SNSを再開したけどまたやめました!精神衛生上悪いどころか犯罪に該当する可能性のある者に巻き込まれました。

773 views
約 23 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧

※この記事は、思ったことをどんどん付け足していっているので読みにくいと思います。事件が終わってから記事を修正していこうと思っています。

SNSを再開したけどまたやめました!(事件解決までは一部のアカウントでの発信は行う)
精神衛生上悪いどころか犯罪に該当する可能性のある者に巻き込まれました。

以前、上記の記事で「SNS」をやめたことをお伝えしました。
しかし、「サヨナラ・モンスター」を販売し、
このアカウントで細々とやれば精神衛生上悪くないかなと思って再開してみたのです。

そしたら、今回は相当ヤバイいのが近寄ってきました。
詳しいことは(https://bright-ms.net/post-14229/)にまとめています。

そして、これは行き過ぎていて犯罪行為だと思ったので
弁護士さんに質問をしてみました。

1人目の弁護士さんからのご返答は「○○○○罪になるでしょう」とのことでした。
2人目の弁護士さんからは「○○○○罪に当たる可能性があります。」とのご回答を頂きました。思っていた方向性でのご回答でした。

原点は、向こうが勝手に僕のツイートを変な話題に勝手に繋げていたことから始まったのです。本当、いい迷惑です。

犯罪行為に該当するであろう異常な行為に巻き込まれ、
デマを流され話を作られていく過程に「恐怖(畏怖)」を感じていますので、
ツイッターで発信を続けることは危険なことだと判断致しました。

このような理由で、SNSを再開したけどまたやめました!(当分の間、ツイートはお休みします)

なんで、あんな色々な欺く手口を使ってまでも、人をどうにか支配しようとするのでしょうね。しかも犯罪行為に該当するであろう異常な行為まで行って。怖いですね。

このような手口を使われ続けて自殺してしまった子供たちもいますので、皆様も「デマ流し」には十分ご注意下さい!許す必要はありません。

ダブルバインド

個人的なことを言えば、僕は大の宗教嫌いです。子供の時から、そういった支配の中。生きてきて、たっぷり洗脳されたことがあるから二度と関わりたくないと個人的には思っています。だけど、人それぞれなので、僕は他人の信仰に口出すことはありません。自由ですので。正解なんてないから。

最も嫌なものと結び付けてデマを流す。これは、とても嫌なことで、向こうが解決できないようにしているのでとても困っています。まずは、相手からお電話を頂ければ解決に近づくと思いますが、匿名を隠れ蓑にして悪いことをしているので、解決することが出来なくて困っているので、相談をしてみました。

まるで、「ダブルバインド(二重拘束)」が得意な相手、という感じです。 ダブルバインド(二重拘束)で心に溜め込む仕組みを作られている人は気づこう!統合失調症患者はダブルバインドの被害者の可能性もある。

今回の、デマ流しの嫌がらせは、 「溜め込む仕組みを作られている」と感じるやり方です。 溜め込む仕組みは、ダブルバインドというコミュニケーションパターンで作り出されることがあります。これは、虐待者や毒親も使うことがあります。

ですので、僕は、溜め込まないように、このように1つ1つ、事実を整理して、問題解決に近づけていけるよう空き時間を使って、情報発信と、他の整理をしています。このような整理をすることで、溜め込まないように出来ます。

ダブルバインドの例「”わかりやすく喩えると、親が子供に「おいで」と(言語的に)言っておきながら、いざ子供が近寄ってくると逆にどんと突き飛ばしてしまう”

引用元()」

 

犯人が、気持ち悪い話題にサヨナラ・モンスターのツイートのスクショを貼って勝手に話題に混ぜておきながら、いざサヨナラ・モンスター側が迷惑なので相手に近寄っていくと逆に「すり替え」で突き飛ばしてしまう。まさに「ダブルバインド」を使っています。どうすることも出来ない仕組みにしている。

「ダブルバインド」を使っていることもわかりましたね。彼は今、ダブルバインドを使って、ツイッターの固定ツイートを悪用し、匿名を隠れ蓑にしている。一体、どんな顔をして、どんな仕事をしているのか。個人的には、やけに心理に詳しい者だなと感じている。

