善人のフリした支配者は、誰かが過去を振り返り、そこからプラスな何かを見つけることを「悪い書き換え」だと決めつけての邪魔をする

NO IMAGE

今から、「過去の振り返り」の大切さや、素晴らしさに関する記事の紹介や、ツイートなどをします。善人のフリした支配者は、誰かが過去を振り返り、そこからプラスな何かを見つけることを「悪い書き換え」だと決めつけての邪魔をします。これは、とんでもない「悪人」のやることなので無視しましょう。

「”今の自分は、過去のさまざまな体験を通じて作り上げられたものです。過去の自分と向き合わずに、今の自分を語ることは難しいでしょう。”」

引用元:「自分を知る(過去の振り返り) – JS日本の企業(http://shushoku.js88.com/hp/pg/01-02.html)」より

つまり、過去と向き合えない者、とくに過去に蓋をする支援者は「本当の今の自分を語れない」のです。つまり、「嘘つき」の可能性が高い。過去があって今がある。今があるから未来がある。勿論「今」は大事。「今」は「過去」の結果でもあり未来の種でもある。すべては過去があってのこと。

「過去の振り返り」が大事な件…実は「過去を振り返るな!」ではない – NAVER まとめ(https://matome.naver.jp/odai/2141448108439033701)

「過去を振り返るな!」と他人に強要するのは「嘘つきな支配者」がよく言う言葉です。必死こいて、何かを隠そうとしている…。

「”生まれてから現在までの過去を回想してみる。これは自己分析の鉄則中の鉄則なのは、言うまでもないでしょう。過去の自分や周辺環境、自分に起こった出来事は、現在の自分にも少なからず影響を及ぼしています。自分を知るヒントの宝庫です。”」引用元:「過去を振り返って分析する10の方法 – 流れて消えるだけじゃ、語り合えないから(http://miya10.hateblo.jp/entry/2016/03/30/215239)」

こちらの引用元の記事を書いた方の言う通りですね。「自己分析の鉄則中の鉄則」です。こういった素晴らしい方法をさせないようにするということは、「自己分析の邪魔」をしているということです。とんでもない害悪なことですから、そんな支配者は無視しましょう。非常に、、不気味です。

「”ある人は、「過去を振り返っても変わらない。もっと未来を考えるべきだ。」と言うが、「温故知新」と言う言葉がある様に、過去を振り返る事も重要であると信じている。大事な事は、振り返り方…”」

引用元:「効果的な過去の振り返り方とは – Meivy Style(http://sakaboo.com/usually/looking-back-at-the-past/)」

 

こちらの引用は、元フォトグラファー&中小企業診断士&薬剤師、今は企業向け研修講師(見習い)の「さかぼー」様のブログから引用させて頂いた文章です。本当にこの通りだな、と僕も思っています。温故知新のことわざがソレを教えてくれている。ソレの邪魔をしている支配者は「かなり怪しい」です。

「”過去をより遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう。”」

元イギリスの首相。戦時中の危機的状況から勝利へと導いた実力者。
ウィンストン・チャーチルの言葉

 

「”過去のことは過去のことだといって片づけてしまえば、それによって我々は未来をも放棄してしまうことになる。”」

元イギリスの首相。戦時中の危機的状況から勝利へと導いた実力者。
ウィンストン・チャーチルの言葉

つまり、過去を振り返れなくなるということは、もう自分じゃなくなる…ということなのです。過去があっての自分です。過去を放棄し、蓋をして、無かったことにするということは「未来を見渡せることすら出来なくなる」ということ。未来を巧みに奪う支配者が好むことです。

これで、「過去の振り返り」が如何に「心の成長」に繋がるかがわかったかと思います。そうやって頑張っている人たちの邪魔をして、「改ざん」していると「決めつける者」がいるならば、それはその者が「改善」ではなく「改ざん」しているということです。「改ざん支配者(すり替え)」です。

「改ざん支配者(すり替え)」は、あなたを「精神薬漬け」にして、思考力を奪い、優しい言葉だけで支配し続けます。ですから、そんな「改ざん支配者(すり替え)」にとって患者の「心の深い部分にあるまとまりが小さくなること」と「過去の振り返りで成長すること」は目の上のたん瘤なのです!

