ブス、ブサイクという自己嫌悪の勘違い(認知の歪み)の思い込みから自己解放!人はいとも簡単に「価値判断を操作」されます。

12682 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
ブス、ブサイクという自己嫌悪の勘違い(認知の歪み)の思い込みから自己解放!人はいとも簡単に「価値判断を操作」されます。

ブス、ブサイクという言葉に惑わされて本当の自分を見失っている人は、ブス、ブサイクという自己嫌悪の勘違い(認知の歪み)の思い込みから自己解放しましょう。

なんでブスとかブサイクって存在してて平気なんだろうなw

こう言っている人がいたのです。

そして、この言葉を気にして自己嫌悪に陥ってしまう方もいます。自己嫌悪に陥る原因は「勘違いの蓄積」です。自分自身の良さが分からなくなってしまい、他者の価値観を信じて優先して勘違いをしてしまい、その勘違いが蓄積されてしまった状態です。

ブス、ブサイクというのはいったい何を基準にしているか考えたことはありますか?それは「自分以外の人の価値観を基準」にしているんです。例えば「広める力」がある組織が「Aがブスだと言えば大衆はブスに見えるようになる」のです。人はいとも簡単に「価値判断を操作」されます。価値観は人それぞれ違いますので、他者の価値観ではなく自分の価値観を持つことが必要で大事なことです。

例えば、昔の不良は髪型はリーゼントやパンチパーマで、制服はボンタンを履き短ランを着る、または、長ランにドカン。どちらにせよ、自分を大きく見せれるスタイルがカッコいいと思っていました。その不良目線では、普通の人のスタイルを見てこう言いました。

<<下に続く>>

なんだよお前海苔みてーなもん履いて気持ち悪くねーの?と、普通のストレートの制服のズボンを履いているものを「海苔みたいなもの」という価値判断で見ていたのです。しかし普通の人はこう言いました。「ボンタンを”バッ”と広げて大きく見せて、鳥とかニワトリみたいなんだけど・・・」と。このように価値観はそれぞれ人それぞれ違うものです。

一時期モテると言われたアヒル口は、昭和の頃、僕の周囲では「アホ丸出しの口だな」とも言われていたこともあります。

昔は気持ち悪いと言われることが多かったブルドックも今では可愛いと言われることが多くなりました。他にもたくさんこういったことがあります。

つまり、ブス、ブサイクも同じことで時代によっても変化しますし、その時に流行や風潮などを基準にして流されるタイプの人の価値観だということです。

その流される人の価値観に自分も一緒になって左右されて自己嫌悪に陥ったら自分が傷つきます。

ですので勘違いの思い込みから脱出をしていくと、ブス、ブサイクなど存在せず、どんな人にも素敵な表情や仕草などがあるのです。(自分がそれを良いと思うかは別として)

ですので他者の価値観でフォーカスすることをやめることが大事です。自分自身のフォーカスの仕方を身に付けていきましょう。自分のフォーカスの仕方が変われば、自分をどう見るかも変わります。今まで自分のことをブスとかブサイクとか思い込んで心理的に自分を虐待していたことに気づくかもしれません。

気づいたら、自分に与えられているものを輝かせるために努力をしたらよいと思います。他人の感情を自分のものだと信じて疑わない状態になっていることに気づいて捨ててしまえばいいのです。

この記事を読んで何か気づくことがあれば嬉しく思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 長い間、脱毛症でかなり醜形恐怖症に陥っていました。
    でも独学でも心理療法によって少しずつ改善してきています。まだ時間は掛かるかもしれないけど、完治を目指します!

    • 独学で学んでらっしゃるんですね。
      素晴らしいことだと思います。

      時間はかかっても信じた道を進めば間違いないですよ☆
      完治を確信して進みましょう!

