モラルハラスメントを受けた方が反応する歌とダブルバインドについて

8688 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら

A君の場合

ギザギザハートの子守唄 チェッカーズ

ジュリアに傷心 チェッカーズ

モラハラ被害者から抜け出したA君
幼少期からモラルハラスメントの見えない攻撃を受けていて、それがなんなのかどこから来ているのか分かりませんでした。
だから自分を守るために自分がつんけんして尖って周囲を傷つけてしまっていました。
本当の犯人が分かって区別し離れてモラハラの世界から抜け出せました。その当時の僕の心を表すにぴったりなのがチェッカーズのギザギザハートの子守唄でした。

Rさんの場合

ZONE 証

モラハラ被害者から抜け出したRさん
私は、モラハラを受けていたことに気が付けないでいました。
薄れゆく自分。透明になってゆく自分。居場所がどこにもなかった。
自分を出せば出すほど攻撃され無能なカウンセラーからは勘違いだと言われ、
家族からは嘲笑され孤独になりました。当時14歳。心はもうぼろぼろでした。
「お願い誰か気づいて!!!」そう心の中で叫んでいました。
最後に気づいてほしく自殺未遂もしました。
眠ることさえ怖かったの。

そして見えない攻撃脅えることをやめ私は逃げないことを決意。
すると見えない攻撃が見えたのです。
そして攻撃者と決別しモラルハラスメントの世界から抜け出せて今は良きパートナーにも出会い幸せです。
まだ苦しかった時を思い出す曲はZONEの証です。
今、モラルハラスメントで苦しんでいる方はとても優しく心の綺麗な方たちです。
そして自分の居場所を探している最中だと思います。
絶対に掴んで下さい。自分の居場所を。

<<下に続く>>

nさんの場合

男のくせに泣いてくれた 森田童子

心が完全に孤独に閉じ込められていました。そんな私の話を唯一信じてくれた人が泣いてくれた。あの時を思い出す歌です。私の記憶は・・・。儚い人生でした。どうか私のように背負い過ぎないように。モラルハラスメントを受けている方に伝えたいこと。それは【どうか自分を何よりも大事にして下さい。】という事です。

ダブルバインド

モラハラ界から抜け出した方のコメントをご紹介させていただきましたが如何でしたか?

モラルハラスメントはダブルバインドを使います。

ダブルバインドとは二重拘束とも言われ相反する矛盾メッセージが込められた矛盾したコミニュケーションです。
この矛盾の攻撃をされると素直であればあるほど被害が大きくなります。

あなたが大事なのよ・・・
道具化する行動・・・・・

この矛盾を小さいころに受けると、矛盾が当たり前だと刷り込まれやすいので自身も気づかずに矛盾したコミニュケーションを行うようになります。その結果、トラブルが多発しやすくなりますので矛盾したコミニュケーションは絶対に通さないと見抜くことが大事です。

、、、、

ダブルバインドは悪いこと。
アドラー心理学では区別してと言う。

嘘のつけない時代へと向かっていますね(笑)

今までは正直者はバカを見ることが多かったのですけど

正直者が馬鹿を見ない時代がきます。

 

モラハラ界から抜け出す時、人は勇気を試されます。

受け取った心の賄賂はすべて返却、そして清算が必要になることもあります。

 

モラハラ界から抜け出した方がこの記事を読んでくださっていましたら、良かったらコメントを残してみませんか?

まだモラハラ界にいて苦しんでいる方に勇気が届くと思います。

モラルハラスメントの被害はあなた自身で解決することが出来るのです。
一か月でモラハラの苦痛から抜け出すための「モラハラ実践対策プログラム」を公開!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック【CD付き】

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。
    個人的に「これはモラハラ界から脱出するための歌」だと気がついた曲は、こちらです。

    FLOW「GO!!!」
    the pillows「new amimals」

    一度聞いたら忘れられない。携帯電話に保存して時折聞いています。
    最初聞いていた頃は、深い意味なんて気がつきませんでした。
    こちらのサイトに出会って、「この曲はモラハラ界からの脱出を呼びかけている歌」と悟った次第です。
    私は無意識にモラハラ界からの脱出を探っていたのでしょうね。
    それを自覚できたのは、ごく最近です。

    • こんにちは。
      とても良い歌ですね。

      「モラハラ界からの脱出」は深く入っている人にはとても難しいと思います。
      元々まじめで優しく素直な方が被害者になりやすいので、加害者はその優しさを悪用していますので、
      被害者は脱出することすら相手を傷つけることになるのではないかと心を痛めています。
      そして、知らず知らず牙を抜かれ戦う事すらいけない事だと思い込まされていますので
      被害者は「戦ってもいいんだ!」と自分に許可を出すことも大事です。
      被害者は「言い訳」を言っているわけではないですが、他者には言い訳に見えるのですけどね(^^)

      「言い訳を言って主観的な思い込みで逃げていた」と片づける人は更なるモラハラの深みにはまりますからね。
      敵がいて当たり前、敵がいないほうが問題なのです。
      敵はいない!というのはポジティブ信仰と同じようなもので逆に危険な場合もあります。