この意味がわかった上で、彼(改ざん支配者(すり替え))の洗脳発言をよく見ると「本当の成長をさせないようにしている(留まらせようとしている)」ことが見えてきますよね。彼らにとって「精神薬漬けの人が減る」ことは「死活問題」なのです。だから年がら年中、ああやって発しているのです。

このような「改ざん支配者(すり替え)」は他人の悪口ばかり年がら年中発していますが、彼が自分と向き合っている発信を読んだことがある人いますか?いません。彼自身が「自分と向き合っている人」ではないのですから。ああやってすり替えながら他人叩きで満足しているレベルです。僕は見抜いている。

ただ「光」があれば「闇」があるように、どちらも必要なもの。彼のような「改ざん支配者(すり替え)」がいるのも自然なことですから、それは認めなくてはいけない。個人的には、気持ち悪し、嫌いですので「寄り付くな、お前が寄らなければお前のことを考えることは永久にない」と思う程度のこと。

そんな、対になる「情報」が飛び交っている中、「自分が何を選ぶか」、これが【重要】なのです。自分の幸せも不幸も、自分の「取捨選択」の結果ですから。今、目の前の情報を取り入れるか、捨てるか、既に自分の内側にある情報を再取り込みするか、捨てるか、全部自分で「自由」に決めれることです。

僕は、自分やパートナーの心の変化、参加者の方の心の変化、それらを通して「これはいい、広めたい!」と思っていることを自分の気持ちに正直になって広めているだけです。それをどう解釈するか、取り入れるか、捨てるか、それはすべて「その人の自由」なのです。人は、自分の責任で取捨選択している。

「改ざん支配者(すり替え)」は「過去を振り返るな!」と言う。
「僕」は、「過去の振り返りは大切!」と言う。

過去の出来事は変えられないけど、
「意味づけ」は自由に変えることが出来ます。

子供の時の意味づけを、今の力で大人の意味づけに「更新」すれば、
心が軽くなるのは当然のことです。

例えば「薬や他人だけに頼って自分を変えてもらいたい人」の場合は「サヨナラ・モンスター」での良い変化が期待できません。ですので、販売ページの「こんな人には不向き」に記載し「全額返金保証」をお付けしています。この教材は、「自分で自分を救い出しに行く」ための「自己信頼」のための方法。

ですので、「薬や他人だけに頼って自分を変えてもらいたい人」と、それを「”ずっと”支援し続けたい人」に関する人からすれば、偏った一部の人からすると「けしからん!」と思う人も中に入ると思います。こういった人は、もう少し勉強して、他人に迷惑をかけないようにしていただきたいものです。

僕が、個人的に「信者」を嫌うのは、彼らは「近寄ってきて支配しようとしてくる傾向が強いから」。こっちからは寄っていないのだから「違い」を認めて「区別」を学んでほしいものです。あと「アドラー心理学」も。他人の課題に侵入しすぎ。キーワードチョイス…、ちょっと気持ち悪いと感じるほどです。

「過去の出来事」は変えることは出来ない。しかし、過去の出来事によって出来てしまっているマイナスな記憶、ここにはたくさんのマイナスな意味づけがある。これを新しくプラスな意味づけに「更新」出来れば、「嫌な記憶」を「嫌ではない記憶」に変えることも可能です。

僕は家族から心理的な虐待の一種「ガスライティング」や、他にも色々なことをされてきた。勿論、別のことで僕に悪い部分もある。そして、「殺意」や「恨み」「憎しみ」を抱いていたこともある。過去の事実は変わらない。しかし、自分が成長し、意味づけが変わったら、感謝の気持ちが増えたのです。

過去を振り返らなかったら、きっと今でも家族を恨み続け、更に背中を押すようなことがあれば「大きな復讐」をしたかもしれない。過去を正しく振り返ったから、「恨み」が「感謝」に変わっていったのです。

温故知新(過去から新しい知識・見解を導くこと)

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!