あがり症の克服方法!あがり症のメリット!あなたはダイヤの原石!医療と精神療法の専門家が監修した行列のできる「とよだクリニック」監修 【あがり症改善プログラム】

 2021年11月28日
20912 views
あがり症の克服方法!あがり症のメリット!あなたはダイヤの原石!医療と精神療法の専門家が監修した行列のできる「とよだクリニック」監修 【あがり症改善プログラム】

あがり症

この記事は自分に自信を持てずあがり症に苛まされて苦しんでいる方に読んでいただきたいと思います。

タイトルを見て「あがり症のメリット」ってあったの?と思う方もいるかもしれません。

そうなんです。あったんです(笑)

あがり症を喜ぼう

まず「認知の歪み」の一つ。

1、全か無か思考

物事を白か黒、全か無に分けて考えようとする傾向。何かあればすぐ、もうダメだ!もうおしまいだ!全てそうだと思う思考。完ぺき主義などがこのような思考になりやすい思考パターン。

ここにしっかり書かれているように「全てそうだと思うのは認知の歪み」です。ということは、あがり症は弱いからダメだとか、マイナス点だけで見ることも認知の歪みになりますよね。では、認知の歪みではない考え方であがり症を考えるのであれば、デメリットだけではなくメリットも考えなくては歪んでしまいますね。

あがり症にもメリットもありますし、良い面もたくさんあります。自分を責める必要はありません。むしろ、喜んであげても良いかもしれませんよ。僕も、あがり症で苦しんだことがありますし、まだ、残っている症状もあります。それを喜んでいる部分もあります。本人は、なかなか気づけませんが、実は、その症状のおかげで守られたこと、勉強になったこと、成長できたこと、いろんなプラスな面があるんですが、それは後になって気がつくものです。

そのことがわかってくると喜べます。

今、あなたは、症状を喜ぶことはできない状態だと思います。それでいいと思います。だから、改善したいと思うんですよね。そして改善のために勉強したこと、行動したこと、これらは全部意味があることで価値があることです。無駄にはなりません。1つ1つ自分の成長につながっているのです。嬉しいことなんですよ。

あがり症のメリット

あがり症で苦しんでいる方はマイナス部分にばかりフォーカスしている状態です。

なのであがり症のプラスな面にフォーカスする必要があります。

「あがり症なんてプラスな面はあるわけない!」と思う方もいますが、それは勘違いです。どんなものにプラスもあればマイナスもありますからあがり症や対人恐怖や視線恐怖にもプラスがちゃんとあります。

あがり症や対人恐怖や視線恐怖のメリット。それは人間関係において発揮するための能力の限界値が高いことです。

 あがり症のあなたはダイヤの原石

「人間関係において発揮するための能力の限界値が高い」というのは簡単に言えばダイヤの原石です。

ガラスの靴とダイヤモンド

伸ばせば、すごく伸びる素質を秘めているのです。

人からどう思われるか怖い、どう見られるか怖い、変に思われないか怖い、視線が怖い、あれも怖い、これも怖い。

そんな恐怖はいったいどこから来るのか?

恐怖は知らないから出てくるのです。

知ってしまえば怖くなくなるのは誰もが経験済みの事実です。

つまり、あがり症を、詳しく知らないから怖いのです。

あがり症の人は、人をすごく気にします。それだけ人を見ている証拠。それだけ人を細部まで見ることが出来る証拠。細部まで把握し見る能力があるのです。その潜在的な能力に、顕在的な能力がついてこれていないことで、自分でも能力に気が付かないので自己否定をしてしまった状態です。

■あがり症や対人恐怖や視線恐怖の人
1,人を細部まで把握し見る能力の限界値1000
2,実際の人を細部まで把握し見る能力が100
3,他の能力Aの限界値200
4,他の能力Aの現在値180

上記の1の潜在能力と2の顕在能力の差が大きい分だけ恐怖や不安が強い
なのであがり症や対人恐怖や視線恐怖の人は、人への理解、自分への理解を深めていくことも克服の近道です。

あがり症や対人恐怖や視線恐怖ではない人
1,人を細部まで把握し見る能力の限界値240
2,実際の人を細部まで把握し見る能力が200
3,他の能力Aの限界値800
4,他の能力Aの現在値600

上記の「あがり症や対人恐怖や視線恐怖ではない人」の1の潜在能力と2の顕在能力の差が40しかないので恐怖や不安は少ない。「あがり症や対人恐怖や視線恐怖の人」のほうの1の潜在能力と2の顕在能力の差は900もある。だから恐怖や不安も大きくなる。

不安は「まだ準備が出来ていませんよ」という無意識からのメッセージですので、実際の能力と能力の限界値の差が大きいことで症状に繋がっている場合もあるのです。だから「ダイヤの原石」なのです。

あがり症、対人恐怖、視線恐怖、を克服し成功を収めた方は多くいます。吃音者でも有名人、首相、総理などになった人もいます。そういった方たちが「ダイヤの原石」だったということを証明しているのではないでしょうか。僕はそう思っています。多くの人に「あなたも伸びるんだよ」という勇気を与えたのだと。