こっちは困っているのだから、普通にデマ流しをやめてくれて、こっちに近寄らないでくれればそれで良いのに、こういった「問題解決」を出来ない状況にしている。彼の「目的」は、人を傷つけることだと思いますね。こちらは「問題解決」が「目的」です。

Aさん:サヨナラ・モンスターを使ったけど何の効果も感じない! (何の問題もありません。販売側が更に努力するためのありがたい声) これは、欺いての業務の妨害でも何でもない。参加された方のとても貴重なお声です。商品への評価です。 今回の件は、参加してもいない者によるデマ流しです。

知らないから怖い、詳しく知ることが大事

あっ、もう1つ。「恐怖」というのは「知らないから怖い」のです。つまり、知ってしまえば恐怖は減っていきます。では、今回の「匿名によるデマ流し」に「恐怖」を抱いた僕らはどうすれば恐怖が減るか?そう、「詳しく知ること」と「問題解決」です。ツイートは当分お休みします。メルマガに移行。

ツイッターのサヨナラ・モンスターアカウントは当分お休み

ツイッターのサヨナラ・モンスターアカウントに対し犯罪に該当する恐れのある行為を繰り返している不審な者がいますので、ツイートは当分お休みすることをお伝えしましたが、僕の発信を楽しみにされている方も多くいます。約2000人が購読しているメルマガのほうで情報発信をしています。記事下部から購読可能です。

「デマ流し」を行なった「匿名」の「皮」に対し「問題解決」を開始します。

それでは、「デマ流し」を行なった「匿名」の「皮」が剥がれるかどうか。「サヨナラ・モンスター」のツールを使って、整理して、「問題解決」していきたいと思っています。「皮」が剥げたら、その下に何があるのかを「確認」しに行きたいなと思っています。それでは「メルマガ購読」よろしくです☆

今回の件は、酷すぎる事件です

今回の件は酷すぎる事件です。「サヨナラ・モンスター」は僕の過去の苦しみ、そして6年もの集大成、更に「参加者の人たちの苦しみが減ってきたプラスな気持ちの変化で成り立っている商品」です。それに対し、デマを流し、すり替え、とんでもないことをしていました。つまり、人の心を根底から踏みにじったのです。

絶対に許さない。許す必要がない。
どこの誰かもわからない匿名が、
商品、実名に対してデマを流布したのですから。
悪意がないのなら、
わざわざ何度も何度も繰り返し特定情報を記載する必要はないでしょう。
これは悪意があると判断しました。(公然の場で悪影響を出そうとしていると思った)

1人目の弁護士さんの目から見ても、行き過ぎていると見えるレベルです。

「問題解決」を開始しますので、これは長期的に時間がかかってくることです。

解決へ向けて進めます

今回の件は酷すぎる事件です。「サヨナラ・モンスター」は僕の過去の苦しみ、そして6年もの集大成、更に「参加者の人たちの苦しみが減ってきたプラスな気持ちの変化で成り立っている商品」です。それに対しの悪質な行為です。この問題は「実名同士」で解決する必要があります。解決へ向けて進めます。

ツイッターのアカウントは、既にお伝えしているように「サヨナラ・モンスター」に関しての内容はお休み致します。このアカウントで発していく内容は「実名同士」で解決する必要があるため、基本、その「進捗状況の報告」となります。宜しくお願い致します。

既にお伝えしているように、当アカウントは「サヨナラ・モンスター」に関しての内容はお休み致します。当アカウントで発していく内容は、今回の事件は「実名同士」で解決する必要があるため、基本、その「進捗状況の報告」となります。

宜しくお願い致します。

相手が書き続けた数々の「デマ」が、「デマ」なのか「事実」か、明らかにしていかないといけませんね。僕の中では明らかなことですが、今まで参加された方たちの心を「汚い足(嘘)」で踏みにじったのですから、その足が、どんな顔についているのか、実名同士で解決に向かわないといけません。

