自分の物や文章などが盗まれている等、事実確認も無しに被害妄想を抱いている人が変わるには?

自分の物や文章などが盗まれている等、
事実確認も無しに被害妄想を抱いている人がいますが、

こういった被害妄想は
「過去の心の傷」から来ていて、
この過去の心の傷が癒されることで、
結果として被害妄想も消えていった人がいます。

例えば、こういったケースもあります。

利用や搾取されていたという被害妄想が消えて
善用と提供の喜びに変化してきたMさん
→ https://www.infotop.jp/click.php?aid=60941&iid=75585category1/entry25.html

こちらが、サヨナラ・モンスターに取り組んでいるMさんの変化です。

このように1つ1つ気持ちに変化が起こり、
その繰り返しで大きく変化していきます。

「盗まれた」と「被害妄想」をしている人は
Mさんのように過去の傷を癒し、
事実確認を大切にすることが良いです。

人間とはいい加減な生き物で、話に、尾ひれ羽ひれがつくものです。
話がねじ曲がったり、嘘が加わったりして、人の間を渡り歩くほどおかしな話になるものです。

意図してそれを行う犯罪者(名誉毀損罪・信用毀損罪)もいます。
そして鵜呑みにする妄想者もいます。

だから「事実確認」が「健全」なのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)