人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。本当の自分を生きる人ほど孤独になっていく。孤独は、本当の自分を生きるために必要な道なのです。

673 views
約 8 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。本当の自分を生きる人ほど孤独になっていく。孤独は、本当の自分を生きるために必要な道なのです。

本当の自分を生きる人ほど孤独になっていきます。僕も、孤独になりたくて孤独へと向かっています。幼稚園児や子供は群れて楽しく、みんなで仲良く元気よく!で良いのですが、大人になるにつれて孤独を怖がるのはある意味心の病です。人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。孤独を恐れるということは自分を恐れているということ。嘘ばかりついて生きてきた者は孤独を恐れるのです。

孤独を楽しめる者は本当の自分を生きている者。
孤独に毒されている者は本当の自分を虐待した毒ある者。

孤独を恐れる心の病

孤独を恐れているのはある意味病気です。そんな孤独を恐れる病気になった支配者は孤独を悪いことだと解釈していて「孤独な奴はダサい」とか「お前にお似合いなのは孤独だ」と嫌なことを人に言ったり。孤独を恐れている者には本当の意味で精神的自立はありません。群れていないと落ち着きませんし、群れの中で王様(実は支配者)を気取っていないと落ち着かなくなるのです。

そして自分は孤独ではないと一時の安心をしながら、孤独な人に対してマイナスの解釈しかできないようになり、自身の汚れた心で孤独に対してマイナスイメージで見続けて「お前は闇の中に堕ちていけwwぐへへww」という感じで人を馬鹿にして喜んでいるのです。

そんな孤独を恐れる心の病は、「本当の自分を見失っている」から起こるのです。「孤独」に対してマイナスイメージがあることが「本当の自分大切に出来ていない(心理的に虐待している)証拠」なのです。なぜなら、本当の自分を大切にしていれば孤独の良さがわかるからです。

孤独力が低い人は「他人のせいにする」。高い人は「自己責任」
孤独力が低い人は「逃げる」。高い人は「つらさと向き合う」

引用元:「孤独に耐えられない人」に共通する3つの特徴 – ページ 2 – 日本実業出版社

上記の引用では「孤独力」と書かれています。こちらを読んだとき、「なるほどな~」と思いました。

人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。孤独を恐れるということは、それだけ自分を傷つけているから自分と向き合うのが怖いのです。だから群れて、自分と向き合わないようにして、自分から逃げているのです。どんなに逃げても死ぬときは一人です。孤独を恐れている人は死をも恐れます。孤独を恐れない人は死を恐れなくなります。

孤独の良さ

孤独の良さを知るために、上記の記事も併せて読んでいただけると良いです。

精神衛生上、害悪になることもあるSNS。SNSでの害や悪影響を知るということは、自分をよく知ることと同じです。自分を知ることは自分を大切にするということでもあります。孤独になるということは、自分を害から離れさせる精神的自立的な面もあるのです。

孤独の良さに関して、いくつか引用してご紹介します。

孤独力の高い人は、他人に影響されず、すべて自分自身の判断で行動します。また、自分の身の回りで起こることをある程度予想できるので、トラブルの際にも落ち着いて対処できます。

引用元:「孤独に耐えられない人」に共通する3つの特徴 – ページ 2 – 日本実業出版社

孤独になろうとしている人は、責任を持って生きようとし始めている人です。つまり、精神的自立、自由へと向かっていく人です。

我々はみな真理のために闘っている。だから孤独なのだ。寂しいのだ。しかし、だから強くなれるのだ。

ヘンリック・イプセン(ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者)の言葉

真理のために生きる人は孤独になるのです。孤独にならずして真理などありえないということです。僕が伝えてきた言葉に置き換えれば「孤独にならずして本当の自分を生きることは出来ない」ということです。心の中の小さな自分と一対一で向き合わずして本当の自分を生きることなど到底無理な話なのです。だから僕は「サヨナラ・モンスター」を公開したのです。自分が自分に向き合うための教材です。

