自分で自分を裏切ったのは、自分の弱さだった。

 2021年11月28日
969 views

※殴り書きしたので、あとで修正します。

心の中の小さな自分に「必ず守ってやるからな」「不当な攻撃には徹底して反撃してやるからな」と約束できないのなら、どんな救いも無い。「サヨナラ・モンスター」は心の中の小さな自分を自分で救い出すための教材です。心の中の小さな自分は自分を裏切らなかった。裏切ったのは、自分の弱さだった。

家族から不当に扱われ続け、それでも家族からの愛が欲しくしがみついた。そして酷いトラウマになった。そこから成長し、自分と和解をして、自分に「不当に扱われないようにするからな」と約束をした。そして約束を守った。すると、酷い心の傷が癒えていった。このプロセス、本当に大切なことだった。

全ての傷が癒えているわけではない。まだ、会話をすると頭痛がする。あと、特定の条件が揃ったときに頭鳴(ずなり)が起こる(これはトラウマ、精神的なストレス)。など、色々と問題はある。

身体の疾患や中枢神経の異常、また精神的なストレスなどにより、頭の中に音を感じる症状。

引用元:頭鳴(ずなり)とは – コトバンク

頭痛や、頭鳴(ずなり)が起こるのは、トラウマの中で最も大きなものに関する人物との会話の最中のとある複数のことが重なった時に起こることが自分でわかっています。ですので、頭鳴(ずなり)が起こらないようにある程度コントロール出来ます。(避けることも含め)

あと、複数人と会話をすると頭痛がしてきます。それもトラウマによるものです。過去に、兄弟の1人が「嘘」をつく。それを親が信じる。確認も無しに僕は不当に責められ続ける。こんなことが無数にあり、そんな環境でどうしていいかわからず心が雁字搦めで穴が開いたようで、ベールを被ったような感じで、頭が真っ白になることも多く、極度の緊張の中、そんな環境にずっといました。離れてはいけないと思い。(離れられないのは、依存はもちろんですが、その背景に宗教洗脳が深く関係していた。美徳と恐怖と前世来世支配)

だから、頭では違うとわかっていても、複数人との会話が、家族からの不当な責めのように感じられる部分がまだ残っている。だいぶ減りました。無意識のうちに緊張し頭痛や頭鳴(ずなり)が起こる。(僕にとっては最大のモンスター、まとまり)つまり、まだこの部分に「知るべきことがある」ということ。だから徹底して知ってやろうじゃないかと思っている。知れば、トラウマや恐怖なども減ってくることがわかっているから。「サヨナラ・モンスター」の方法です。

だけど、その問題を僕は前向きにとらえている。こういったマイナスが、後々プラスになっていくことがわかっているからです。人生は、マイナスもプラスもセットで、必要なものであり、生涯、マイナスとプラスを経験しながら人は生きていきます。こういった前向きな考えが、ずっと時間が止まっている感覚だったのですが、動き始めた。そう感じています。

この、会話をすると頭痛がする。これはトラウマによるものだと自分で思っています。ここから、どんな会話で、どんな状況で、どんな条件でなど、色々と探って見えてきたことがあります。そこにプラス(成長)があることもわかっています。無駄なことは一つもないのです。そして過去を思い出していくことで、トラウマも癒えてきました。苦痛を伴いますが、「思い出す勇気」「過去の振り返り」って大事だなと思っています。

マイナスがあるからプラスもある。マイナスだらけになるとバランスを崩す。だからマイナスからプラスを見出していく。人類はそうやって進化してきたのです。恐怖があるから人類はここまで進化してこれたのです。それは人類(先人たち)が恐怖に立ち向かってきた証拠です。先人たちに感謝。

「トラウマ」があるから、人は成長していける。

僕は、自分にも悪いところがある。家族の問題はそれぞれ本人の問題です。区別すべき問題です。恨みつらみも水に流した。だから区別したうえでの感謝の気持ちもある。1つ言いたいことは「勇気をもって、回れ右をして、矛先を正して、自分を守ってくれ」ということです。その矛先を曲げるのが「不当な責め」なので。家族全体が臆病風に吹かれていたのです。そしてそれを正当化していたのです。勿論僕自身も。

だから、そのことに気づき、離れ、勉強して、徐々に目が覚めていきました。如何に自分が間違っていたかがよくわかりました。自分で自分を裏切ったのは、自分の弱さだった。だから前記したこと、

家族から不当に扱われ続け、それでも家族からの愛が欲しくしがみついた。そして酷いトラウマになった。そこから成長し、自分と和解をして、自分に「不当に扱われないようにするからな」と約束をした。そして約束を守った。すると、酷い心の傷が癒えていった。このプロセス、本当に大切なことだった。

これが大事だったのです。未熟な自分に必要なことを経験するために苦しんだのです。ですから、過去は「あれでよかった」のだと、今、わかっています。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。