炎上させようとする者はサイコパスに多い。サイコパスは誰かを洗脳して「駒」にする。

あと、炎上させようとする者はサイコパスに多いと言われています。そのサイコパスの正体を知りたいのなら、今、僕らの事件について、裏で、ああでもない、こうでもない…と、赤の他人なのにも関わらず、1番騒いでいる者をご覧下さい。おそらく、その周辺に隠れています。「匿名垢」で。

で、このツイートの日時の少し後から、微妙に話を逸らしだしている者、それは個人的に「怪しい者」だと思います。僕らの事件は、僕と相手だけの問題です。そこに赤の他人が、裏で、ああでもない、こうでもない…と、騒いで他の誰かに吹聴しているとしたら…、それが「企んでいる者」の可能性が高い。

そして、何年間も被害を訴えている。リンクも無ければ、何処の誰かもまったくわからない「匿名」。そして「問題解決」に進めることもないまま、永遠の被害を主張している。おかしいと思いませんか。何年間も被害を受けているのならば普通、耐えられないので「裁判」など、何か問題解決へ移るかと。

だけど、これは「事実確認」が出来ないものですから、鵜呑みにすることは絶対にしないで下さい。ただ、僕が個人的に勝手に思っていることですので。

1、(https://twitter.com/s_monster369/status/1106717833986138112)
2、(https://twitter.com/s_monster369/status/1106775417090797568)

1~2の流れで、微妙に話を逸らしだしたとしたら、何故、このタイミングで?と思いますよね。それまでの勢いはどうしたの?と。
・・・
当事者ではない「赤の他人」が騒ぐと、おかしな話になります。

サイコパスは「ゲーム」が好きなので、SNSに身を潜めて、フォロワーさんに「事実確認が出来ない誰かの噂話」を「繰り返し」吹き込んでいます。そして「思い込み」が徐々に作られていき、一番鵜呑みにした者が噂話を信じて、ターゲットに攻撃するように仕向けることが得意。洗脳して「駒」にする。

以前、別アカウントに、いきなり「コイツ猫もやってるな…」なんて全く知らない赤の他人からリプが送られたことがあった。恐らく、サイコパスのような者がおかしな噂話を流しているのでしょう。よくも猫好きの僕にそんなこと言いやがって、と思いましたよ。うちは保健所から引き取った可愛い猫が健在。

ゲーム感覚で遊んでいるサイコパスに簡単に洗脳されていく者に問題があるのです。「確認」もなしに「鵜呑み」にしたのですから、それは思い込んだ者の責任で、サイコパスの責任ではありません。未確認情報を鵜呑みにして信じ込んで行動に移す。これは愚か者のやることです。裏社会でも通用しない。

相手がもし、悪意ではなく「だって〇〇さんが言ってたんだから!」なんて言い訳をしたとしても、それは、その〇〇さんに騙され、鵜呑みにして、それを行動に移してしまった「本人の責任」です。

ゲーム感覚で遊んでいるサイコパスに簡単に洗脳されていく者に問題があるのです。「確認」もなしに「鵜呑み」にしたのですから、それは思い込んだ者の責任で、サイコパスの責任ではありません。未確認情報を鵜呑みにして信じ込んで行動に移す。これは愚か者のやることです。どこの世界でも通用しない。

そして、この僕らの事件について、裏で、ああでもない、こうでもない…と、赤の他人なのにも関わらず、1番騒いでいる者が「繰り返している情報」を、よくご覧ください。それが「刷り込み」です。「思い込み」を植え付けて、駒にしようとしているのです。そして熱くさせて「信者」にしてしまうのです。

そして、熱くなった駒(信者)が勝手に暴走すれば、その者に責任追及がいくのです。それは、未確認情報を消化せず、鵜呑みにして、信じ込んで、勝手に行動に移した者の責任です。当然、サイコパスは捕まらない。舌をペロッと出してほくそ笑んで次のゲームへ移ると思いますよ。鵜呑みは危険なことです。

例えば、人気記事「「サイコパス」が潜んでいる確率が高い10の職業 | ライフハッカー[日本版](https://www.lifehacker.jp/2016/08/160826psychopath_job.html)」によると、「”ある研究によると、人口の約5パーセントがサイコパス的な傾向を示しているそう”」と。サイコパスは普通に身近にいる、と言われています。気づかないだけで。

