心の断捨離!模様替えなどを行うと心がスッキリしますよね☆まさにアレが無意識レベルで受けている影響が変化した瞬間なのです!!

633 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

心の断捨離!模様替えなどを行うと心がスッキリしますよね☆まさにアレが無意識レベルで受けている影響が変化した瞬間なのです!!

昨日は新車でドライブ☆

やっぱり新車はいいですね☆

心が軽くなる感じがします。

内装もかっこいい!

そして、新しい車の運転に緊張しているパートナー(笑)(運転し始めてすぐで、この後、すぐに慣れていました♪)

すぐに慣れて、200キロくらいあちこち行って、ラーメン食べて帰りました(*^-^*)

頑張ってローンを払うぞ!(笑)

感情は媒体に宿る(宿せる)

新車も、赤ちゃんも、何も宿っていないので「真っ白」って感じがしますよね。

これは、本当に重要なことで、「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」で「感情は媒体に宿る(宿せる)」とお伝えしています。

我々が思っている以上に「感情」の「伝達」は至る所で起こっています。
そしてそれは「無意識のうちの伝達が圧倒的に多い」のです。
とくに感情の伝達はネット経由だととても速いしわかりやすい。

引用元:プラス感情トレーニング2「emotion plus」

よく、「車に愛情をこめて乗ると長持ちする」と言いますが、この「愛情をこめる」というのが、「感情を宿す」ということです。僕は、パニック発作が起きて困っていて、自分に何度も試しながら発見した独自の方法で、パニック発作が改善しました。その方法は、「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」のPDFファイルにまとめていますが、その一部は、「感情は媒体に宿す」ことを使うのです。

つまり、媒体、物にすでに宿っているネガティブな感情が、無意識のうちに自分に悪影響を及ぼしているのです。新車や赤ちゃんなどからは何も宿っていないので「真っ白」って感じがしますよね。その何も宿っていないものを感じた上で、嫌な思い入れ、思い出がある黒いものを感じる媒体や物もありますよね。例えば、僕はSNSの一部の寄り付いてきたグループからは「黒いもの」を感じたので、怖いので逃げました(笑)

<<下に続く>>

「逃げる勇気をもって、逃げるが勝ち」です。

逃げる、離れる、関わらない!コレ大事です!

話は戻りますが、ホームページ、SNS、物、人、至る所に感情って宿っているのです。だから、お部屋の不要なものを捨てて、模様替えなどを行うと心がスッキリしますよね☆まさにアレが無意識レベルで受けている影響が変化した瞬間なのです!!心の断捨離はとても重要なことなのです。

捨てられない執着心や、恨み、怒り、色々ありますよね。それを捨てられない時は、既に宿っている感情が邪魔しているのです。その宿っているマイナスな感情を変化させると、意外と簡単に抜け出せるときもあるのです。その具体的な方法が「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」のPDFファイルにまとめていることです。

この記事でお伝えしたかったことは、

・感情は物や媒体に宿っている
・宿っている感情からは良くも悪くも、無意識レベルで影響を受けている
・だから良い影響を受けれるような宿し方をすればすごく良い

こういうことです!!

今回、とても重要なことをお伝えしました。この機会に、心の断捨離(不要な感情を捨てて)をして、既に宿っている感情を把握し、それらを良いものに変えていってみては如何でしょうか?☆新車に愛情をこめていくように、大切な家族、家族への料理に愛情をこめて、あっちにも、こっちにも愛情や、プラスな感情をこめていく(宿す)と、あなたはそのプラスのフィードバックにより、幸せになっていくでしょう。

プラス感情トレーニング2「emotion plus」

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1.  心の断捨離とは、いい言葉だなと思いました。そして感情を、媒体に宿るという考え方はなるほどなと思いました。
     
     周りを見渡してみても感情は目には見えないものの行き来しているんだなと感じます。特にSNSの発達によりより身近に感じることができるようになったと思います。
     ものにも人にも、愛情を込めることはあるますよね。言われてみれば人というのは、そういうことを、繰り返ししてきたのだと思います。ポジティブな感情ならば、いい働きがあります。与えてもらえば人ならば嬉しい気持ちになり、決して相手を貶めるようなことはしなくなると思います。
     余裕がない人ならば、いい感情も与えられないとも思います。自分で自分に、愛情を込めることも大事になってくるのではないでしょうか?

  2. 人間には「感情」と言う物が存在している。
    そしてそれは様々な物である。
    人間だけではなく、犬や猫などの動物にも「感情」は存在している。
    この「感情」と言う物のおかげで、私たちは円滑なコミュニケーションをはかる事ができる。
    でも「感情」を持っているのは動物だけだろうか。
    「感情」と言う物は、日常的に使用する様々な物にも存在しているのではないかと思う。
    なぜならば、私たちがそれらの物に対して込める愛情の度合いによって色つやの増す度合いや劣化の度合いが変化するからだ。
    しっかり愛情を持って物を扱えば味が出てくるし、愛情を持たず乱暴に扱えばすぐに壊れてしまう。
    人間関係と全く同じだ。
    私たちが人や物と良好に過ごすために、心の「断捨離」は必要であると思う。
    「断捨離」をしなければ疲れてしまい、心がぼろぼろになってしまう。
    今回この記事を読み、ストレス社会の今、心の「断捨離」は非常に大切であると感じた。
    どうもありがとうございました。

  3. この文を読んで思ったことは、その通りだなということです。
    例えば、恋人からもらったネックレス。大切に使っていました。しかし、恋人から別れを告げられました。そのネックレスもなかなか捨てることができず、大切に使っていました。気持ちも引きずって、なかなか恋人を忘れることができません。
    という、よくありがちなエピソードです。しかし、恋人を忘れるためにネックレスを捨てることにしました。すると、時間が経つにつれ、恋人も忘れていき、また次の恋人を探せた、という流れも聞いたことがあります。
    これも同じことだと思います。恋人への思いが、ネックレスにのりうつり、使っていることで忘れることができなくなります。しかし、ネックレスを捨てることで、恋人への感情も自然と薄れていく、つまり、心の断捨離ができたということになります。
    忘れたいことは、物と一緒に捨ててしまえばいいと思います。このエピソードのように、心がすっきりすればまた次の一歩を踏み出すチャンスができます。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)