貴方が笑えば、世界は貴方と共に笑う。貴方が泣くとき、貴方は一人で泣く。

エラ・ウィーラー・ウィルコックス(アメリカ合衆国の著作家、詩人)の言葉

こちらの言葉を見て思うことは、自分の悲しみは自分1人で感じきってあげることが大切だということ。これも「サヨナラ・モンスター」でお伝えしていることです。自分の感情を自分が自分の親として、1人で感じきってあげるのです。それが孤独を恐れず、本当の意味で自分と繋がることなのです。

自分の孤独の時間を自分できっちりできないような人には、他人を愛する資格はないと思う。一人で生きていくことができて初めて、人を抑圧することなく愛せるんだと考えている。

ピート・ハミル(アメリカ合衆国のジャーナリスト、コラムニスト、小説家)の言葉

<<下に続く>>

人は、支配者をやめるためには必ず孤独にならないといけません。孤独になったことも無いのに支配をやめた…というのは無理なことなのです。

孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。

レフ・トルストイ(帝政ロシアの小説家、思想家)の言葉

「孤独」と真剣に向き合った時、はじめて、心の奥の本当の自分と向き合える時なのです。その為には、まず心の中の小さな自分と向き合って、救い出すことが必要です。心の中の小さな自分の親となり、心の中の小さな自分を育てるのです。育ってくれば心の中の小さな自分と親子関係ではなく、対等な一対一の関係になります。それが「本当の自分」です。

男が志をもって何か突出したものを得ようとしたら、孤独なんだよ。誰も助けてくれないし、壁にぶち当たったときの孤独感といったら、壮絶なものですよ。でも、それが男だし、僕は孤独に死ぬのはいとわない。

奥田 瑛二(日本の俳優、映画監督、画家)の言葉

本当の自分を生きている人、男の言葉です。本当の自分を生きるということは必ず孤独になるのです。

人生とは孤独であることだ。誰も他の人を知らない。みんなひとりぼっちだ。自分ひとりで歩かねばならない。

ヘルマン・ヘッセ(ドイツ生まれのスイスの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者)の言葉

孤独を受け入れて、孤独を実践する。それが人生の再スタートですね。

孤独だということは人と違う人間だということ。人と違っているということは孤独になるということ。

スーザン・ゴードン(米国の女性作家、編集者)の言葉

逆に、孤独にならないということは「他人軸」であり、「他人の人生」に便乗しているのです。本当の自分は生きれていないのです。

孤独を友とした仕事と向き合った時間は、決して自分を裏切らない。

猪瀬直樹(日本の作家、政治家)の言葉

それは、本当の自分の仕事だから、本当の自分の人生を、本当の自分と共に歩いているから、決して裏切ることはない。永遠の自己信頼です。

多数に追随すれば必ず自分を見失う。孤独を恐れず、したいことを続けるしかない。

安藤忠雄(日本の建築家)の言葉

孤独を恐れるということは、他人に洗脳を許すということです。

孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ。

ウィンストン・チャーチル(イギリスの政治家、軍人、作家)の言葉

孤独は、本当の自分、強い自己信頼の道なのです。

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。

トーマス・エジソン(アメリカ合衆国の発明家、起業家)の言葉

「孤独」は本当の自分と向き合っている時間です。だから最上の思考が生まれるのです。「混乱」は群れの世界。ネット上で言えばSNSです。混乱も多く、洗脳合戦、相手の心をへし折って以下に自分たちが正しいかを競い合って力に従順する世界アデス。そんな世界では最低の思考が生まれるのです。

人はだれでも孤独である。自己の運命を思う時孤独である。苦悩に出会う時、病む時、死を思う時、すべて孤独である。

住岡夜晃(日本の教育者、仏教家)の言葉

苦悩、病む時、死を思う時、それらで感じる孤独こそが、本当の自分を取り戻せるチャンスなのです。それほど人は「自分への心理的な虐待者」なのです。無自覚で最高の虐待者。それが人間です。引用にあるよう、孤独の大切さを知っている人は、自分への心理的な虐待をやめることが出来る人なのです。先を行く人。

