名誉毀損罪は、僕らが気づけない「悪影響」や「害」などがたくさんある。

例えば、嘘に関する罪として、 ・虚偽告訴罪 ・名誉毀損罪 ・信用毀損罪・偽計業務妨害罪 などがあります。 まずは、こういったことに該当する嘘はつかない、 と決めることが大事なことだと思います。

僕らが気づけない「悪影響」や「害」などはたくさんあります。それを教えてくれているのが「法律」です。だから、他人を傷つけないためにも法律を守ろうとすることは、とても大切なことです。「名誉毀損罪」などの「害」は他人にはわかりにくい部分で出ますので。

・相手を特定出来るリンクに繋げる
・相手を特定出来るハッシュタグ
・未確認情報
・虚偽情報
・繰り返す
・すり替える
・嫌がっていることは伝えている

「悪意」無しで、揃うわけがない。

嫌がっていることを事前に伝えたにもかかわらず、「悪意」を「隠蔽」しながら「繰り返してくる精神的な嫌がらせ」が「モラル・ハラスメント」です。「嫌がっていること」を伝えた後に繰り返される場合は「立派な嫌がらせ」です。言い逃れは出来ません。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)