今回の事件の簡単なまとめ

今回の事件の詳細を知らない方のためのまとめておきます。

1、「サヨナラ・モンスター」に対してのデマが書かれていた。
2、正しく問題解決をするために「電話番号」をお聞きして解決しようとしたら脅迫とすり替える。⇒ 証拠
3、デマを信じる人が出てきたら悪影響が出てきて困るので相手に「嫌な気持ち」になっていることを伝えた。⇒ 証拠
4、「2」や「3」に対して、脅迫された、粘着されたなどと話を作り出してすり替える。⇒ 証拠保全
5、相手が解決できない状況を作っていて、どうすることも出来ない状況 だから「法的手段」を決断しました。 

全て証拠があります。 証拠がある事実です。

これから、長期的な問題解決へと進めていきます。

このような不当な攻撃に対しては、放置しておいてはいけません。これは心への攻撃です。()にあるよう、とても大切なことです。この「事件」の進捗状況を、今後も報告していきます。

発信者情報開示請求権

少し前に、匿名を隠れ蓑にしている者が「サヨナラ・モンスター」に対して「不法行為」を仕掛けました。こういった不法行為に対して「反撃」を開始することが大切です。日本の法律は、ネットにおける不法行為により損害が発生した被害者に「健全な反撃方法」を与えてくれています。それを使いましょう。

「健全な反撃方法」は「健全な問題解決法」であり、「大人の解決法」です。その1つが、「発信者情報開示請求権」です。匿名を隠れ蓑にして高を括っていても、書き込んだ人物を特定するための手続きがあるのです。裁判所が認めれば、実名などが開示されます。そのための請求権が我々に与えられている。

僕は、実名も住所も公開している。相手は実名も住所も公開していない。今回の不法行為、相手が自分の実名や住所を公開していたとしたら、ソレを行ったか?行うことはなかったでしょうね。匿名を隠れ蓑にして、高を括っているから出来たことだと思います。「匿名」は不法行為をするためのものではない。

嫌がらせの隠ぺい部分を明らかに

「”「モラル・ハラスメント」が成立するためには、「いやがらせ」が行われると共に、それが隠蔽されねばならない。「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」とが同時に行われることが、モラル・ハラスメントの成立にとって、決定的に重要である。”」

引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88)

こちらは、有名な「モラルハラスメント – Wikipedia」からの引用ですが、引用文章にあるよう、これが本当のモラルハラスメントです。今回、サヨナラ・モンスターが受けた嫌がらせ、そこに何が隠蔽されていたか。周囲が気がつきにくい隠蔽はどこにあったか。明らかにしていきましょう。

今回の事件は法的手段しかないけど、それは相手が選んだことです。

「今回の事件はどうするの?」とご連絡を頂きましたが、既にツイートしてあるように「問題解決」へと進めています。事件の相手がこちらの印象が悪くなるようなことを発しており、話し合いも拒否して匿名を隠れ蓑にしているので、残念ですが「法的手段」での解決になります。相手が選択したことです。

こちらの事件に関するツイートも役立つことがあるかと思いますが、進捗があった際に報告する程度にします。(平気で嘘をつく者のことを考える生活は時間の無駄なので) それよりも「サヨナラ・モンスター(心の整理・成長)」に関するツイート希望とのことでしたので、そちらを発信していきます。

簡単な流れとしては、 1、ツイッター社から事件の相手のIP開示 2、発信者情報開示請求 (ここで開示されると事件の相手の実名や住所などがわかる) 3、その実名に対して今回の事件の損害賠償を求める 長い時間をかけての「問題解決」となります。 ですので、弁護士さんにお任せします。

こちらは「確かなこと」で進めていくものですから、「嘘」は通じません。とても良い方法ですし、大人の健全な問題解決の方法です。僕の目的は「事件の問題解決」ですので、結果が出たら結果をサラッと公表する形にしたいと思います。宜しくお願い致します。