勘違いしてはいけないのは「サイコパス」=「悪人」ではないということ。犯罪を犯さない健全なサイコパスもいると言われています。「サイコパス」が「悪人」になった場合は、普通の人よりも怖い、ということです。昨今では「サイコパス差別」がSNSで目立ちますが、あまりよくないと僕は思います。

「サイコパス・インサイド―ある神経科学者の脳の謎への旅」の著者である神経科学者のジェームズ・ファロン氏は、サイコパスについて調べていたら、自分がサイコパス脳の持ち主であることが発覚したのです。

サイコパスでも、自己愛性人格障害の人でも、犯罪を犯さずに生活することは可能なのです。特に、自己愛性人格障害の人は煽られて怒りやすいので、その部分を紐解いていき、「瞬間」を特定し、それに対しての「対策(成長)」が必要です。

力関係で表すと、
(1が強く、3が弱い。)

1、サイコパス
特徴:恐怖がない、冷静沈着、ガスライティングを指示できるほど

2、ソシオパス
特徴:恐怖がある、冷静沈着な人も多い、ガスライティングを使う

3、自己愛性人格障害の人
特徴:恐怖がある、すぐに怒る、ガスライティングは使えない

引用元の臨床例の部分に記載されていること。

「”心理学者のマーサ・スタウトは、ソシオパスはよくガスライティングの手法を使うと述べている。”」

引用元:ガスライティング – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)

「ガスライティング」って何?という人は「ガスライティング – Wikipedia」も読んでみて下さい。を読むと、簡単に理解できます。とてもわかりやすく書かれています。

「わざと誤った情報を流し」というのは「デマ流し」ってことです。心理学者が言っているようにソシオパスはガスライティングをよく使う。ガスライティングの一部は「デマ流し」をするということです。

知らなければ防げません。しかし、知っていれば防ぐことは可能です。人間らしく生きていくには「学習が必要」だと僕は身をもって知った。ですので、出来るだけ「知る」を増やしていきたいと思い、サイコパス、ソシオパス、などについても学んでいます。少しずつわかってきている。

サイコパスやソシオパスは「紛れる」ことがとても上手です。偽被害を発信し続けて被害者に成りすまして紛れることもあります。そして被害者たちを熱くさせて騒ぎ立ててターゲットを攻撃するように誘導するなど。本当の敵は、味方に紛れていることがあります。仲間のフリをした敵。僕は、気づきやすい。

https://matome.naver.jp/odai/2137043088891416801

http://ure.pia.co.jp/articles/-/22529

このように、味方や友を装う敵、被害者のフリをして紛れる敵、色々な敵がいます。このような敵が「工作」して歩くので、巻き込まれた人は「モヤモヤ」が出来上がります。そして「モヤモヤ」を解かずに放置すると、モヤモヤが肥大化して、モンスターになり、問題を引き起こす元になります。

ですので「モヤモヤ(モンスター)」に「サヨナラ」することが大切なのです。明確にして、整理して、心をスッキリさせておくことはとても大切です。これをしていない人は、イライラが増え、酷くなると暴れ出します。暴れ出すほどの人は「モヤモヤ」が大きすぎるし、多すぎなのです。

ソシオパス・サイコパスと接した10人のセラピストが語る、彼らの真の恐ろしさがわかる体験談 (2018年4月23日) – エキサイトニュース

「誰かを炎上させよう!」「あいつを晒そう!」と周囲に促している者は「ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)」の「可能性」があります。こういった行為は「不法行為」になり、それを周囲に促すということは「反社会的」です。社会のルールを守りたい人は、参加しようとしません。

力関係で表すと、
(1が強く、3が弱い。)

1、サイコパス
特徴:恐怖がない、冷静沈着、ガスライティングを指示できるほど

2、ソシオパス
特徴:恐怖がある、冷静沈着な人も多い、ガスライティングを使う

3、自己愛性人格障害の人
特徴:恐怖がある、すぐに怒る、ガスライティングは使えない

サイコパス関連の色々な本にも書かれているように、「サイコパスは専門家さえも欺くことがある」ほどです。専門知識を持たない人が気づくことは少ないのです。ただ、HSPの人は勘が鋭いので「何か、おかしい…」と感じる人が多いと思います。自分の「直感」を信じることは大切です。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)