人は誰しもが「加害者でもあり被害者でもある」

140 views
約 3 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧

こちらのツイートを読んで、 とても「健全」な内容だなと思いました。 このような考えがもっと広まっていけば、 争いも減っていくのだと、思います。 そして人は誰しもが「加害者でもあり被害者でもある」。 害を加えるか、被るか、その時々で違うだけで。

「加害者を晒す」「加害者を追い詰める」、これを実行した時点で「立派な加害者」になっているのです。「加害者を正義の名の下、叩く加害者」になるのです。ですので、最も健全な解決方法としては、Kー1選手だったジェロム・レ・バンナさんが言ったことが良いと思います。

<<下に続く>>

「”バンナは「リンチを見過ごすわけにはいかなかった」「犯罪者ならリンチしていいわけではない。警察や裁判所の仕事だ。だから警察が来るまで彼を守った。彼は法によって裁かれるべきだ。単純なことさ」とコメントしています。”」引用元(http://sadironman.seesaa.net/article/453829844.html)

赤の他人によるネットリンチや、集団リンチをしている者こそが、「恐ろしい加害者」だと、僕は思います。無意識の目的に「人を傷つけずにはいられない」があるからだと。自分の怒りや恨みを赤の他人を使って憂さ晴らししているのでしょう。「匿名」を悪用して。これが新たなトラブルを生み出している。

ですから、「証拠」と共に、「事件」として扱い、警察や、弁護士さんにお任せして解決することが、綺麗に解決する方法だと思います。僕は事件の相手が開示されても、相手と同じような「実名を傷つけること」は絶対にしません。同じことをしては本末転倒です。ただ、解決したいだけなので。

過去に似たような嫌がらせを受けたことがあります。(https://twitter.com/s_monster369/status/1102772624097067008)、だけど、僕らは相手の「実名」を傷つけることは一切していません。やろうと思えば出来ることでしたが、しません。これからも。相手の「名誉を傷つける目的がないから」です。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)