人は自分の見たいものを自分で見たいように見ている!

人は自分の見たいものを自分で見たいように見ている!

色々と問題があり、税金の支払いが厳しい状況だったので役所に相談をしてみたのですが、とても助かる対応をしてもらえました。困っていたので、ありがたい。ありがたいことって身の回りに沢山ある。その「有難いこと」って「有るのが難しい」と書くのは、人の努力や優しさがあるから、と思った。

昔は、役所の人たち(全体)を悪い人たちだと思い込んでいたことがある。それは自分が「煩悩まみれ」だったことで、心の目が曇っていたからだった。無知な心から見た世界だったのです。国民には納税の義務がある、納税をちゃんとしない、出来ない自分に問題がある。過去は、自分の問題を自分で解決できないから、他の所為にして、他を悪く見ていた。

この変化は、とても大切なことです。

自分が勝手に悪くものない相手を悪く見て、そういった態度を自分がするから、それが相手に伝わって、相手も当然態度悪くなることもある。そしてそれみて「ほらやっぱりアイツは悪い奴だ」と妄想の納得をする。自分でそう創り出しているとも気づかずに。

人は、自分が見たい部分が見えてくる。良い人を見たくなったら良い人が見えてくる。世界の全てを見ることは出来ない。人は自分の見たいものを自由に見ている。そして自分で感情を作り出して、感情を使い続けることで人生観を自分で創っている。人生はシンプルだ。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人は自分の見たいものを自分で見たいように見ている!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
人は自分の見たいものを自分で見たいように見ている!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)