第1種少年院送致(長期)の審判決定!親子の再スタート!

(許可取って書いてる)知っている子が第1種少年院送致(長期)の審判決定されました。「そうだね、親子にとって必要な成長と、その過程だ。手紙と面会を通して、向き合って、非行に走らなくても存在を認められる大切な存在だと伝えてあげると良いのかもしれないよ」とお伝えした。

少年の親は「うん、そのつもりで頑張るゎ、〇〇も〇〇〇〇の顔見てワンワン泣いてたけど、資格取ったり色々頑張るからと言ってた私も〇〇の気持ちと向き合って、1つずつ頑張っていくわ!!」と、前向きな気持ちだった。人は変われる。「本当の自分」を大事にすれば必ず変わる。

こちらも許可を取ってます。「名前を隠してネットに書いてもいい?」「いいよ!」って。親子が、忘れていた大切な気持ちを取り戻し始めています。僕は、素晴らしいことだと思う。勿論、自然な反省も、とても大切なこと。加害者は、過去の被害者でもあります。100%被害者なんて存在しない。

デマ流しは、「100%被害者」の”つもり”の者が行うことです。

デマ流しだって立派な犯罪。刑務所に放り込んであげればよいのです。名誉毀損罪は暴行罪よりも罪が重い。それなのに、なぜ、名誉毀損罪に関しては未だに甘い空気が流れているか。以前よりは騒ぎ出しているから良い傾向ではあるけど。もっと名誉毀損罪、信用毀損罪をやっている者に光を照らしてほしい。

暴行罪】 法定刑 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料
名誉毀損】 法定刑 3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金

名誉毀損より、暴行罪のほうが軽いですね。
名誉毀損がどれだけ悪質な犯罪か…、 ということをもっと知っていくことが大事です。

「デマ流し」は「暴行罪」よりも重い罪で、
「心への暴行」なのです。

平気でネットにデマを流す!?知的クリーチャーとは? – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2146525182584840901

これです。デマ流し「知的クリーチャー」。

ネットの怪物!「知的クリーチャー」とは? | 書籍編集部コラム http://www.kk-bestsellers.com/articles/-/1705 @KKBEST_officialさんから

しかし「知的クリーチャー」にはこの想像力が欠如している。次が王手になることがわか… : 平気でネットにデマを流す!?知的クリーチャーとは? – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2146525182584840901/2146525503290213203

このように、「デマ流し」は「ネットの怪物」と呼ばれているのです。ネット社会が不健全で、自殺も増えているのは、この「ネットの怪物」である「デマ流し」が1つの大きな原因です。こんなものをのさばらせておいて良いのか。もっと名誉毀損罪について厳しくしないといけないと思う。悪質すぎる。

「デマ流し」は「暴行罪」よりも重い罪で、
「心への暴行」なのです。

「デマ流しを繰り返す」ことは「暴行罪」よりももっと重い罪で、
「魂の殺人」なのです。

魂の殺人は、モラルハラスメント加害者のやることです。
デマ流し=加害者の手口です。

「デマ流し」は「ネットの怪物」というのは、大袈裟な表現ではない。的を得ている表現です。本当に怪物のようです。されたことがある人ならわかることです。ダブルバインドを使うなんて、お手の物です。削除してくれないと困るから相手に何か言えば「粘着止めろ」とすり替える。怪物そのものです。

彼らには、

「困るからやめてほしい」
「嫌だからやめてほしい」
「傷つくからやめてほしい」

これが、全く通じない。
そして、こっちを平気で悪者扱いする。

すり替えて。

本当に怪物です。

削除すればそれで解決するのに、
困りごとを解決できないようにしている。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)