不幸は実は自分が選択したものです。

不幸は実は自分が選択したものです。

不幸は実は自分が選択したものです。

なっ!!!

なんて・・こと・・を・・・!!

こう感じた方もいるかもしれません。

人の不幸とは、実は自分が選択したものなんです。

私は、昔少年院に入ったことも、脱走したことも、薬物をやったことも、人から嫌なことをされたことも、人に嫌なことをしたことも、何もかも自分が選択をしてきたことが分かってきました。

勿論、意識では自分が選択したなんて認められませんでした。

例えば、いじめられた人がいたとします。

いじめられることを自分で選択したのです。

いじめられるべき理由はありますが、その理由までは深く話していかなくてはわからないものです。

そんなわけない!

こう思うのも当然です。

何故か?

自分の無意識に気付いていないから、自分が選択したことを忘れているのです。

親からモラハラを受けた人は、そう受けるように選択をしたのです。モラハラを受ければモラハラを体感できるので、必要な事だったのです。

いじめられた人はいじめられるよう自分で選択したのです。

不幸を選択した理由は自分の目的の為です。

だけど自分が選択したことを忘れてしまっているので、気づかないで苦しんでいるのです。

パズルの欠片が合わさる時に自分だけの目的に気が付きます。

全てに意味があります。

全てがあなたの本当の目的に繋がっています。

私たちはカーナビのように目的地を設定し、複数のルートを作り出し、そのルートを進んで人生を歩んでいます。

しかし、目的地を設定したことを忘れてしまい、ルートのごく一部しか見ない癖があるので、全体を掴めないので自分の目的を忘れてしまっているのです。

その大きな目的の為に必要なことを、自分で選んだので必要な不幸も自分の試練のように設定しているのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)