人からどう見られるか怖い人は、プラスに見せる能力があり、見せることで人の心にプラスを与えることが出来る人。視線恐怖のメリットは、見られるのが怖い分だけ、細部まで嫌がる圧力を見抜けるので、それを利用し人を不快にさせないような配慮をする能力が潜んでいます。あがり症や対人恐怖や視線恐怖の方は人との関わりを避けます。

それで良いのです。

今はその時期なのです。

一人の時間を大事に、一人だから出来る自分だけの考えを持つことを大事にしてみて下さい。皆、育ってきた環境は違います。人によって改善や回復の時間も全然違います。回復が早いからすごいとかそういうことではないのです。回復が遅いということはそれだけ傷も深いということ。心の奥深くまで浸透しているものがある場合、何年、何十年とかかる人だっているのです。

決して自分を責めるのではなく自分も他の人も比べることの出来ない「ダイヤの原石」であることを忘れないで下さい。

トレーニング開始から5分~60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

今、最も人気のトレーニング開始から5分~60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】は、医療と精神の専門家監修のプログラムです。ステップ1だけで治ってしまう人もいるとのことですが、ステップ2、…ステップ5まで用意されています。しかも、潜在意識レベルの書き換えもステップ2で教えてくれますので、中身もすごく良い教材です。

僕も、過去に酷いあがり症で苦しんで改善したことがあります。だからこそわかることがあります。また、僕はカウンセラーとかは向いていないで、メンタルケア心理士の資格を取りましたが、そっちの方向はあまり興味がないです。僕はもっと「根本」部分を探っていきたいと思っていますので。

ですので、勉強してわかってきた「良い情報」をこうしてあなたにお届けしています。それが「好き」なんです。

今回の情報ですが、あがり症を改善するには潜在意識レベルから変わることが必要です。条件反射の遮断も。それを自己学習で調べて理解していくってすごく大変なんです。近道は、「確かなことを教えてもらう」ことです。

そこで、今回、あがり症で悩んでいる人に「確かな改善法」をご紹介したいと思います。

トレーニング開始から5分から60分程度で「あがり症」を改善!?

という、魅力的な【プログラム】を製作したのが、行列のできる「とよだクリニック」の院長の豊田早苗(医師)さんです。

「とよだクリニック」は2005年に開業し、今では行列のできるクリニックと呼ばれるほどで、遠方からの患者さんからも人気で「診療まで一か月待ち」になるほどの人気です。

豊田早苗(医師)さんの所属:

とよだクリニック院長
とよだクリニック認知症予防リハビリセンター センター長

豊田早苗(医師)さんの経歴:

2000年 鳥取大学医学部医学科卒業
2002年~2004年 総合診療医として病院過疎地域での地域住民の健康診断等に従事
2005年 とよだクリニック開業
2015年 とよだクリニック認知症予防リハビリセンター開設
所属学会:総合診療医学会、認知症予防学会、老年精神医学会所属:とよだクリニック院長

確かな肩書、経歴をお持ちの方ですよね。

「とよだクリニック」監修あがり症改善プログラム

こちらの、「とよだクリニック」が監修したのが以下のプログラムなのです。

行列のできる、とよだクリニック監修
→ 【あがり症改善プログラム】

こちらのプログラムは、返金保証がありますので、安心して取り組むことができます。

医療と精神療法の専門家が監修したプログラム

簡単に言えば、医療と精神療法の専門家が監修したプログラムだから、内容もシンプルで無駄を削ぎ落しつつ、具体的で、効果がわかりやすい克服教材です。

つまり、あがり症を克服するために、具体的に何をやればいいの?ということを教えてくれる教材なのです。

医療と精神療法の専門家があがり症を治す為に、どんなことを、どんな順番でやればいいのか?をしっかり考え設計されているプログラムだから、取り組めば、誰でもあがりの改善を実感出来るように製作されたものです。

ステップ1からステップ5まであります。

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】ステップ1~ステップ5

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】は、ステップ1からステップ5まであります。

ステップ1、緊張や不安を3〜5分で消し去る方法
ステップ2、潜在意識を書き換えて、根本からあがりを改善する!
ステップ3、メンタル強化とイメージトレーニングを組み合わせた、あがり症改善の方法
ステップ4、すぐに使えて効果がある、体を使ったあがり防止テクニック
ステップ5、本番であがらない為にやっておく「準備」の方法

これらのステップを踏んでいくことであがり症は改善されます。

早い人だとステップ1で改善されるそうですよ。

 

あがり症の改善は複雑

話は戻りますが、あがり症を改善するというのは、「Aをやれば改善する」という単純なものじゃないんですね。Aもやって、Bもやって、Cもやって、Dも…。みたいに、複合的な改善の先にあがり症の改善もあるのです。だから専門家や、本当に克服した人から教えてもらうと近道にもなるのです。

まずは、詳細ページに、ステップ1からステップ5までの説明がありますので、そちらを読んでみてください。このプログラムは本当にすごいです。「優良教材」です。

あなたのあがり症が改善し、あなたらしく生きていけるように1歩ずつ進んでいきましょう。

あがり症改善プログラム(とよだクリニック監修)

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】ステップ1

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】ステップ1は、「不安や緊張をたったの3分から5分で消し去る」という驚きの方法です。この方法はとても改善例が多いそうです。実際にメディアなどにも取り上げられたことを教材内で紹介されています。

 

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。