責められているという被害妄想を持っている人への接し方

204 views
約 2 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧
責められているという被害妄想を持っている人への接し方

責められているという妄想を持っている人は会話の最中に相手が責めているわけではないのに責められていると思い込むことがあります。この場合は「責めていないよ」という「相手が勘違いしないような安心できる一言」を添えて伝えるとうまくいくことが多いです。シンプルでわかりやすく、ハッキリとした優しさのある一言。

被害妄想がある人は、過去の被害(傷)で物事を見ているので。

<<下に続く>>

そして、「相手が勘違いしないような安心できる一言」によって、相手が、「あっ、違った」という「安心が出来る体験」が繰り返されていくと、責められているという被害妄想が徐々に小さくなっていきます。妄想の根源も「まとまり」です。過去の傷が大きいほど時間もかかりますけど、「継続は力なり」です。「過去」から「今」へゆっくり移行。焦らず、1つずつ、小さな安心体験が積み重ねられていけば変わってきます。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)