昔は群れの中の1匹の羊であるより、孤独なオオカミでありたいとひそかに思った男たちが、あちこちやたらにいたような気がする。

藤沢周平(日本の小説家)の言葉

孤独なオオカミ。まさに、本当の自分を生き始めたものですね。

群衆の中にあっても孤独を守る人こそ、至高の人である。

エマーソン(米国の思想家、哲学者、作家、詩人)の言葉

孤独を守るというのは、本当に難しいこと。それが出来た人は至高の人というのは納得です。

如何でしたか。孤独に良い面もたくさんあることを知れたのではないでしょうか。

最後に僕が思うこと。

人生とは孤独であるということ、だから温かいのです。

SNSの群れて洗脳合戦を行う子供の遊びに飽きた人は、孤独(本当の自分)に向き合ってみては如何でしょうか。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 孤独が怖いという方は、責任感がなく、逃げてしまう人間になってしまうことを学びました。孤独が怖いということは、人に流されやすいということでもあり、SNSなどでもみんなから遅れないようにと、自分自身をどんどん追い込んでしまう方なのだと感じました。確かに冷静に考えてみると、自分の好きなものばかり集めていたら、人と同じになることはなく、必ず孤独な時間ができます。それを楽しめないという方は、自分がない、可哀想な人だと私は思いました。孤独力という言葉は初めて聞きましたが、孤独力が低ければ、無責任な人になってしまうので、私はとことん孤独というものを楽しんでみたいと思いました。SNSは私も一時的にやっていたことがあるのですが、だんだんと面倒になり、SNSに縛られている自分に気付き、怖くなってやめました。こうした結果があることで、私自身は、孤独力がある程度あるのだなと感じ、少し安心しました。人は一人で生まれて、一人で死ぬこの紛れも無い事実を常に頭に入れておき、孤独を楽しんでいきたと思います。せっかく生まれたのに、一人の時間を楽しめないのは本当にもったいないことであり、一人の時間なんていくらでもあるので、それを楽しめないという方は、本当に可哀想な人だと思いました。

  2. この記事を読んで、感じたのことは、私も高校生くらいの時は、友達といないと不安になり、教室で一人でいると不安になってしまうことがあったと思い出しました。しかし、大学、社会人を経て、孤独でも怖く無くなってきている自分がいました。この記事を読んで、私はきちんと成長することが出来ていると思いました。会社では誰かと一緒にお昼を食べなければなどと、変な人たちがいますが、私は妻のお弁当があるので、その人たちとはランチには行きません。一人で生まれて、一人で死ぬ、つまり一人でいることにベースを置けば、何も怖くなく、人間的に悩まむこともなくなり、人として素晴らしい人になれるのだと思いました。孤独力が低い人は、ひとのせいにしたり、責任逃れをするという記事を読んで、自分の周りの人に当てはめると、全くその通りだなと思いました。私はそのような人にはなりたくありませんので、孤独を恐れず、むしろ孤独を楽しめる人間になっていきたいと考えています。せっかく生まれたのに、一人でいることを楽しめないのは、本当にもったいないことだと思いましたので、私はこれからも孤独を楽しんでいきたいと考えます。私には子供もいるので、その点はしっかり子供にも教育していきたいと思います。

