犯罪、事件、加害者、暴力団、そういったものが「社会に隠れている何か」を映し出しているのです。誰かが何かを隠蔽すると、どこかで目に見える悪事が現れます。

犯罪、事件、加害者、暴力団、そういったものが「社会に隠れている何か」を映し出しているのです。誰かが何かを隠蔽すると、どこかで目に見える悪事が現れます。「嘘」「隠蔽」、これは思っているよりも悪影響が大きいのです。【宝島社企業広告】「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」は納得。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000795.000005069.html

「”嘘つきは、戦争の始まり。”」とありますが、最初は「嘘つきは泥棒の始まり」です。そして、詐欺、強盗、ハラスメント、虐待、最後には戦争にさえ繋がるのが「嘘」です。「嘘つき」たちは心の隙間が多いから、戦争プロパガンダの誘導に引っ掛かります。だから「嘘」⇒「戦争」に繋がる。

大事なことは、宝島社企業広告「嘘つきは、戦争の始まり。」の【広告意図】に書かれてある「”嘘に立ち向かってほしい。そんな思いをこめて制作しました。”」が大事なことです。「デマ流し(名誉毀損)」には「法的手段」で立ち向かうことも大切なのです!!

よく、周りを見渡してみると良い。綺麗ごとや、美味しいもの、そういったことにパクパク食いつきながら、嘘に立ち向かわないものがどれだけ多いことか。知識人によるハラスメントにはダンマリ。無知な者のハラスメントには大騒ぎ。これが実態です。まともな子供は幻滅しています。

我々の「敵」は、、「嘘」なのです。「嘘」を減らせば減らすほど、平和が訪れるのです。思っている以上に、嘘は形を変えて、残酷な結果を創っているからです。そして、嘘が苦手な者が、嘘つきによってスケープゴーティングされているのです。本当の敵は「嘘」なのです。諸悪の根源です。

そして、「虐待」において、もっとも重要なことの1つですが、「虐待」の周辺には、様々な「嘘」が必ずと言って良いほど隠れています。仕掛け人と呼んでも良い場合もある。つまりは、「虐待」は「嘘」の舞台上で起こるものなのです。転がされれいるのが加害者です。転がされた本人の責任ですけどね。

我々の「敵」は、、「嘘」。「嘘」と「矛盾」と「混乱」に満ちた世界が「モラルハラスメント界」です。つまり、敵はモラルハラスメント界なのです。モラルハラスメント界に負ければ戦争。打ち勝てば平和。どんな未来にするかは我々の生き様次第なのです。嘘の最期は戦争プロパガンダ誘導による戦争。

大事なことは「敵を打つ」ということ。それは、相手に危害を加えることではなく、「嘘に流されない自分になる」という意味です。つまりは自分の弱さに打ち勝つという意味です。どんな嘘にも流されない自分になれば、本当の自分を強く生きていけます。そこには「虐待の種」が入り込む余地がないのです。

この「流す力」に「流された結果」、犯罪、虐待、いじめ、などにおいて、害を加える者(加害者)になるのです。「流す力に流された結果、加害者になる」のです。何故流されるか?自分の中に「嘘」があるからです。自分の内側に嘘が多いほど流されてしまうのです。流す力にはそういう働きがある。

「諸悪( いろいろな悪事、悪行、悪い現象、悪い出来事)」の後ろに何があるのかをよく観察すれば「嘘」があることがわかってきます。悲しみを表現出来ず怒り散らしている人の話をよくよく聞いて、整理していくと「誰かの嘘によって受けた被害」が隠れていることもあります。「嘘」は水面下で働く。

水面下で悪さをしている者(嘘つき)にとっては耳が痛い話だと思いますが、本当の解決に向かっていくためには、これは避けることが出来ない部分です。誰かを犠牲にして、封じ込めて、無かったことにしても、それが水面下で、別の不幸へと繋がっていくので、誤魔化しでは解決にはならないのです。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)