子は天からの授かりもの!そして子は鎹!子は親に気づきを与えるために生まれてきた

42436 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

子は天からの授かりもの!そして子は鎹!子は親に気づきを与えるために生まれてきた

子は鎹
この記事は個人的意見が多く含まれます。

どんな子も「子は天からの授かりもの」なんです。

そして「子は鎹」ともいわれますね。

あなたも、このことを聞いたことがあるかもしれません。

鎹

「鎹(かすがい)」とは、上記の画像のように材木と材木をつなぎとめるために打ち込む大釘のことです。

お父さんとお母さんが木材で、つなぎとめるための大釘が子どものイメージです。

子は鎹というのは、子どもには「出会った二人を繋ぎとめる素敵な力がある」という意味なのです。

私たち人間は、どんな素敵な出会いがあっても、喧嘩をしたり、別れそうになったりします。

二人の仲が悪くなり、本当に分かれてしまいそうな時に、可愛い我が子を考えると「この子にとって別れることは好ましくない…」そう思わせてくれ二人を繋ぎとめてくれるんです。

そして「子は親に気づきを与えるために生まれてきた」のです。

引きこもりの人は親の苦しみを背負い引きこもったのです。

対人恐怖症の人は親の苦しみを背負い対人恐怖症になったのです。

いつ?

0歳~3歳の間に、無意識に大量に、親の苦しみが子どもにインストールされたのです。

ほぼ、すべて。

これが「三つ子の魂百までの正体」です。

つまり、もしも、あなたが今苦しいのなら、自信を持って下さい。

あなたは通常よりも「難しい試練」を選んだのです。

本当は比較すべきではないのですが、あえて比較するのなら「温室の中」ではない「厳しい環境」を選んだのです。

あえて苦しむ覚悟で、親を救いたいという強い思いから、選んで生まれてきたのです。

<<下に続く>>

ですので、苦しいことは恥じることではありません。

あなたの苦しみはあなたのものではなく、それは基本、親の苦しみなのです。

私たちは信じると相手の苦しみなどがインストールされるようになっているのです。

相手の苦しみを実感し体感し理解できるからです。

私たち人間は、信じ切ると、不思議と、相手の悲しみや苦しみが分かってくるのです。

そして自分の苦しみと相手の苦しみの区別がつかず自分の苦しみだと思ったりするのです。

子供は無条件で親を信じます。

子供は苦しんでいる親の苦しみを一緒に背負うために生まれてくるから「子は天からの授かりもの」と言われるのです。

そして、本物の「供養」とは「供に心の中で繋がっているものと養うこと」を言います。

偽物の、金だけ供養とはわけが違うのです。

供に養う。

つまり「気づき」です。

既に亡くなった方でも、心の中では生きているのです。

自分に「気づき」を出せば、それは心の中で生きている者と供に養うことになるのです。

これが本物の供養です。

もしも、あなたが今苦しんでいるのなら、それを解決する為にあなたは背負ったのでしょう!

真っ白な赤ちゃんが、何もなしに、苦しみたいと願うことはありません。

苦しむようになっていく理由。

それは世代間連鎖による他者の苦しみを背負うからです。

ですので、私は断言できます。

苦しんでいる人は立派だと。

子供が生まれてきていることで、過去歴史振り返ってみても分かるように、人はだんだん良くなってきているのです。

それは子供の功績なのです。

そして皆さんも子供時代があるので、みんなの功績なんです。

幸せな家族

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 24 )
  • Trackbacks ( 2 )
  1. 確かに「子は鎹」かもしれませんが、「子供からいるから別れられない」というのは、子供から言わせると冗談じゃないと思いますね。なんか「子供の為に仕方なく別れない」と言われた気分になりますから。
    そしてその後の家庭では、親たちのギスギスしたコミュニケーションをみて過ごさなければいけない子供を思うと、果たして離婚を思い止まったことが良かったのかどうか疑問です。両親が揃った家庭が必ずしも幸せとは限りません。

  2. 親だって子から学ぶことが多いのに、小さな芽を親自身が摘んでしまっていることに気づけない親もまた、所謂アダルトチルドレンなのかなと思いました…。

  3. 気付きは大事だと思います。こどもは宝ですね。

  4. 幸せな家族をつくりたいです。子供は生き甲斐です。

  5. 子供は純粋ですね。良い内容の話でした。

  6. もう少しで母が他界して10年、親孝行を何一つ出来なかった私は、未だ時々母を思い、後悔し涙してしまいます。産まれてきた事が功績…少し救われました。

  7. 心がホットする話ですね
    千の蔵より子は宝と言う言葉もありますよ。
    どんな沢山の財産よりも子は宝と言う意味です。
    子供を育てるのは、大変ですが
    子供がいないと笑うことも少ないですし
    何より親も子供と一緒に笑い、悩み、泣き、
    成長できますよね。