  2. でも皆さんは誰でもあの子のほうが見かけはかわいいと思うけど実はこっちの子の方が好きなんて経験有りませんか!?私は綺麗な顔の人も魅力的だとは思うのですがユニークでなんか憎めないような顔の人が最近は好きです。顔以外にも性格や雰囲気など好きになる要因は見せかけ以上に有るのは確かだと思います。

  3. 中学生の頃私は生意気でいつもイジメられてました。自業自得かもしれません。いつも女の子ががばってくれてました。その時はショートでお世辞でも可愛いとは言えません。3年もたつと女性は変わりますね。めちゃめちゃ可愛くなっていました。

  4. 仕事に対して思います!
    仕事(接客)をしていたときは、辛いし辞めたいって思ったりもしたけど、いざ辞めて主婦になった今‥仕事がしたくて仕方ありません。

    やっぱり世の中に出て世の中の人と関わるの楽しいって思いました。

  5. ブスとかブサイクとか言うのは好きではありません。見る目によって変わると思います。自分も決してカッコイイとかでなくむしろブサイクなんで余計にそう思うのかもしれませんが。

  6. スニーカーソックス、昔はくるぶしが隠れないソックスなんて無理、と思ったけどはいてみるとオシャレで良かったですね。

  7. 日本では通用するかっこよさ、綺麗さがある国に行くと通用しないということがあります。

    日本では太ってるよりもスラリとした体型が好まれても、別の国に行くと、太ってる人が綺麗とされます。

    たまたま日本で生まれたから、多くの日本人の好みがそうだったに過ぎないのです。

    ブス、ブサイクという人は、井の中のかわずかもしれませんね。
    ただし、好みの問題は仕方ないと思います。
    私もまたいろいろ好みがありますから(笑)

  8. 私が小学校低学年くらいの頃はシャツインが当たり前でしたが(私服)中高生の時はシャツ出してましたよね。
    で、また最近シャツインが流行ってますよね。
    時代って巡ってくるんだな〜と思いました。
    昔流行ってた圧底(靴)も一旦は廃れましたが、今戻ってきてます。

    時代は変わっていくけど変わらない物があります。
    時代が変わっても自分の中で変わらない物が本当に自分が好きな物なんでしょうね。

    そういう風に「自分のものさし」が出来てきたら「自分は自分でいいんだ」って思える。

  9. ヘアスタイルですが、昔はバシッと乱れなくブローしていましたよね。

    髪がハネていたりしたら、朝大変でした。

    今ではハネているのは当たり前。適当に乱したり崩したりが主流になりました〜♪

  10. 他者の価値観にフォーカスするのを止めることが大事なんですね。

    不思議ですが、自分の顔でも良い時と悪い時がありますね。締まっている時と膨張してる時があります。

    良い状態が続くと、同一人物でも別人の時があるなと思いました。

  11. 人に言われて、プライドが傷つくことはあると思いますが、それをいつまでも引きずっては先が見えないと思います。
    なので自分の今の状態を知る。まずはこれが大切かと思います。

  12. ブスとかブサイクとかぬかす奴に限ってロクな奴はいない。

    顔で存在意義が決まるの?あほらしい

  13. 十代の頃は「目が赤ちゃんの目みたいですごく綺麗!」と言われますと、「それって純粋だけどバカでだまされやすそうってこと?!」とマイナスに受け止めておりましたが、アラフォーになっても言われますので、「若く見え、まっすぐに生きている感じがするということかな?」とプラスに解釈することにしました。

    個人の話で申し訳ございません。

  14. ブス、ブサイクは
    決して言われていい気持ちはしませんね。

    やっぱ、普段でも分かりますが
    人それぞれ好みがありますし
    ある人から見れば可愛い、カッコいい
    と思ったとしても
    また、ある人にはブス、ブサイク
    と思う事も現にあります。

    ブスでもブサイクでも
    いいとこはありますからね(´・_・`)

    性格が悪いことも今では性格ブスなど
    言う時代に変わってますからね。

    ブスであれブサイクであれ
    可愛いであれカッコいいであれ
    まずは、その人の人間性を見て
    いい部分を見付けるのは大事ですね!

    ブルドッグの記事ですが
    確かにそうですね!笑

    ブサ可愛いとして人気でましたよね!

    最近はゆるキャラもですねぇ!
    可愛くはなくても
    可愛い!として人気出てます( ´ ▽ ` )ノ

  15. 昔はババシャツが悪く見えた、と言うかバカにしていた。
    あんなの着るなら棺桶入るほうがマシだと本気で思ってた。

    今は率先して勧めてる(笑)

  16. 昔は太い眉毛はダサくて田舎者だと思っていたので一所懸命細い眉毛にしようと努力してましたが、今は太い眉毛が好評です。みてて実際太い眉毛って可愛いなと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)