殺人事件の55%が「親族間殺人」なのは家庭が機能していないから

殺人事件の55%が「親族間殺人」なのは家庭が機能していないから

こんにちは菅原です。

今日は「認知の歪み」についてです。

認知の歪みは、

うつ病の認知療法の創始者、
アメリカの医学者・精神科医である、
アーロン・ベックが基礎を築きました。

この認知の歪みが強いと、
心身の病気へと繋がっていきます。

病気だけではなく、トラブルも増えます。
認知の歪みによって家庭も機能しなくなります。

家庭が機能しなくなれば「親族間」でのトラブルも増えます。

警察庁が2017年4月に公表したデータによると、
2016年の殺人事件(未遂含む)の55%が「親族間殺人」だったのです。

殺人事件の55%が「親族間殺人」という現実…。
悲しい現実ですね。

これは「日本の家庭」自体が崩壊していると言えます。
「機能不全家庭が多い」と言えます。

だから当然、虐待もハラスメントも増えています。

親族間殺人も増えている昨今。
これは「認知の歪みが増えている」とも言えます。

そう、「認知の歪み」を甘く見てはいけない。
先ほども書いたように、心身の病気だけではなく、
トラブルにも繋がり、親族間殺人へと繋がるのです。

次の記事をご覧ください。
───────────────────────
「親族間殺人」が多い日本、
親族間が幸せなものならば、誰も殺人なんて出来ないのです。
→ https://mora-hara.info/archives/7374
───────────────────────

記事では、
「問題を問題として認識する問題意識を持とう」と
お伝えしています。

つまり、問題を問題として認識できないこと、
それ自体も「認知が歪んでいるから」なのです。

大きな勘違いをしているからです。

「全ての悪は無知からくる」と言います。
「全ての親族間殺人も無知からくる」のです。

「無知」だと「認知も歪んでいる」のです。
ですから、認知の歪みを修正することが、
結果として親族間殺人を予防することにも繋がるのです。

機能不全家庭で育つと、
たくさんの「認知の歪み」を抱えていきます。
家庭が機能不全になってしまうのは、歪んだ認知があるからです。

ですので、この認知の歪みに気づいて
修正していくことが大切なのです。

この認知の歪みは10パターンあります。
「物事をマイナスに捉えるのも認知の歪みの1つ」です。

物事をマイナスに捉えていけば?
現状に不満ばかり出てきます。
現状が不満になればイライラも増えます。
人の所為も増えます。

そして「親族間殺人」へと発展する場合もあります。

この記事であなたにお伝えしておきたいこと、
それが
「自分の幸せのために、
自分の認知の歪みに気づき、そして修正しよう!」ということです。

僕は、サヨナラ・モンスターで認知の歪みが減りました。

今日、【よくある質問】を追加しました。
よかったら読んでみて下さい。

Q:サヨナラ・モンスターで認知の歪みは修正されますか?

A:回答はこちら
→ https://sayonara-monster.com/post-109/

追記(2020年5月9日)

先日、「やる気を創る心の技術」に、第8章、「家庭の雰囲気をすぐに変える方法」を追加しました。

第8章 家庭の雰囲気をすぐに変える方法
【1】家庭の雰囲気を良くするには?
【2】喜びメモを取ろう

親族間殺人に繋がらないように、第8章では、家庭の雰囲気をすぐに良く出来る方法をご紹介していますので、是非、実践してみて下さい。悪くすることは簡単です。大切なのは1つ1つ、良くしていくことです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)