「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。

304 views
約 3 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。

先日公開した「お前の感情は操作されている…」
この記事を読んだ人で、勘の良い方はすぐわかると思いますが、
1/9の「Yahoo!ニュース」の記事に書いてある通りで、
僕らは知らない間に感情を操作されています。

僕は、操作されている人間がすぐわかります。
(操作されている人間とは関りを持ちたいと思いません。マイナスが多いから。)

操作されている人間は、
その者の言葉が出てこない」、

そして、
空気を読みたがる」のです。

それは「飼いならされている状態」とも言えます。
言い換えれば、「心理的な奴隷状態」です。

こんな話は、何年も前からお伝えしていますが、
今更、なんでこんな話をするのかというと、
Yahoo!ニュース」のような大手が、
このような話題を出すようになってくるということは、
広く知れ渡っていく、ということです。

広く知れ渡るということは、

1、感情を操作されない人間が増える
2、感情を操作しようとする人間が増える

このように、良いこと、悪いこと、両方が増えるということです。
「2」のようなタイプは、
なるほど!無意識レベルの感情を操作すればいいんだ!」と悪用する人も出てくるわけです。

それが増えてくれば、
「無意識レベルでの感情を、
自分で責任をもって、コントロールする」ということが大事になります。

だって、何もせずにいたら、支配者に空気を作られ、感情を操作される。
しかも気づかないうちに。

だったら、気づいて、
自分で自分の人生において必要な感情を自分から創り出すほうが、良いに決まっています。

僕は、この流れになるだろうな、と予測していたのもあるので、

<<下に続く>>

「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」を制作し、販売しています。
そして「感情レボリューション」をご紹介しておりました。

2つとも「感情」に関する教材です。
これからは「感情」の時代だからです。

世の中の変化の中には、大衆に対して「課題」「問題」を投げかけていることがあります。
つまり、上から、課題、問題を出されているのです。
それをクリアしていく、問題解決していく、それが必要であり健全なことなのです。

これからの時代は「感情」を学ぶ時代なのです。
「感情レボリューション」の制作者が仰っているよう、「感情を道具のように利用する時代」でもあるし、
「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」でお伝えしたよう、
これからは感情が大切な時代になる」し、記事内で引用してご紹介していますが、
「博報堂研究員が語る、AI時代の未来予想図」で言われている「AI時代の未来予想図として、感情がより一層大事になる」と言っています。

感情が自然に生まれると思っている人は、ハッキリ言って、子供です。いえ、子供以下です。

感情は自然に生まれているわけではありません。
「出来事」→「解釈」→「感情発生」のプロセスがあり、
更に、これらは無意識のうちに自分で選択していること。

つまり、感情は無意識のうちに自分の無意識が自ら創り出しているのです。

この部分に責任を持たせる時代、学ぶ時代、それがAI時代です。
「感情」は無意識のうちに自分が創り出しているのです。知らない間に。
だからこそ、瞬間瞬間に気づけるようになることが大切なのです。それが自分に責任を持つということです。

少しずつでも、感情を創り出す練習をしておきましょう!

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)