妄想(勘違い)が減れば、恐怖も減っていきます。

530 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

※この記事は、あとで修正します。乱筆乱文にて失礼いたします

サヨナラ・モンスターに取り組んだ方が、「確かに恐怖が減って、やる気が出てきました」と言いました。これは、僕も嬉しい気持ちになります。酷い恐怖を抱えていたからこそわかるのですが、恐怖の殆どは「妄想」です。妄想(勘違い)が減れば、恐怖も減っていきます。

異常な事件を起こした者が「悪魔が囁いた」ということがある。悪魔は実在しない。悪魔ではなく「恐怖のまとまり」を抱えていて、彼ら犯罪者は、そのまとまりからの自動思考に促されているのです。つまり、酷い恐怖を潜在的に抱えているということ。それは脳の前頭葉が弱っているということ。

僕自身、勉強を放棄し、欲望のままに生きたことがあり、その結果、前頭葉が弱り、恐怖も酷くなった。だから、人間らしさを司る前頭葉を鍛えていく、活性化させるような「生活習慣」が本当に大事なことだとわかった。子供の時のB施設での健全な生活は強制だったけど、本当にありがたいことだと今も思う

異常な事件を起こす者は脳の前頭葉の血流低下が!過去の虐待被害者か!?異常な事件を起こす者は、狡賢いバレない加害者が生み出している産物の場合もある。

なので、「マイナスのまとまり」は何であれ、肥大化する前に小さくしていくことがとても大切なこと。肥大化しすぎると、手に負えなくなり、そのまとまりに自分が乗っ取られるのです。心理学三大巨頭の1人ユングは、複合的な感情のまとまりであるコンプレックスが人格形成すると言った。

例えば、暴力団の世界であらゆる恐怖が植え付けられる。それに蓋をして、抑圧される仕組みがある。すると、凶暴な人間が出来上がっていく。心の奥で凶暴性を育てる。狂暴な人間は、「まとまり」を計画的に形成し、創り上げることも出来るのです。

この「まとまり」は、信念、スキーマ、コンプレックス、色々ある。どれも、自分に対し、無意識のうちに影響を出してくるもの。だからこそ、「どんなまとまり」を持つか、それが【重要】なのです。「幸せのまとまり」を創っていくことが良いと思います。

「あげまん女性」は、自分や他人の幸せを願う「まとまり」を潜在意識に持っているので、関わる人の運気を上げます。その逆で、他人の運気を下げ、他人の夢を怖し、他人の不幸を喜ぶ人は、そういった「まとまり」を潜在意識(無意識)に持っているのです。それが大きいほど影響も大きくなります。

人は無意識のうちに、「まとまり」に突き動かされている。だけど心配することは無い。この「まとまり」は、自分で自由に変えていけるから。「思考」「言葉」「感情」「行動」を使って「まとまり」を良くも悪くも出来るのです。自分が望む幸せに沿った「思考」「言葉」「感情」「行動」を使えば良い。

 

「温かい思考」「温かい言葉」「温かい感情」「温かい行動」を使っている人は、間違いなく、温かい家庭を築きます。

 

僕は、自分の心の苦しみを減らすには、「”まとまり”を変えていくいかない」ということがわかり、自分の「まとまり」を把握し、1つ1つに対し、変化を起こせる部分から変化させていった。そして、恐怖が大幅に減ったり、他にも良い変化があった。それをまとめたのが「サヨナラ・モンスター」です。

画像は、サヨナラ・モンスターに付属のツールの画面ですが、黒塗り部分に、僕の「モンスター(まとまり)」情報が記載されています。このようにツールで自分の抱えている「まとまり」が少しずつ見えてきて把握でき、それを出来る部分から修正したら、少しずつ心が楽になっていきました。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

531 views

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。