認知の歪みが減った方法「サヨナラ・モンスター」の今日の順位は、なんと57位中15位!

認知の歪みが減った方法「サヨナラ・モンスター」の今日の順位は、なんと57位中15位!

大手販売サイトの「体の悩み・健康」カテゴリの、今日のサヨナラ・モンスターの順位は、なんと57位中15位と上位でした!プラス感情トレーニング2「emotion plus」は51位でした。

「サヨナラ・モンスター」は、19,800円で販売していて、これは安い価格ではありません。(カウンセリングを何度も受けることを考えればとても安いですが)それでも購入してくれる方がいる。これは嬉しいです。僕自身の長年の心の苦しみが軽減された方法の集大成です。

何故、「誰も頼ることが出来なかった」のか

何故、僕が「誰も頼ることが出来なかったか」について書こうと思います。

極度の人間不信と人間アレルギー

理由は色々と複雑に絡み合っているのですが、その1つは「極度の人間不信」だからです。そして、不調が色々と出てくるほどの人間アレルギーでもあるからです。これも以前よりはだいぶ楽になりました。以前は、近くに人がいるだけで気が狂ってしまいそうになる時もあり、酷い時は相手の声を聴いているだけで頭の中に不快な音(ズズ…ズズ…ズズズ…ズズ…)が響いていました。(これは脳が興奮状態の時に起こる)

身体の疾患や中枢神経の異常、また精神的なストレスなどにより、頭の中に音を感じる症状。

引用元:頭鳴(ずなり)とは – コトバンク

僕の場合は、おそらく「精神的ストレス」からの脳が興奮状態になることが原因だったと思います。

この頭鳴が起こるタイミングと消えるタイミングを調べていると、「特定の人の声」で頭鳴が起こり、その特定の人の声を遮断した瞬間、頭鳴は消えました。つまり、「その人とのコミュニケーションは嫌だ!!!」という心の声のようなものだったと思っています。

頭鳴だけではなく、当時は耳鳴りも酷く、キーーーーン!という高音の耳鳴りも頻繁に起こっていました。首、肩、背中、頭皮、硬直していて酷かったです。悪夢も見ていて歯ぎしりも酷く、疲労も凄くて寝ても寝ても疲れが取れず、おそらく「副腎疲労」だったと思います。ストレスが多すぎたのです。そして色々なものが複雑に絡み合っていたのです。

人に近寄ると不調になるから「離れる」ようにしていました。極度の緊張もあり、コンビニに入ることさえも出来ない時もあったのです。抑えきれない感情が爆発しそうだったのです。

なぜ、極度の人間不信になったのか

何故なったのかと言うと、小さい頃から「人が信じられなくなること」が無数にあったからです。書き出せばキリがありません。でっち上げられたり、陥れられたり、嘘の話で悪者にされてきたり、僕自身も悪いことをしてきたり、自分で自分を裏切ったり、裏切られたり。自分の気持ちがなんなのかさえもわからなかったのです。

なぜ、自分の気持ちがわからなくなったのかと言うと、これは育った環境、親の強烈な宗教心、機能不全家庭における、支配、共依存などが関係していて、要は「結果として自分を持つことは悪いことだと扱われる」ので、それに屈して、混乱状態に陥っていたのです。これは親もある意味被害者なわけです。金のために信者を騙している宗教もありますので。

ですから、「洗脳とマインドコントロールをされていた」、こういった言葉を使っても良いです。

症状は「防衛のための症状」だった

つまり、「本当の自分を見失っていた」ということ。そして、「サヨナラ・モンスター」の方法で本当の自分を取り戻していきました。だから、症状なども軽くなっていったのです。何故なら、その症状は防衛のための症状だったからです。前記したように、「特定の人の声で頭鳴が起こり、その特定の人の声を遮断した瞬間、頭鳴は消えた」のですが、その人とのコミュニケーションは僕にとって非常に害悪だったのです。しかし、そのことに当時は気がついていませんでした。ですから症状が守ってくれていたようなものなのです。

では「害悪」とは何か?

「ダブルバインド」というコミュニケーションパターンがあったこと。あとコミュニケーションの最中に「変性意識状態への誘導」があったこと。これは刷り込みをする際に刷り込みやすくするもので、変性意識状態だと洗脳されやすくなるのです。要は、心に対してマイナスに働くものがコミュニケーションの最中にあったのです。

アメリカ合衆国の文化人類学・精神医学などの研究者であるグレゴリー・ベイトソンは以下のように指摘しました。

家族内のコミュニケーションがダブルバインド・パターンであると、その状況におかれた人が統合失調症に似た症状を示すようになる、と指摘

引用元:ダブルバインド – Wikipedia

コミュニケーションパターンにダブルバインドがあると、統合失調症に”似た症状”を示すようになると言っています。つまり、このコミュニケーションパターンは、脳に負荷がかかり混乱しやすいのです。僕が育った家庭のコミュニケーションパターンもこれです。そして兄弟の1人は「統合失調症」と過去に診断されています。

