「環境のせいにするな!」は無知による発言だった

「環境のせいにするな!」は無知による発言だった

今日は、そこらへんに出回っている、
勘違いの1つをお伝えしようと思います。

その勘違いとは、
「環境の所為(せい)にするな!」とう言葉です。
これは無知から生まれる綺麗ごとです。

どんな人間も環境からの影響を受けます。
避けることなど不可能です。
これは勉強をしていくとわかってくることです。

辞書にもちゃんと書いてあります。
その辞書から引用させて頂きます。

人間または生物を取り巻く、まわりの状況。そのものと何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た外界。

引用元:環境 – Google 検索

上記の辞書からの引用文に、
「影響(えいきょう)」という文字があります。

このように、
「環境とは、影響を与えるものとして見た外界」だと辞書にも書かれているのです。

あとは、神経細胞ミラーニューロンの働きで、
人は影響されるのがわかっています。

人は思っている以上に影響を受けていることが研究からもわかっているのです。
「環境のせいにするな!」は、もう、古い言葉なのです。

それを、「環境の所為(せい)にするな!」というのは、
かなり無知であることがわかりますよね。

例えば、北海道の冬で、ホワイトアウト状態の時、
そこで、裸で外に出て、何の影響も受けない人がもしもいるのであれば、
この記事に書いたことを考えなおそうと思いますが、そんな人はいません。

猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町 – 毎日新聞

「環境のせいにするな!」とおかしなことを言うのならば
ホワイトアウトの影響を受けないことを証明してから言って欲しいです。
僕は、嘘が嫌いなので。

僕は「悪影響」を受けた経験が豊富だからこそ、
素晴らしい方法を編み出しました。

その方法が「こちら」です。

無意識レベルで受けている心理的な悪影響を取り去りたいと思うのなら、
ぜひ、この方法をお試しください。

僕は、自分の心理的な悪影響を、
この方法で大幅に減らしました。

この方法には自信を持っています。

人はどうしても環境からの影響を受けてしまう生き物です。
(最も影響が強いのは人間関係。人間関係も環境の1つ)

賢い人は、自分にとって良い影響を受けれるような「環境」を自分に与えます。
それが自分が自分の親として大切なことです。

だから「逃げる」「離れる」も、時には大切なこと。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)