目的を正して良いものに変えてプラス思考を使いより良い人生を作りましょう!

4054 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←

目的とプラス思考

私たちの感情は解釈の結果生み出されます。つまり怒りも悲しみも自分の人生の「目的」を達成するために自分で感情を生み出して使用しているのです。

人生は目的地を設定したカーナビのようなもので、自分で設定した「目的」に沿った行動をしています。その「目的」に近づくことを早めるために「感情を生み出している」のです。

例えば、攻撃されたと感じて防衛のために相手を潰したい「目的」がある人は「怒り」の感情を自分で生み出して相手を怒り「相手を潰す」という目的を達成しようとするのです。

「目的」に沿った無数の思考や行動をとっているのです。この「目的」が好ましくない目的だとマイナスになるのです。プラスで良い人生を送りたいのなら「目的」を変える必要があります。

しかしこの「目的」は無意識内にあるので多くの方は意識できていません。意識しないまま無意識的に「目的」に沿った行動をしています。

まずは自分の「目的」を理解することから始めましょう。「目的」を知るには自分の無意識を含めた自分を知る必要があります。自分の無意識を含めた全体的な自分を知るには客観的に自分を見れるようになる必要があります。

<<下に続く>>

自分の言葉や仕草、行動、表情などあらゆる面に意識して自分を理解して下さい。少しずつ自分の本当の姿がわかってきます。わかってくれば正さなくてはならないところもたくさんあるので、どんどん正して良くしていきましょう。

自分の「目的」が理解できたら「目的」の大切さがわかってきます。次は「目的」を変えることですが無意識内の強い目的を変えるには別の目的に設定し直す必要があります。別の目的に設定するには「繰り返し」が重要になります。

例えば「家族と仲良く生きていく」ことを目的にするのなら、「家族と仲良く生きていく」に沿った思考と行動を繰り返し行って下さい。「家族と仲良く生きていく」のですから相手の話をしっかり理解して聞く、相手を尊重する、楽しみを見つける、など目的に沿った行動をして下さい。

繰り返すことで無意識の中の本当の「目的」が徐々に変わっていきます。目的が設定され直されると無意識的に「目的」に沿った思考や行動が出てくるようになります。

「分かってほしい!」と思って怒った経験はありませんか?

それは「分かってほしい!」という表向きの理由で「相手を下にしたい」「バカにしたい」「怒りたい」が目的なのです。本当に分かってほしいのなら、「余計に分かりにくくなる怒りを使う必要はない」のですから。

目的を正して良いものに変えてプラス思考を使いより良い人生を作りましょう!自分の気づいていない目的に気づくことは勇気がいりますが、気づいた分だけ人生は思い通りになっていきます。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. せっかく生きるなら、誰からも支配されず、自己肯定感を持って生き生きとした人生が良いですよね…!

  2. 分かってほしい=怒りたい は何となく分かります。たまにストレスを発散してるだけでは?と思うときあります。

  3. 目的に向かって生きていく。いい言葉ですね。私はいつの間にか目的を忘れていた気がします。これを機に目的に向かって生きて行きたいです。

  4. 客観的に自分を見る、って本当に難しいです。

    自分を知って、少しでも良い目的を持ちたいです。

  5. 自分を客観視しして目的をしっかり正して良いものにしていき、もっとプラス思考になって前向きな人生を歩みたいと思えるようになりました。

  6. 確かに、人は無意識にせよ、目的達成のために動いてますね

  7. 自分のことを分かってほしい理解してほしい思う人は誰にでもあると思います。

    でも中々理解されないですよね、結局考方や価値観なんて人それぞれだから。

    自分は自分の価値観や考え方を押し付けないように心掛け手ます。

  8. 家族にわかってもらいたいことだらけで不満がたまります。
    最近、自分原因説を唱える人の本が店頭に並んでいます。
    買ったわけではないから、詳しくは分かりませんが、似てる気がします。
    目的を知ることから始めなきゃダメなんですね。

    • 「自分原因説」を唱える人の中には「押し付けを目的」としている人もごく一部いると思います。

      「自分原因説」にも「アドラー心理学」にも良い点もあれば悪い点もあるもので完璧なものは存在しません。

      スカッピィさんの「家族にわかってもらいたいことだらけで不満がたまる」という気持ちも良くわかりますし、その気持ちを否定しません。

      人それぞれに心の成長の過程がありますのでスカッピィさんは「家族にわかってもらいたいことだらけで不満がたまる」を今経験されている時だと思うので大事にしましょう!

      「自分原因説」の良い点は自分に原因があると考えられるからこそ前向きに「これからをシンプルに作りやすい」という点だと思います。

      例えば、集団リンチに会いたくないなら集団リンチをするような人間に近づかず、そうではない人間に近づく努力をすると「集団リンチに会う可能性は限りなく0に近づく」ので自分を変えることで人生を思い通りにしていけるというプラスに使い方があります。

      相手からプラスな言葉が欲しい場合「相手の言葉使いが悪いよと責める」より自分が相手に「ありがとう♪」「嬉しい!」と感謝や共感の言葉を使うと相手は段々プラスの言葉を発するようになります。

  9. とても前向きになれる意見だと思いました。

    正しい方向に目的を向けて、そのために必要な努力は何かを考えるということは、簡単なようで実行は難しいと思います。

    しかし、実行しないで待っているだけでは、目的は達成されないんですよね。

    また、無意識下の目的というのもわかります。私はすぐそこまで見えているけど蓋をしている感情があるのですが、正しい目的を見つけてそちらに進んでいければ、無意識化の薄暗い感情もなくなっていく気がしました。

    • 行動は今この瞬間から変えられます。

      目の前の人間を蹴飛ばすか、感謝するか、手伝うか、どんな行動も自分次第で今変えることはできます。

      継続になると難しかもしれませんが、本気で意識していけば出来ることもあると思います。

      人は自分では気が付いていなくても何かしらの目的をもって今も進んでいます。

      それが悪い目的なら、早い段階で正したほうがプラスになりますよね。

      フタバさんの言う通りだと思います。

      正しい目的を見つけまっすぐ道を進めば、薄暗い感情も変化していくでしょう。

      自分の今の発言、行動は正しい目的に沿っているか?という確認もすると良さそうですよね(^^)

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)