僕は、この事件、「法的手段」以外の解決をしようと、お伝えもした。それでも聞かずに話を作っていたので、別垢からも促してあげた(優しさ)。別垢からなら悪事を認めてやめるかと思ったのですが、それも無視して話をまた勝手な作り出していた。一生懸命、お互いにとって良い解決をしようと尽力したけど、相手はそれでも作り話をしながらおちょくっていた。僕はあらゆる手を尽くして法的手段以外の解決をしようと頑張りました。向こうが普通に誠実に対応すれば話し合いで終わった話です。

今回の件は、相手に悪意がなければスムーズに解決できた内容です。すべてをすり替えおかしな話を作りながら、自分は被害者ですと、こちらの印象が悪くなるように迷惑なことを書き続けていた。あれは表現の自由ではありません。こちらは当然困るので「やめてくれ」と伝える。すると「都合の悪い書き込みを消させようと」「脅された」などと、そんな事実は1つもないのに話を作り出していた。

相手は隠れながら一方的に攻撃をしてきた

「匿名」…自分の名前を隠している人 「実名」…自分の名前を隠していない人 「匿名」が「実名」の名誉を毀損するのは犯罪です。 「実名」が「匿名」の不法行為に反撃するのは何も問題ない。 「実名」は「匿名」を傷つけることさえ出来ない。 何故なら、「誰か」さえも全くわからないから。

<<下に続く>>

つまり、今回受けた嫌がらせに対し、反撃をしても、こちらは一切、相手を傷つけることが出来ない状況です。「匿名」=「誰かわからない」=「空気のようなもの」だから。しかし、相手は違う。すべての攻撃をこちらに効かせることが出来る。何故ならこちらは「実名」で、誰でも特定出来る状況だから。

相手は、隠れながら一方的に攻撃し続けている状況です。見えない何処かから石を投げているようなもの。そして、こちらはその者を見ることさえ出来ない。相手は「匿名」だから。一方的におかしな話を流布されていて、それさえも「都合が悪いことを消させようとしている」とすり替えている。

不法行為に該当するであろうレベルのことをされていて困っているからやめて下さいと伝えたことさえも、「都合が悪いことを消させようとしている」と、まるで僕が悪人に見えるような書き方をしている。どうすることも出来ず困っていたので、弁護士さんのお力をお借りして問題解決をしようと決断しました

公然の場で、「デマ」を使って、周囲の者が「サヨナラ・モンスター」に悪い印象を持ったり、不信に思うような「心証誘導」が行われていた。これは、周囲がなかなかわからないレベルで行っているので、集めた「証拠」を元に、法的手段での解決が、自分や、みんなにとっても良い方法だと判断しました。

この意味がわかれば、今回の件は、僕が「一方的に攻撃をされ続けた側」ということが理解できるかと思います。一生懸命制作した表現の1つ「サヨナラ・モンスター」は「実名」とセットで公表しています。そして相手は自分の名前を隠している人です。隠れて石(嘘を混ぜる)を投げてきているのです。

匿名の悪用はよくない

「匿名」は、本来、守られるべきためにあるものですよね。声を上げられない人たちが声を上げるためだったり。それを悪用して、今回のように、人を傷つけるための道具にして不法行為をして、相手が悪いとすり替えていくためにあるものではない。「匿名の悪用」はよくないと思います。

松本人志が匿名の悪用に苦言「匿名は良い行いをするときに使うのですよ」

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/9851032/

松本人志さんのこちらの考え、素晴らしいなと思う。良いことをする時にこそ匿名。「かっこいいな」と思います。

本当にそう。匿名で石を投げてきて、挑発してきて、こちらが反応したら、全部すり替えていく。たぶん、大騒ぎにしたいから解決できない状況を”わざわざ”作り出していたのでしょう。静かに、ゆっくり解決していくことが大事だなと、改めて思いました。「文章には品格が出る」← 納得です。

モヤモヤしたものをハッキリさせたい

僕は自分のためでもあるし、周囲の人にもプラスになると思い「周囲に人からすれば事実確認が出来ないモヤモヤする話」に「光」を照らすことがとても大切だと思ったのです。「証拠(事実)」で進めていく裁判ならば、誰もが納得出来る確かな結果になりますので。「裁判」=「光を照らす」です。

