支配者は、あなたを逃がさないようにします。美徳による支配!

NO IMAGE

支配者は、あなたを逃がさないようにします。そして逃げることは悪だと刷り込みます。そして、無理をさせて、それが大事なことだと、美徳を使って心を縛り上げます。これを「美徳による支配」と言います。この罠にはまると簡単には抜け出せません。生き地獄を見ます。「逃げる勇気」、本当に大切です。

不法行為をしていない場合で、それでも、逃げることに罪悪感が出る人は、「洗脳されている可能性」があります。僕も過去はずっと逃げてはいけないと、洗脳されていました。そして自分の人生を生きることが出来なくなりました。だから、自由に逃げること、離れることが大切です。

どうしても逃げることに罪悪感がある…、という人は、カリスマ人気カウンセラーの中島 輝さんの「堂々と逃げる技術」を読んでみると良いかもしれません。逃げることは戦いの1つ。逃げることで自分の道が切り開かれることがあります。

僕の場合、

「1」、逃げてはいけない、逃げる者は死に値する、生きている価値がない、突っ込んで命を投げ出せ!

「2」、逃げることは素晴らしい場合がある、逃げることは自分が自分の親になるということ。自己救済だ!

「1」から「2」に変われた理由の1つは「読書」で新しい考えを知ったから。

「新しい視点」を手に入れるということは「マインドコントロール・洗脳を解く」ことに繋がることなのです。マインドコントロールされているということは「心理的に視野狭窄状態」になっているのです。だから「新しい視点」を手に入れていけば良いのです。「堂々と逃げてもいいんだよ」

実はこの「1」、これは僕の父親から徹底して刷り込まれたものです。父親もそれが正しいと信じていました。ま、これは「戦争時」のものですけどね。それが世代間連鎖していたのです。今は、「昔は悪かったな(笑)時代錯誤の考えを押し付けて」なんて、父親も言っています。(笑)洗脳は解きましょう!

なので、「1」を持っていた僕は、人生行き詰まって、自分が逃げることも許せなかったので、25、26くらいの時に限界になり、自殺を決意して高速道路で飲酒運転で事故死するという計画を立てました。(あるキッカケで中止出来た)だからこそわかるのです。「逃げる勇気」が大切なのです。

「逃げると弱るからダメだ!」と言う支配者はいます。いますけど、そんなことは決まっていません。逃げて逃げて、逃げ続けて、大切なものを掴んだ人だってたくさんいます。人は、心が回復してきたら自ら動き出します。だから、自分を追い詰めないで逃がしてあげることも大切な場合があるのです。

戦争時の恐怖を潜在意識に抱えている(恐怖に同一化したままの)支配者が、「逃げることは悪だ!ダメだ!弱るだけだ!」と、それは「体罰肯定」に似たような「精神的体罰肯定」です。それを人に押し付けることが異常なことです。そんな美徳で支配するような時代ではないのです。自由になる時代です。

本当に、この通りです。 「虐待者」は、「逃げる勇気」を持つことは出来ません。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!