自分の弱さを認めることが出来るようになり心も軽くなっていきました。

僕の場合は子供の頃から自分の弱さを認めることが出来ませんでした。それは「弱さ」=「生きている価値無し(当時はそういった環境だった)」=「死に匹敵する恐怖」があったからでした。これを手放すことが出来たら自分の弱さを認めることが出来るようになり心も軽くなっていきました。

臆病で、弱くて、劣等コンプレックスもあり、無知で、情けなくて、媚びへつらう心もあった。そういった自分を認めてしまうと「見捨てられる」という不安と恐怖があり、その根底には幼少期から刷り込まれたあの世論理による絶対的な恐怖があり、中々認めることが出来なかった。

そして、この強い恐怖より、自分を大切にする気持ちのほうが強くなり、知るべきことを知り尽くしていったら恐怖が減っていきました。僕の抱えていた大きな恐怖の1つは「前世」と「来世」の恐怖だったのです。つまり「地獄から生まれて地獄に落ちていく」と洗脳されて、長い間、思い込んでいたのです。

勉強し成長していくことで、如何に架空の概念を刷り込まれていたか。それが大きなストーリーとなり潜在意識レベルを支配していたかもハッキリわかりました。これも紐解いていったから、恐怖が大幅に減りました。支配者は「ないもの」または「わからないもの」を「未確認」なのに「ある」と断言します。

そして、「ないもの」または「わからないもの」を「未確認」なのに「ある」と断言することは、支配されていた自分の中にも同じようなものがあったことに気がついた。それを自分の中から減らせば減らすほど、恐怖は減っていった。恐怖感情は自分に必要なことを教えてくれている有益な感情の1つです。

なので、どの方向から考えても、過去の苦しみは「プラス」に繋がっているのです。過去の恐怖支配、洗脳、あらゆるマイナスなことは、自分が成長するために必要な経験だったのです。ですから、「変わるべきは自分」だったとわかりました。自分を変えることこそが、「幸せへの近道」です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
自分の弱さを認めることが出来るようになり心も軽くなっていきました。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
自分の弱さを認めることが出来るようになり心も軽くなっていきました。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)