人間嫌いや、人を避けてしまう自分を否定する必要はない

人間嫌いの人は「武器」を持つ、または、増やさないといけない。いつからか「武器」を持たないことが良いと勘違いを起こしている場合がある。それが人間嫌いに繋がっている。「社会に適合しようとすることで病んでいく人たち」がいることから考えてみて「社会に適合することが必ずしも必要ではない」という視点もあります。 「社会不適合で、静かに細々と優しく生きる者」と「社会に適合しながら隠れて人を破壊する者」を考えれば不適合も悪くないと思いますよね。

人間嫌いや、人を避けてしまう自分を否定する必要はないです。その状況を選んだのは紛れもない自分です。自分が選んだならそれなりの理由があるんです。自分の生存のために自分が大切だと選択したこと。それを信じることから次の道が見えてきます。

僕も、過去に、「人間嫌い」になりました。人間が嫌で嫌で、関わりたくない思いがとても強くなった。それは子供の時から人間の汚さ(悪い人たちの世界)ばかりを見て育ってきて、「みんなそうなんだ」という「認知の歪み」があったからです。この歪みが減ってくると人間嫌いも軽くなっていきました。

本当は、全然違うのに、認知の歪みによって「みんな汚いんだ」とか「どうせ陥れてくるんだ」とか思い、悲観的になってしまうこともあります。大切なことは新しい視点を手に入れること。サヨナラ・モンスターの取り組みは「新しい視点」を手に入れることも含まれています。歪みが修正されていく。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)