視線恐怖が大幅に減った理由

視線恐怖が大幅に減った理由

過去に、視線恐怖だったことがある。あの視線も、その視線も、どれもこれもが怖くて、その理由が最初はさっぱりわかっていなかった。そしてサヨナラ・モンスターの方法で自己理解を深めていく中で「本当に嫌いな視線」を「特定」しました。僕の場合は、視線恐怖が大幅に減ったのは「特定」したからです。

他人の視線も、配達員の視線も、すべての視線が「僕を攻撃する者の視線」のような、ハッキリしないモヤモヤした感じで恐怖でした。その自己理解を深めていく中で、自分が誰の視線が嫌で嫌で、苦痛で、不快で、気持ち悪いか、それが見えてきました。つまり、色々と「特定」し「知り尽くした」のです。

それによって、色々と考えから、解釈が変わっていき、外に対する敵視が減って、視線恐怖も減っていったのです。今思えば、人間不信になった中学生のときにも一度視線恐怖になっていた時期があります。電車の中、バスの中、他人の視線が僕を攻撃する視線と感じられていたのです。本当は僕の家族が僕を攻撃していたので、その家族の視線が嫌だったのです。しかし、子供が家族から愛されたいもの。だから無意識のうちに家族からの視線が嫌だと思わないよう、気づかないようにしていたのです。

ですから、関係のない外の他人の視線が嫌なように感じられたのです。(反社会的な人にもこの心理が関係していることが多い)

それほど、人は親や家族を悪く見たくないものなのです。最後の最後まで、親や家族から愛される可能性をとっておきたいものです。僕もそうでした。しかし、もう家族からの愛はいらない。自分が自分を大切にする。そう、気持ちが変化してから、視線恐怖が減っています。

特定し、明確にし、知り尽くし、自分を大切にする。自分の感情を取り戻す。これが視線恐怖を減らすためにとても効果的でした。

視線恐怖の状態は、以下のように、関係のない人のことまで「自分にとってマイナス」に感じられているのです。

だから、「自分にとってマイナス」を特定し、明確にし、知り尽くすということは以下のイメージです。
○●○○○○○
このように、特定することで他は「自分にとってマイナスではない」とハッキリします。ですから不要な恐怖が消えていくのです。

あと、もう1つは、自分の中にある「破壊的で、攻撃的な感情」が消化されていったからです。無意識に抑圧していたこの感情に自分で気がついていなかったので、その感情が他人に映しだされて、他人が自分に攻撃的になっているように無意識のうちに感じていた部分もあったなと今振り返って見て思います。これもサヨナラ・モンスターの方法で紐解いていきました。大事なことは自分が「破壊的で、攻撃的な感情」を持っていることを認めることです。そして、それだけのことがあったのだと自分を理解してあげることです。「大丈夫だよ、味方だよ」と自分に言ってあげることも大切です。

この話は僕の場合ですが、多くの視線恐怖の人に、結構役立つ内容かと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)