見ている人の中には「どっちなんだろう…?」と思いながら「モヤモヤ」している人もいると思います。僕自身も最初はとてもモヤモヤしました。ですので、そのモヤモヤを取り除く唯一の方法として、「開示」からスタートするしかありませんよね。「嘘」を除去して「事実」のみで。

2019年3月18日「印鑑登録証明書」を取りに行く

今回の事件の「問題解決」を委任するために必要になる「印鑑登録証明書」を取ってきました。1歩1歩、問題を解決するために、確かなことを進めていきたいと思います。

今回の事件のように、「モヤモヤ」を相手が作り出してきて解決できない様にされた場合は、そのモヤモヤを解くために「確かな一歩」で進めていくことが大切です。少しずつ、解けていきます。解けていくとスッキリしてきます。今回の事件は、かなりモヤッとしました。

モラルハラスメントの加害者が名誉毀損を行うこともある

見てわかるように、「暴行罪」よりも「名誉毀損罪」のほうが罪が重い。名誉毀損とはその場だけの問題ではありません。ネット上ならば、書き込みが残ります。その残ったデマの書き込みを今後も信じる人が出てきてボディブローのようにジワジワと悪影響が出てくるケースもあるのです。

この意味がわかってくれば、なぜ「名誉毀損」をされた子供たちが自殺することがあるか。そして周囲は「それくらいで?」と軽く見るか?それは嫌がらせが「隠蔽」されているからです。「名誉毀損」は、水面下に潜っている精神的な嫌がらせのごく一部に過ぎない…、場合もあるのです。

”「モラル・ハラスメント」が成立するためには、「いやがらせ」が行われると共に、それが隠蔽されねばならない。「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」とが同時に行われることが、モラル・ハラスメントの成立にとって、決定的に重要である。”

引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88)

こちらの引用文章は、「モラルハラスメント – Wikipedia」に記載があった、東京大学東洋文化研究所教授、安冨歩さんの言葉だそうです。僕は「名誉毀損」は、「隠蔽されたモラルハラスメントの加害者の痕跡を残してしまった(加害者の失敗)」の場合もある、、と考えています。

相手は匿名、こちらは実名

今回の事件、僕側からすると相手は「特定することの出来ない匿名」。匿名ですから当然、僕からは一切傷つけることも出来ないのです。相手が誰かわからないのですから。しかし、僕は特定される個人です。ここが全く違うのです。つまり、匿名が傷つけられたと主張(妄想)しても警察は相手にしません。

自分の成長にもなると思う

今回の事件、僕自身も何か変わらないといけない部分があるはずです。起こる問題は自分の内側にも、「何か」あります。ただ、自分でもソレが何かわからないので、正しい問題解決へと進めていく過程で気がつけるかもしれない。1歩、成長できると思うので、良い選択だったと思います。

警察に相談して弁護士さんに依頼しました。

今回の事件(公然の場でデマ流しをされた)は、2019年3月6日にサイバー犯罪相談窓口に相談したら地元の警察に相談しに行って下さいと言われ、地元警察に9日に相談済み。そして弁護士さんにも既に依頼済みです。何処までもすり替えていく手口、本当に驚きました。

少しずつ歪曲しながら、ひっくり返していく手口

被害を受けたのは僕なのに、まるで自分が被害に遭っているかのように吹聴し、そしてまるで僕が悪いことをしているかのように思えるような内容を繰り返し発する。今回の件で、「洗脳」がどのように起こっていくか、よくわかりました。「少しずつ歪曲しながら、ひっくり返していく手口」でした。

そして、今回の「少しずつ歪曲しながら、ひっくり返していく手口」を実際に受けてみて「恐怖」を感じました。恐怖は「知らないから怖い」ので、この恐怖を減らすために「弁護士さんに依頼をした」のです。そして結果が後で出てきますので、「確かなことを知る」ことになり、それで恐怖は減ります。

