心の奥にある、たくさんの「まとまり」は「新しいまとまり」になるのです。

心の奥にある、たくさんの「まとまり」。このまとまりを、紐解けるところから紐解いていき、1つ1つを修正していくのです。すると、その人本来の「色」が、表れてきます。そしてその「色」が、1つの「新しいまとまり」になるのです。そのまとまりは「その人の人生の目的」を知っている。

苦しんで苦しんで、苦しみから逃れることを色々やっても、結局は心の深い部分にある「まとまり」を小さくしていかないと変わることは出来ない。なぜなら、人は無意識のうちに「まとまり」に動かされているからです。このまとまりからマイナスの働きが出続けていれば当然、苦しくなっていきます。

苦しんで苦しんで、最後に発見したことが、この「黒くてぐちゃぐちゃなまとまり」を、少しずつ紐解いて、小さくしていく方法だったのです。そしたら苦しみが減るだけではなく、プラスが出てくることもわかったのです。反転すると言っても良いと思います。それが「サヨナラ・モンスター」です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)