「自分の考えを強く持ち続ける」こと「本当の自分の感情をしっかり感じること」、そして「学習」が大事!

何年間も色々な情報発信をしてきて、「〇〇の洗脳」について触れると、なぜか、嫌がらせを受けやすいということがわかってきました。他にも嫌がらせを受けている人らの過去の発信情報を調べると、やはり「〇〇の洗脳」について触れている人が多かった。〇〇の邪魔をするなってことかもしれませんね。

僕は、小さい頃から「宗教洗脳」を受けてきた。「命」よりも「宗教のもの」を大事にしろと育ってきた。そして潜在意識レベルで「特殊な恐怖」と結び付けられていて、中々解けなかった。本当に恐ろしいものです。離れてから10年20年苦しむことは普通のことです。非常に解けにくいのです。

「信者」は、根底にものすごい恐怖を抱えています。で、その恐怖から逃れるために、あらゆる活動をする(しなければならない)「巧妙な仕組み」があります。抜け出した僕には、もう関係のないことですから、お互いにお互いの領域へ侵入しないようにすればよいかと思います。僕は、広める気はないので。

「宗教洗脳」は本当に強烈で、抜け出して、洗脳が解けた人にしかわかりません。自分の「命」を大事にすることがすごく恐怖になります。そして、自分の命よりも「宗教のもの」を大事にする教育を受けます。殺されようが、火事になろうが、「宗教のもの」を守れと刷り込まれます。

子供の時から、こんなことばかり刷り込まれて育ったので、気が狂いそうでした。いえ、一時期は狂っていました。そして世の中を悪に見て、宗教こそが正義だと思い込まされていて、心の中は地獄の恐怖を抱えて生きていた。13歳の時は、温かい家庭を探すかのように家出をして、半年、空き家で寝ていた。

長い時間はかかったけど、心の深い部分に刷り込まれていた無数の「恐怖」は、大幅に減りました。まだまだ残っているものがたくさんありますが、大きな恐怖(前世、来世、地獄に関する無数の刷り込み)は消えました。自分の考えを強く持てるようになり、解くことが出来ました。

なので僕は「宗教」=「悪」とは思っていない。「宗教」=「魂の試練として役立つこともある」ものだと思っています。たっぷり洗脳されて、たっぷり恐怖を植え付けられて、そして、そこから自分の力で苦難を乗り越え、それらを解いていくことで成長に繋がる部分もある。自分が望むならメリットもある。

振り返って見て思うことは、酷い恐怖も、洗脳も、マインドコントロールも、「自分の考えを強く持ち続ける」こと「本当の自分の感情をしっかり感じること」、そして「学習」によって、解けて、減っている、のです。 1、強い思考 2、未処理未消化の感情を感じきる 3、学習 これ、大事です。本当に。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)