目的を正して良いものに変えてプラス思考を使いより良い人生を作りましょう!

目的とプラス思考

私たちの感情は解釈の結果生み出されます。つまり怒りも悲しみも自分の人生の「目的」を達成するために自分で感情を生み出して使用しているのです。

人生は目的地を設定したカーナビのようなもので、自分で設定した「目的」に沿った行動をしています。その「目的」に近づくことを早めるために「感情を生み出している」のです。

例えば、攻撃されたと感じて防衛のために相手を潰したい「目的」がある人は「怒り」の感情を自分で生み出して相手を怒り「相手を潰す」という目的を達成しようとするのです。

「目的」に沿った無数の思考や行動をとっているのです。この「目的」が好ましくない目的だとマイナスになるのです。プラスで良い人生を送りたいのなら「目的」を変える必要があります。

しかしこの「目的」は無意識内にあるので多くの方は意識できていません。意識しないまま無意識的に「目的」に沿った行動をしています。

まずは自分の「目的」を理解することから始めましょう。「目的」を知るには自分の無意識を含めた自分を知る必要があります。自分の無意識を含めた全体的な自分を知るには客観的に自分を見れるようになる必要があります。

自分の言葉や仕草、行動、表情などあらゆる面に意識して自分を理解して下さい。少しずつ自分の本当の姿がわかってきます。わかってくれば正さなくてはならないところもたくさんあるので、どんどん正して良くしていきましょう。

自分の「目的」が理解できたら「目的」の大切さがわかってきます。次は「目的」を変えることですが無意識内の強い目的を変えるには別の目的に設定し直す必要があります。別の目的に設定するには「繰り返し」が重要になります。

例えば「家族と仲良く生きていく」ことを目的にするのなら、「家族と仲良く生きていく」に沿った思考と行動を繰り返し行って下さい。「家族と仲良く生きていく」のですから相手の話をしっかり理解して聞く、相手を尊重する、楽しみを見つける、など目的に沿った行動をして下さい。

繰り返すことで無意識の中の本当の「目的」が徐々に変わっていきます。目的が設定され直されると無意識的に「目的」に沿った思考や行動が出てくるようになります。

「分かってほしい!」と思って怒った経験はありませんか?

それは「分かってほしい!」という表向きの理由で「相手を下にしたい」「バカにしたい」「怒りたい」が目的なのです。本当に分かってほしいのなら、「余計に分かりにくくなる怒りを使う必要はない」のですから。

目的を正して良いものに変えてプラス思考を使いより良い人生を作りましょう!自分の気づいていない目的に気づくことは勇気がいりますが、気づいた分だけ人生は思い通りになっていきます。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)