生きづらさを克服するには「ダメ」を「解除」すれば良いかも!僕の場合はこれで楽になってきた!

ツイッターのほうでも書いたことですが、こちらにも書いておきます!

信念の押し付けは相手を傷つけることがある

僕は、物心ついた頃から「相手の信念を叩き壊せ!(洗脳しろ!)」という大人たちの中にいた。それが原因かわからないけど、僕は5歳ころまで殆ど喋らない子だったと親から聞いた。だからこそ思うのが、「信念の押しつけは人を深く傷つけることになるから、やめたほうがいい」ということ。

心の奥にある「ダメ」を減らすと生きづらさも減った

この「洗脳環境」で、あらゆる「ダメ」を長年刷り込まれたことが心の奥に残っていて、それが「生きづらさ」や「苦しみ」に繋がっていました。そして「サヨナラ・モンスター」の方法で「ダメ」を減らしていくと心が楽になってきました。(まだまだ残っているけど、過去と比べたらだいぶ楽になった)心の奥にある「ダメ」を減らせば変わる。

→ サヨナラ・モンスターの詳細はコチラ

サヨナラ・モンスター参加者様も「ダメ」が根底にあった

サヨナラ・モンスターの参加者様も、「”自分の場合、怒りという区分を作りたかったが、よく考えるとその裏には、ダメ人間が隠れていたというのが分かった。”」と報告してくれました。つまり、この方も根底に「ダメ」があった。そして「ダメ」を減らすと「回復してきた実感がある」と仰っていました。

→ 詳細はコチラ

この「ダメ」は、本当のことではないのです。ダメなんかじゃないのです。その「思い込み」が「解除」されていくと、心が楽になっていきます。心の深い部分にあるダメは、忘れていることもあります。だから、「辿る」ことが大事で、サヨナラ・モンスターでは「〇〇」から辿ってもらっているのです。

参加者様は「よく考えるとその裏には、ダメ人間が隠れていたというのが分かった。」と、素晴らしいところに気がついたのです。形は違っても、何らかの「ダメ」が裏に隠れていることが殆どなのです。ここが「まとまり」として癒されていくと、心が良いほうに変化していくのです。

「ダメじゃないこと」を「ダメ」だと思い込んでしまうと、心が苦しくなっていきます。

これを修正すれば良いのです。

自分を大切にすると親への見方も変わってくる

自分を大切に思えるようになってきて、色々な視点で物事を見れるようになってくると、「親の良い面」や「親の苦労」なども、たくさん見えるようになってきた。感謝の気持ちや、恩返しをしていきたい、そういう気持ちも出てきた。まず、自分を大切にする。これが本当に大事なことだと思う。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!