  8. 『気づき』親は子供に気づきを与える為にいる。また善悪の判断を教えたりしますね。難しいけどなるほどねという感じも致します。そういえば亡くなったおばあちゃんもいつまでも私の心の中にいます。身体は滅びても魂は続いていくのかも知れません。

  9. すごく良いお話です。

    一回読んで、スーッと頭に入って来て、理解出来ました。

    読んだ後、心がほっこり温かくなりました〜♪

    又頑張れそうで〜す♪♪♪

  10. 子は鎹!めちゃくちゃ納得できました!今一度初心に帰る大事さが分かりました。ありがとうございました。

  11. あっちゃんさん

    生まれてきたことに感謝しないといけないですね。

  12. 良い話をありがとうございます。子供時代は大切ですね。

  13. ナオニャンさん

    感動しました。

    自分を責めることもないし、親を恨むこともないですね。

    自分に子供が出来ないのは、背負わせなくてもいいからなのでしょうか。 それとも、背負わせるには可哀想なものを私は持っているのでしょうか。

  14. 今の苦しみ解決出来るか不安です…何年もこんな状態なので

  15. おもしろい考え方ですね。自分じゃおもいつきません。子供の存在意義がまた強く深く感じられます。

  16. そうなんですね。

    子供は親の気付きの為に生まれてきたって本当?と思ったりもしますが。

    じゃ、子供が欲しくても出来なかった人はどうなんだろうと思いました。

  17. 物事をプラスに考えると、すべてが好転していく。

    親も子も日々
    「ありがとう」が素直に出れば、苦しみも無くなりそうですね。

  18. 何か感動しちゃいました。

    連鎖は凄いなっと思いました。

    そう考えると苦しい時が来ても
    頑張って乗り越えれるような気がします。

    これから、母親になった場合に
    もし子供が苦しんでいた時には
    教えてあげたい言葉です。

  19. 引きこもりや対人恐怖症の人は優しいから多分気づかないですよ
    まさか親の苦しみ背負ってるんなって夢にも思わないでしょうし(笑)
    気づかないからいいように利用する人が群がるんですよね

  20. 苦しんで、それを乗り越えてきた人は立派だと思います

  21. 苦しみながらも生きていく人は親の反響があり、対人関係も慣れないまま、引きこもりになることも少なくないと思います。

  22. どうしても納得できないのが,犯罪するクソガキがなんで親にきづくのを与えるためにうまれてきたんですか
    意味分かりません
    犯罪者はガキでも大人でも刑務所いれればいい

  23. 頷けます。
    へその緒を通して感情などが移る?ことが
    研究の結果、分かってきているみたいですね
    天からの贈り物は赤ちゃんんだったんですね

  24. 供養は供に養うってすごく納得させられてしまいました。確かに赤ちゃんや子供だけなら綺麗な心だから人間の世界は狂いませんよね。赤ちゃんはステキですね☆彡あの世のことはわかりませんけど共感しました☆彡子供を大事にしたい!!って心から思いました。ママのところに生まれてきてくれてありがとう☆彡

  1. […] 私の場合は、子供のために夫婦でいようと決めました。「子は鎹」と言いますよね。子供がいなくても、離婚するとバツがつきます。そうなると再婚しにくくなったり、再婚したい相手のご両親が反対するかもしれません。アメリカのように、簡単に離婚できる社会じゃないからこそ、離婚したら誰が幸せになるのか考えた方がいいですよ。相手も自分も幸せになるビジョンが明確じゃなければ、離婚はするべきではないと思います。 「あの人、バツ1だから‥。」となにかある度に偏見の目で見られるのが現状です。バツがあるだけで不利な生活になるならば、離婚しないためにはどうすれば良いのか、パートナーととことん話し合った方がいいと思います。 […]

  2. […] もちろんお子さんがいる場合は離婚はできるだけ避けた方が良いでしょう。昔から「子は鎹(かすがい)」と言います。お子さんの将来を第一に考える必要があります。 […]

LEAVE A REPLY TO 名無しさん CANCEL REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)