今日は両親に会ってきて「ごめんね」と「ありがとう」を伝えてきた。

過去に、僕自身未熟だったのもあり、親を恨み、親に徹底して怒りをぶつけたことがあります。色々と嫌なことがあったのは事実です。しかし、僕自身もたくさん迷惑をかけてきて酷いことを親にしてきました。親とは仲直りはしていたのですが、過去に僕が吐いた言葉が、きっと親の心に刺さっているのだと思い、恐怖はそれを取りに行きました。

子供たちを育ててくるのに、どれだけ大変だったか、僕は以前よりもそれが理解できるようになりました。なので、そのことを伝え、過去に酷いことを言ったことを謝ってきました。他にも色々なことを伝えてきました。そして、両親は笑顔になり、良かったと、母親は泣いていました。

過去に浴びせてしまったマイナスな言葉の1つが取れたようで、僕も、心が楽になりました。まだまだ取っていくことがあるのがわかっていますので、1つ1つ、親の心を軽くしていきたいと思っています。自分なりの過去の清算をしていこうと思いました。「ありがとう」の気持ちが以前よりも、また増えてきています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)