「他の人の目は誤魔化せても、僕の目は誤魔化せないぞ」、ということ。「誤魔化す」というのは文字通り、「誤」を使って、悪「魔」の手口かのように、「化」けさせる。ということ。つまり「事実の歪曲を使って繰り返して印象操作する」のは、とっても悪い手口なのです。

隠れている匿名から、精神的な嫌がらせを受け続けたことがある人なら、(http://rapt-neo.com/?p=25914)こちらの有名なブログの記事に書いてあることがよくわかるでしょう。現実的視点のあるレベルの高いブログです。

こっちが困ること(デマ流し)を相手がする。迷惑だから嫌がっていることを告げると「粘着された」「脅迫された」「都合が悪いからって消させようとしている」と、すべてこちらが悪になるようにすり替える。これは「恐怖」です。次から次へと処理しきれずに嘘が創られていく。だから法的手段しかない。

法的手段に出れば、ハッキリとした答えが出ますので、スッキリして問題解決へ繋がります。とても健全な解決方法です。全く分からないのは、何故、あんなにも「すり替えるか」「印象操作をするか」、なのです。答え出さないと納得が出来ません。

【ネット事件の進捗報告】2019年3月22日

信頼できる弁護士さんとの契約も完了し、本日より事件処理に着手して頂けるとのこと、少し、ホッとしました。

「名誉毀損」は魂胆が丸見え

「名誉毀損」なんて、他の人たちに「思い込み」を植え付けようとしている魂胆が丸見えなんですよね。そうじゃないのなら「公然の場でデマ流し」をする必要がないのです。何か話があるのならDMやメール、なんだって公然の場以外での連絡手段はある。悪意ある目的が丸見えなんですよ!非常に迷惑。

「名誉毀損」の悪質さが理解できる人が増えてきています。ソレと同時に「名誉毀損」と「ハラスメント」の関係を知る人も増えていくでしょう。名誉毀損とは何か、について詳しく知れば、それが如何に人を傷つけるものか理解できます。似ている信用毀損罪は「危険犯」です。

次から次へとすり替えて相手を悪者扱いする者ならば、訴えられたら「スラップ訴訟」だと捻じ曲げていくでしょうね。例えば僕の場合でも「スラップ訴訟」ではないのです。僕自身「強者」ではなく、非常に困っている「弱者」ですので。成立すらしないのです。本当に困っていたからこその訴訟ですから。

確かな証拠を集めていくことが大事

ネットで、名誉毀損等の犯罪行為や、嫌がらせを受けた場合、「証拠」を取ることが必要ですが、「単なるスクショ」では証拠にならない場合があります。「証拠になるスクショ」である必要があります。今回僕が取った数々の証拠を弁護士さんに聞いたところ「証拠になります」と、お返事を頂きました。

今回「サヨナラ・モンスター」が受けた嫌がらせ(デマ流し)ですが、突然こういった嫌がらせを受けた時に最も大事なことの1つが「証拠保全(ben.li/libel/evi.html )」です。僕も嫌がらせを受けた時の証拠を保全しました。正しく確保できました。

「証拠」として集めていたものは合計29個あります。こういった嫌がらせを受けている最中は、心が苦しかったりしますが、それを堪えて、忍耐して、冷静になり、1つ1つ証拠を取っていく。これ、本当に大切です。自分の心を守るのは自分です。確かな証拠を集めていくことが大事です。

わかります?突然全く知らない者から意味不明なことを言われる怖さ。「は?あんた誰?何言ってるの?」と驚いて反応したら、脅迫された、粘着されたとか、おかしな話にする。だから、別アカウントから優しく伝えてあげても、意味不明なことばかりを言って話も出来ないほど。裁判以外の解決法は無い。

心の苦しみや恐怖を減らすにも、「サヨナラ・モンスター」でお伝えしているよう、1つ1つクリアしていくことが大事なのです。これがわからなかった頃は、本当に苦しかったです。問題解決が出来ず、問題が山積みになっていき、自分で自分を苦しめていました。「細分化」して「解決」が大事です。

