コンプレックスに苛まされている人はその力を生かす時

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨

コンプレックスとは、複合的な感情の纏まりのことを言います。

この複合的な感情の纏まりは無意識で感情が絡み合いながら肥大化していく性質があります。

肥大化していくと人格形成がされたかのように別の人格になることもあります。

劣等感という劣等感情が無意識で纏まっていくと劣等コンプレックスになっていきます。

劣等感自体は健全なものですが、劣等コンプレックスは不健全なものになります。

よく「根に持つ」と言いますが、根は無意識のことです。

「劣等感を根に持つ」というのは「無意識に劣等感を蓄積させ、劣等コンプレックスを作る」ことを言います。

人生と言うのは、個人差は広いですが、まず劣等感の纏まりからのマイナス影響を世代間連鎖や親や環境からたくさん浴びます。

<<下に続く>>

そこから、乗り越えていく試練ゲームのようなものが人生なのです。

劣等感などを感じたとき「やってやるぞ!」と解決した人はコンプレックスの形成はされにくいですが、問題から逃げてしまうと「無意識に蓄積」されていきます。

人生は逃げられないのです。

うまく逃げたつもりでも、無意識に問題が蓄積されて後で大きな問題となって表れてくるのです。

コンプレックスに苛まされている人はそれだけ大きな試練があり、それに負けてしまい逃げ癖がついてしまっているのです。

ですのでそのコンプレックスをバネにすれば、コンプレックスは高機能な力を発する能力へと変化します。

真剣に、懸命に生きることを再スタートしてみましょう!

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    どんなに辛いコンプレックスを持つ人でも、いつかはその辛さをバネに出来る時がやってくるはずです!脱毛症で20代前半の時に髪の毛を全部無くした私がそうでした。

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)