「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。

「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。

先日公開した「お前の感情は操作されている…」
この記事を読んだ人で、勘の良い方はすぐわかると思いますが、
1/9の「Yahoo!ニュース」の記事に書いてある通りで、
僕らは知らない間に感情を操作されています。

僕は、操作されている人間がすぐわかります。
(操作されている人間とは関りを持ちたいと思いません。マイナスが多いから。)

操作されている人間は、
その者の言葉が出てこない」、

そして、
空気を読みたがる」のです。

それは「飼いならされている状態」とも言えます。
言い換えれば、「心理的な奴隷状態」です。

こんな話は、何年も前からお伝えしていますが、
今更、なんでこんな話をするのかというと、
Yahoo!ニュース」のような大手が、
このような話題を出すようになってくるということは、
広く知れ渡っていく、ということです。

広く知れ渡るということは、

1、感情を操作されない人間が増える
2、感情を操作しようとする人間が増える

このように、良いこと、悪いこと、両方が増えるということです。
「2」のようなタイプは、
なるほど!無意識レベルの感情を操作すればいいんだ!」と悪用する人も出てくるわけです。

それが増えてくれば、
「無意識レベルでの感情を、
自分で責任をもって、コントロールする」ということが大事になります。

だって、何もせずにいたら、支配者に空気を作られ、感情を操作される。
しかも気づかないうちに。

だったら、気づいて、
自分で自分の人生において必要な感情を自分から創り出すほうが、良いに決まっています。

僕は、この流れになるだろうな、と予測していたのもあるので、

「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」を制作し、販売しています。
そして「感情レボリューション」をご紹介しておりました。

2つとも「感情」に関する教材です。
これからは「感情」の時代だからです。

世の中の変化の中には、大衆に対して「課題」「問題」を投げかけていることがあります。
つまり、上から、課題、問題を出されているのです。
それをクリアしていく、問題解決していく、それが必要であり健全なことなのです。

これからの時代は「感情」を学ぶ時代なのです。
「感情レボリューション」の制作者が仰っているよう、「感情を道具のように利用する時代」でもあるし、
「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」でお伝えしたよう、
これからは感情が大切な時代になる」し、記事内で引用してご紹介していますが、
「博報堂研究員が語る、AI時代の未来予想図」で言われている「AI時代の未来予想図として、感情がより一層大事になる」と言っています。

感情が自然に生まれると思っている人は、ハッキリ言って、子供です。いえ、子供以下です。

感情は自然に生まれているわけではありません。
「出来事」→「解釈」→「感情発生」のプロセスがあり、
更に、これらは無意識のうちに自分で選択していること。

つまり、感情は無意識のうちに自分の無意識が自ら創り出しているのです。

この部分に責任を持たせる時代、学ぶ時代、それがAI時代です。
「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。
だからこそ、瞬間瞬間に気づけるようになることが大切なのです。それが自分に責任を持つということです。

少しずつでも、感情を創り出す練習をしておきましょう!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)