今回受けた嫌がらせに対して、こうやって冷静に1つ1つ問題解決に向けて進めていけるようになったのは、過去に散々、「嘘」による嫌がらせを受けて育ってきて、酷いトラウマ(障害)になったからです。それを「成長」に繋げたい。そんな思いが、確かな証拠を集めていけるような成長に繋がりました。

最近は、PTSG(Post Traumatic Stress Growth=心的外傷後ストレス成長)という言葉を目にすることが増えました。「PTSD(障害)」にするか、それとも「PTSG(成長)」にするか、これは自分次第なのです。トラウマは心の成長の種です。これは間違いありません。実体験を通して確信しています。

今でも、過去の心の傷が残っています。残っているからこそ、敢えて向き合っているのです。相手は巧妙にすり替えていました。僕は、ずっとあのように口達者ですり替える者が恐怖だった。そう、「知らないから怖い」のです。だから知る努力をしています。それが「成長」に繋がると確信しているから。

悔しや、悲しみ、腸が煮えくり返るほどの怒りもある。当然、ストレスも感じ、頭痛もする。人間ですから当然、こういった気持ちがある。だけど、その「感情」を「そのまま出さないことが大事」なのです。心理学三大巨頭の1人アドラーが言うように「感情は燃料」。問題解決のための燃料にすればいい。

今回「サヨナラ・モンスター」が受けた嫌がらせ(デマ流し)ですが、突然こういった嫌がらせを受けた時に最も大事なことの1つが「証拠保全(ben.li/libel/evi.html )」です。僕も嫌がらせを受けた時の証拠を保全しました。弁護士さんからは「証拠になります」と言われ、正しく確保できました。

弁護士さんからツイッターに対し「発信者情報開示仮処分命令」の申し立てをする

今回のネットで嫌がらせを受けた事件ですが、まず、弁護士さんからツイッターに対し「発信者情報開示仮処分命令」の申し立てをするとのことでした。仮処分が認められるには「被保全権利」「保全の必要性」の要件を満たす必要があるとのこと。僕的には十二分に満たしている事件だと思ってます。

僕が困っていたのは、相手が「デマ流し」を公然の場に書き、その内容を周囲の者に見せることで、信じる者が出るのは当然のこと。つまり僕の社会的評価が低下することを書かれたのです。強い悪意を感じます。そして向こうは解決できない状況を作り出したのでやむを得ず弁護士さんに相談しました。

誰でも自分のことについて明らかな「虚偽の書き込み」をされたら「迷惑だからやめてください」と言いますよね。それを言うと「脅迫された」「粘着された」と次の手(悪人扱い・印象操作)が出てきます。更には「都合の悪い書き込みを消させようとしている」と次の手。法的手段以外の解決はありません。

何やら、複数アカウントがどうとか「どうでもいいこと」を言っていますが、そんなことは何も問題でもないのです。問題はただ1つ。シンプルです。【特定の対象に対して社会的評価を低下させる虚偽の書き込みをして不特定多数の者に閲覧させた】ということが問題なのです。これは「不法行為」です。

間違い:閲覧させた
修正後:閲覧させ続けている

僕は、これに対して頭にきて怒っているのです。「怒りの感情」が出てきました。だけど怒りの感情をそのまま出すことはよくない。心理学三大巨頭の1人アドラーは「感情は目的達成のための燃料」だと言った。だから、この感情を燃料にして「問題解決(明らかに)」へと進めています。

「名誉毀損」は、街中で、自分の顔写真、実名、住所などを晒され、更に「こいつは、人を殺している悪人です!」と虚偽情報まで記載されていて、それを見ている人が信じるように書き、それをやめてもらうことが出来ない…という感じの「犯罪」なのです。非常に悪質な犯罪です。

【暴行罪】
法定刑
2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

【名誉毀損罪】
法定刑
3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金

この通り、
「暴行罪」より、「名誉毀損罪」のほうが罪が重い。

「名誉毀損をされた」ということは、「暴行よりも酷いことをされているよ」、ってことです。黙っているほうがどうかしています。暴行よりも酷いことを受けているのに黙っているなんて、自分で自分を虐待しているのと同じようなものです。大きな声を上げればよいのです。騒いだっていいでしょう。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)