  3. 私は、介護職として高齢者施設で働いています。
    そこで多くの高齢者の方と関わり、多くの高齢者の老後と人生の終わりに関わらせて頂いています。
    そのなかで思うのは、やはり死は孤独であるということです。
    高齢になり家族がいないのとは違います。もちろん、身寄りがない方もたくさんいましたが、多くの方は温かい家族の方がいらっしゃいました。しかし、死は本人の身にしか起こりません。周囲がどれだけ温かく関わってくれたとしても、それは力になりこそするものの、決して避けられるものではありません。
    高齢者になり、心も弱くなっていく方は多くいらっしゃいます。しかし、その中でも、自分の老いに折り目をつけながら、自分らしくいきいきと生きていらっしゃる方もいます。
    それはなぜなのか、どうしてそんなに楽しく生きていけるのか、考えていました。
    この記事を読んでその理由が何となくわかった気がします。
    人生は一人で始まり、一人で終わる。全くそのとおりだと思います。自分で楽しく生き生きと生きておられる方は、自分なりに孤独を受け入れ、その上で孤独を我慢するのではなく、嘆くでもなく、ともに孤独と一緒に生きておられるのではないかと思います。
    正直今の私は孤独がとても怖いです。ですが、どんどん年を取り理想のおばあちゃんのように生き生きと暮らすためにも、孤独というものについてもっと考えてみようと思いました。

    • コメントありがとうございます。

      コメントを読ませていただき、僕が思ったことは、
      「その中でも、自分の老いに折り目をつけながら、自分らしくいきいきと生きていらっしゃる方」は、
      この記事でお伝えしたような、孤独という名の本当の自分に寄り添っているから…だと思います。

      僕は、孤独こそ、本当に温かさがあるものだと考えていて、
      それはとても難しく、ゆいさんも孤独が怖いと仰っているように、そこにたどり着くまでは怖いものだと思っています。

      僕もまだ孤独が怖いです。
      怖いからもっと知っていこう。そう思って孤独の良さを追求しています。

      人は孤独な自分に心から寄り添えると、自己信頼が生まれ、最後、穏やかに死ぬことが出来るのだと思います。

      僕は、知らないことだらけでお金もないのですが、いつか「老人ホーム」のような何かに携わりたいと思っていて、
      そこで「人生の終わりが近づいている高齢者の方に、自己信頼を深めていけるシステム」を提供できるようになりたいなと考えています。
      何十年先になるかわかりませんが、このブログで販売している「サヨナラ・モンスター」でこれから学んでいくことが、きっとそれに役立ってくるようになるはずなのです。

      孤独に恐怖して人生を終えるのではなく、孤独に温かさを感じて、自己信頼を深めて、堂々と自分の人生に幕を閉じて頂けるような、そんな「老人ホーム」があったら素敵だなと思っています。

      ぜひ、ゆいさんも孤独について色々と考えてみて下さい☆

  4. 今回のお話は、とても良いと思いました。
    私は、この記事を読んで思い出しました。
    私もかつて孤独について考えた事があります。
    孤独とはなんなのかを。
    すると、孤独は素晴らしいものだと言う事が分かりました。
    よく「人は一人では生きていけない」と言いますが、必ずしもそうではありません。
    昨今では、「一生独身でいたい」と結婚を望まない方が増えています。
    これはもしかすると「自由に孤独を楽しみたい」と言う希望があるのでしょう。
    「一人で自由に好きな事して生きていきたい」これは素晴らしいと思います。
    私の知り合いにも「一生独身でいる」と決め込んでいる人がいます。
    理由をきいてみると「一人だと好きな時間に起きて,好きな時間に寝て,好きな時間に物を食べられる。
    そして、好きな時間に出かけられる」と話していました。
    結婚をすると、お互いの事を考えながら生活しなくてはならないので煩わしいそうです。
    確かにそうかもしれません。
    絶対にだれかと一緒でなくてはならないと言う決まりはありません。
    孤独も良いものです。
    孤独者には孤独者なりの考えそして未来があります。
    ぜひ、みなさんも一度「孤独」について考えてみてはいかがでしょうか?
    この度は、良い記事を読ませて頂き、誠にありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。

      「孤独者には孤独者なりの考えそして未来があります。」
      ↑ こちら、僕も「そうだな~」と思いました。

      みんな自分の自由に生きていくことが大切だなと思います。

      こちらこそ、この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)