苦しみから解放され乗り越える方法

  • 2014年4月6日
  • 2017年9月17日
  • 心理
  • 1件

よく苦しんでいる人に「弱いだけでしょ」という方がいますが「苦しんでいる人が弱い」は勘違いの場合が多いです。

苦しんでいる方は自分を責めるのはやめましょう。

なぜ勘違いなのかと言いますと、たくさん苦しんでいる方はたくさん苦しめるのです。

苦しみをファイルだとすると、たくさんの苦しみファイルを持っているということです。

たくさんの苦しみファイルを保存するには、たくさんの容量が必要です。

苦しんでいる方はそれだけ器が大きいのです。

器が大きいから、自分以外の他者の感情も背負ってしまい、不必要に苦しんでしまっていることがあります。

ですので自分の感情と、他者の感情を見極めて、自分以外の感情を省いてよいのです。

それが解放し乗り越える方法です。

あなたは多重人格です。記憶や感情は細胞にある!信念は細胞を変える!苦しみ克服法もお読み下さい。

 

 

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)