アダルトチルドレンの人が育った機能不全家庭は、「問題解決」が無い、または少ない家庭。その結果、問題が増えていく家庭内で「背負わせられる人」が生まれてしまい、身代わり、犠牲となって崩壊を防いでいます。必要なことは「問題解決」

アダルトチルドレンの人が育った機能不全家庭は、「問題解決」が無い、または少ない家庭。その結果、問題が増えていく家庭内で「背負わせられる人」が生まれてしまい、身代わり、犠牲となって崩壊を防いでいます。必要なことは「問題解決」

アダルトチルドレンの人が育った機能不全家庭は、「問題解決」が無い、または少ない家庭です。その結果、問題が増えていく家庭内で「背負わせられる人」が生まれてしまい、身代わり、犠牲となって崩壊を防いでいます。必要なことは「問題意識」を持って「問題解決」に取り組むことです。

問題意識というのは、「過去記事(https://bright-ms.net/post-10691/ )」でお伝えしたように、「問題を見抜いて問題を認識し主体的に問題解決しようとする意識」のことです。問題を認識できれば、不幸になることを回避しやすくなります。問題に気づけないと、知らない間に、その問題が大きくなってしまう。

僕自身、機能不全家庭で育ち、問題意識がまったくなかった頃、「問題だらけ」になってしまって、どうすることも出来ない状態になったことがあります。心の中もぐちゃぐちゃで、未処理未消化の感情も多かったので、次から次へと問題が起こっていました。だからこそ「問題解決」が大事だと確信している。

家庭内で「背負わせられる人」が生まれ、身代わり、犠牲となって崩壊を防がないといけないのは、機能不全家庭だからです。家庭が健全なものとして機能すれば、身代わり、犠牲は不要です。なので、家族全員が「問題意識(自分の立場としての)」を持つことがとても大切なのです。問題解決は幸せの道。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
アダルトチルドレンの人が育った機能不全家庭は、「問題解決」が無い、または少ない家庭。その結果、問題が増えていく家庭内で「背負わせられる人」が生まれてしまい、身代わり、犠牲となって崩壊を防いでいます。必要なことは「問題解決」
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アダルトチルドレンの人が育った機能不全家庭は、「問題解決」が無い、または少ない家庭。その結果、問題が増えていく家庭内で「背負わせられる人」が生まれてしまい、身代わり、犠牲となって崩壊を防いでいます。必要なことは「問題解決」

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)