言葉で簡単に説明できるようなものではない異常なコミュニケーションの家庭でした。気が狂ってしまう家庭だったのです。自分を保つことが難しすぎる家庭だったのです。熱心な宗教心は押し付けられると本当に恐ろしいことになると身をもって知りました。ただ、その人たちを悪いと言っているのではありません。人は、悩み苦しみ、それぞれの人生を歩んでいます。其々、自分の課題です。

僕は、自分の敵や味方の区別もよくつかなかった部分がある。「家族は大事にしなければいけない」「その家族よりも宗教を大事にしなければいけない」という価値観に縛られていたからです。ですので、でっち上げてくる兄弟のことでも悪く思うことに恐怖を抱いていたのです。

心はもうぐちゃぐちゃでした。だから症状が守ってくれていたのです。症状のお陰で最悪の事態を免れていたのです。

最も大事なことは「自己理解」です。

追い詰められて、追い詰められて、それがどういうことか理解出来ていなくて、しかも血の繋がった家族からのもので、美徳の数々の言葉に縛られ、酷い混乱状態だったのです。だから、「極度の人間不信」「人間アレルギー」で防衛していたのです。

自分がどうして傷つくのか、何が嫌で何が苦しかったのか、しっかり「特定」して、自己理解を深めて、心の中の小さな自分の理解者となったのです。他人の言葉なんて関係ありません。他人が僕のことをわかるわけがないのです。他人が僕に対して「お前はこうだ」と言ってくるものは、すべて「その者自身のもの」なのです。人は一番身近な自分のことを理解することさえ難しい。他人のことなどもっと難しいのです。

そして、

自分のことは自分が一番よくわかるものです。

この状態になれば良いわけです。自分で自分のことがわからない。だから苦しい。そして他人の言葉で右往左往する。そして自分の中に他人の考えが入り乱れて苦しくなっていく。そしてこれが酷くなると症状が出てくることもある。しかし、その症状は最悪の事態を守ってくれているのです。

 

必要なことは、本当の自分で生きていくことです。

サヨナラ・モンスターの方法で軽くなった

前記した不調の一部や、他の問題が、「サヨナラ・モンスター」の方法で軽くなっていきました。問題の多くは「ストレス(歪み)」です。

自分は何が(誰が)嫌いなのか
自分はどんなことが嫌なのか
自分の気持ちは何なのか

自分で自分の気持ちがまったくわからなかったのです。

普通の家庭ではない歪んだ家庭で育ったことで、たくさんの「歪み」を持つようになりました。

自分で自分の気持ちがわからないことも1つの「歪み」であり、内的ストレスです。

内的ストレス・心理的、身体的
外的ストレス・物理的、社会的

ストレスの元になっているストレッサーは上記のように大きく分けて2つです。

その「心理的ストレス」になるのが、「自分で自分の気持ちがわからないこと」です。自分の気持ちがわからないと、恨みや怒りも増え、自己肯定感も低くなり、自信もなくなり、自己嫌悪も増えやすくなります。

つまり「認知」に「歪み」があると、「心理的ストレス」が増えるのです。ですので、「認知の歪みを修正」すれば良いのです。しかし、認知の歪みを修正しようとしてもやる気が出ない。だから、別方向からアプローチするサヨナラ・モンスターの方法で、認知の歪みが減ったのです!

この歪みが減ったので、自分の気持ちを大切に出来るようになったり、嫌いなものをハッキリ嫌いだとわかるようになりました。そしたらストレスが減ります。ですからストレスからの症状も軽減されたというわけです。サヨナラモンスターの方法で軽くなった理由の1つはこういうことです。

過去を恨んだこともあります。だけど今は恨みは大幅に減り、区別した上での感謝の気持ちも持てるようになりました。

「自己理解」を深めていくと、他者理解も深まっていき、相手の苦しみ、頑張り、色々とわかってきました。だから、「恨み」が「感謝」に転換されていったのです。僕は未熟だったのです。そこから少し成長すると新しい視点が見えてきて、「恨み」が「感謝」に転換され、ストレスも減ったのです。

誰も頼ることが出来なかった僕は、自己理解を深めるために「頼れなかった」ではなく「頼らなかった」のだと今は思います。

 

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. 認知の歪みが減った方法「サヨナラ・モンスター」の今日の順位は、なんと57位中15位!(https://t.co/eA7xs7VTQE)

    「自己理解」を深めていくと、他者理解も深まっていき、相手の苦しみ、頑張り、色々とわかってきま… https://t.co/Hh12oc9eO5

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)