですので、Plusの会員様も、誰のためでもなく自分のために書き続けてみて下さい。
継続は力なりと言いますが、本当に継続は素晴らしいことです。
自分で自分を成長させて、その結果である「成果(「成」し遂げて得る結「果」)」を手に入れて下さい。

長くなってしまいましたが、お読みいただきありがとうございます。

「Plusで記事を書いて報酬を獲得してみよう!」

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1.  書くことが、自分のためになるという視点が自分にはなかった。思えば、自分はどれだけの文章を書いていただろうか?自分から、発信することがないから他人は、もちろん自分のこともわかっていなかったのではないか?
     
    こんなことを考えてみた。自分が自分であるために書くことは自分をひろげることだ。これは世界が広がるということと同じではないかなと思う。
     
    書くことで整理された頭で、さらに書いて考えるという好循環が生まれるのも、文章を書くからこその体験だ。なぜなら、そうすることにより自分自身が気づいていない考えや気持ちに目が向くからだ。
    だから自分はこれまでの、書かなかった人生から書く人生に、シフトチェンジしていこうと思う。

    • 本当に素晴らしいことだなと思います。

      ぜひ、「書く人生」にシフトして、
      それによるプラスを自らの手で受け取りにってみて下さい。

  2. 書くことが自分の幸せに繋がっていくという意味が読み始めた時はよくわからなかったのですが、読んでいくうちに書く事が自分を成長させてくれるということ。
    そして、それが結果的に幸せに繋がるということがわかりました。
    私も始めはお小遣い欲しさに文章作成をやってみる事にしたのですが、だんだん書かなくなり最近また始めようとこの記事を偶然読むことになったのですが、やはりたくさん記事を書いていた頃に比べると期間を空けて久しぶりに書こうとしている今は文章がなかなか思い浮かばず、自分の文章に自信もなくなっていました。
    やはり何事も継続は力なりという言葉の通り書き続ける事に意味があるのだと納得しました。
    文章作成だけでなく日々感じていることなど日記を付けるのも良いと昔祖母に言われた事がありました。
    これから自分の幸せに繋がる事を信じて文章を書いていきたいと思いました。

  3. 書く事は自分の成長になるって本当ですね。私自身、それを実感しています。なぜなら、私は全く文章を書くのが初心者だったからです。そして、人に伝えるのも苦手でした。

    しかし、文章を書くようになったら少しづつ人にどう伝えれば良いか分かるようになりました。また、文章を書くために調べた知識が身に付きました。今まで知らなかった事が分かるようになり、成長した気持ちです。

    成長したなと思うと自己満足に繋がり、満たれた気持ちになります。そして、できない事ができるようになったり、知らなかった事を知れたという成長で、より豊かな人生が送れそうです。

    自分を成長させるのって、本当に自分なんですね。やればやるほど成長できるので、生涯勉強です。

  4. 「第1回目 書くことの繰り返しで本当の自分と繋がれる」を追加しました☆

    もし良かったら、続きをメールで読んでみて下さい。

    僕が思っている、大切なことを書きました。

  5. 「書くこと」って本当に自分自身を成長させてくれますよね。私自身、学生の頃から恋愛を中心にファンタジーものや青春ものの小説を書いていました。そうすることによって言葉の意味だったり、色んな幸せの形やイメージする力でさえも身に付いてくるものだというのがわかります。
    なので、「豊かさは身の回りにあった」というのはものすごく分かるんです。何事も経験してこそ、楽しく幸せになる自分、生きていると実感できるその幸せが自分自身を成長させてもらっているんだなと思ったりします。
    そして、人生は何事も継続することで自分自身に力になるんだなと思うので、私もこのままここで書き続けたいと思います。そして、今こう経験していることが別の何処かで活かされる、なんていうところに巡り会えるかもしれないと思うと、ワクワクします。

  6. 書くということは、自分の思いを出して、整えること、自分を成長させること、自分に種を巻くということだということが、この記事を読んで理解できました。文章作成の仕事をしていく上で、私自身振り返ってみると、会社での報告書がすぐにスラスラ書けるようになったり、お金という報酬以外にもたくさん得たことがあったと心から思いました。書くことにより、気持ちの整理をつけるということもできますし、書くということは、本当に素晴らしいことだと思います。この記事を読んで、さらに自分を磨いていきたいと思い、もっと文章作成の仕事をたくさんしたいという意欲が出てきました。結果それが報酬や自分の成長に繋がっていくと思えば、とても素晴らしいことだと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)