自分で自分をやる気にさせる方法!自分で自分を支配していないと、そこには外部の支配が入り込む。

自分で自分をやる気にさせる方法!自分で自分を支配していないと、そこには外部の支配が入り込む。

先日、AmazonのKindleストアで出版された【プラス感情トレーニング2「emotion plus」】の表紙が寂しかったので作ってみました!そして、すぐに、Amazonのほうでも「表紙」が「更新」されました!

自分で自分をやる気にさせる方法

この「自分で自分をやる気にさせる方法」が、もっと、広まっていくといいなと思う。自分をやる気にさせると、心が温まり、体も温まってくる。自分が自分の支配者(良い意味での支配者)となるためにとても大切なこと。

「やる気」は自分で創るもの

人は、自分で「やる気」になることが出来る。自分で自分をやる気にさせることが出来る。専門家も言っていた。僕は、このの方法で、やる気が出ない時、やる気を創って、必要な作業に集中している。やる気を創ると、疲れにくくなる。

自分を支配することが大切

ある人は、「自由になるには、自分を完全に支配できなければいけない」と言った。その通りだと思う。自分で自分を支配していないと、そこには外部の支配が入り込む。そして「支配は許さん!」と戦っても、それではいたちごっこ。根本解決は、自分が自分を支配して、支配されない自分になることが大切。

支配されてしまう自分のまま、「支配者は許さん!」と騒いでも、問題は解決されない。「騙されない自分、支配されない自分」になること。これが「自由」への道。

なので、【プラス感情トレーニング2「emotion plus」】で、「自分で自分をやる気にさせる方法」を学べば、「支配されない自分」に繋げていくことも可能なので、そのように繋がっていってほしいと願っています。自分で自分をやる気にさせることが出来れば、他人に左右されにくい自分になれる。

支配されてしまう原因

自分で自分をやる気にさせる力が弱いと、外からの「ネガティブ情報」が、ジワジワと入り込んできて自分に浸透し、心が、ネガティブになっていく。ネガティブニュースに左右されている人は、たくさんいる。彼らは、「自分で自分をやる気にさせる力」が「弱い」から、心が、流されてしまう。支配されてしまう。

「正しく説明する力」を上げるためのやる気を出すことが出来た

プラス感情トレーニング2「emotion plus」(公式サイト)

プラス感情トレーニング2「emotion plus」(Amazon,Kindle版)

この記事(https://bright-ms.net/post-17099/)に書いた、「悪い噂を作って、巧みに流す者」によって疲れてネガティブになっていたのに、「正しく説明する力」を上げるためのやる気を出すことが出来たのも【プラス感情トレーニング2「emotion plus」】をやったからなのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] この「正しく説明する力」を上げるための「やる気」は「この方法」で上げました。 […]

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)