      そしてモラハラ界の奥深く入っている人には、中途半端な救いの声も届きません。
      殺人鬼が更生する時、中途半端な魂の持ち主では無理です。

      最後には魂と魂のぶつかり合いですので、モラハラ界の奥深くに心を置いている人は、カウンセリングなどでも不可能でしょう。
      お金の切れ目が縁の切れ目という関わりでは殺人鬼や自覚のない人格障害の方に「気づき」は起きない…。

      私は、そう思っています。

      敵はいる。だけど敵を通して何を学ぶかです。しかし殺人鬼に「敵はいない」と言えばどうなるか?
      「そうかそうか。敵はいないんだな?よーくわかった」と静かにばれずに行動を起こす人もいるかもしれません。

      モラハラという言葉で、一括りで相手を見れば、相手を傷つけてしまい悪化させてしまう場合があります。
      温室で育ったり、極寒の地で育ったり、比較できないことは沢山あるので、難しい所ですよね(^^)

  2. 正直者がバカを見ない時代、早く来るといいですね。

  3. 確かに正直者はバカを見るって言いますが、何だか不思議に思ってしまいました。
    正直者なのにバカを見るのは何でだろう‥と。
    正直でいることでバカを見ることって本当にありますか?

    • 正直者が馬鹿を見ることはあります。

      矛盾コミュニケーションを行ってくるモラハラは、正直者に近寄ることが多いです。
      正直者に近寄る理由は「静かにモラハラを行う側に欠陥している正直さを吸収したい」のだと思います。

      本来ならば自分で成長するものですが「静かにモラハラを行う側」は寄生的ですので宿主となりそうな正直者へ近寄り「正直さ、純粋さ、真面目さ」を吸収できないのに吸収しようとするするのです。
      モラルハラスメント – Wikipedia

      引用ここから~
      モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。被害者となるのは、几帳面で、秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い、メランコリー親和型の人物で、起こった出来事に対して、自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい[10]、誰かに与えることを欲している[6]という特徴がある。そのタイプの人物が、自己愛的な変質者が欲しているのだが持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出している場合、自己愛的な変質者の前に居合わせることになったとき、被害者に選ばれる[21]。
      引用ここまで~

      上記ページに書かれているようにモラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物の傾向がそれを表しています。
      静かに行うモラハラは自分が悪いことをしているのに認められないから、真面目な人にそのレッテルを貼りたがります。
      静かに行うモラハラは自分が生産的ではないので生産的な人に寄生しようとします。

      つまり暴力的ではない静かなモラハラは正直者に近寄るので、このことを知らずにただ正直でいると知らない間に心に寄生されて結果バカをみることは増えやすいですね。

  4. あららっ!?

    自分ではモラハラの被害者という自覚はなかったのですが、この『ギザギザハート…』を聞くと、中三の受験前の荒れた時代を思い出しちゃいますね。
    心を逆撫でられるというか…。

    出来の良い兄弟達に比べられ、私もあの頃は身の置き所がなかったのかも。
    でも首尾よく高校に合格したら、学校にも家にも自分の陣地拡張してやりましたよ〜♪
    私もやれば出来るって自信がついたンでしょうね。

    自信がつくと余裕もあるので、尖ってキャンキャン騒がなくても良くなる。

    振り返ってみると、やはりモラハラって恐ろしいです。

    • 心を逆撫でるのはモラルハラスメントの常套手段です(笑)
      比較し劣等感を受け付けて、逆らえないように心の賄賂を渡し、支配していく。
      よほど精神的自立をしてまっすぐ生きていないとモラハラにはやられますよね(笑)

      そこから自分の陣地拡張したことはほんとに素晴らしいです!
      その素晴らしい陣地拡張を今モラハラで苦しんでいる方に届けば勇気になりますよね。
      モラハラもすぐわかるものや、全然わからないものもあり、最終的に言えば「言い訳」になるのかもですが、
      悲惨なモラハラもありますからね;^^

      自信がないから尖るんですよね(笑)
      昔の不良のリーゼントとかも髪の毛とがらせて周囲を敵に見ているんですよね;^^

  5. メグミ(二児のママ)

    確かにモラルハラスメントって、傷つくような事を他にバレないわからないようにってしますよね。気づかないようにしていると思います。そのときに感じた心境が、歌になってるのには共感するのかなと思います。

  6. 私自身はモラハラをされているかは分かりませんが、私からはモラハラをしているのかもしれないと思います。

    抜け出せた人は幸せになったみたいで良かったと思いました。

    • 今、ゆさんが知らないことを考えてみて下さい。知らないことをやってみて下さい。と言っても「知らないことを考えたり行動することは無理」ですよね。

      モラハラをやっているかもしれないということですが、もし仮にモラハラをやっているのなら、それはどこから知ったのでしょう?

      どこかから知り得ない限りやれるわけないはずです。

      モラハラを過去にやっていた人で抜け出す事が出来た人は、自分がどこから知って受け入れてしまったか分かります。

      気づくと抜け出せますし、気づかないと抜け出せません。

      逆に、ゆさんはしていないかもしれませんし、それは誰かが決めることがなく自分で決めることですよね。

      例えしてたとしても、抜け出せばいいんです(^^)

      私もモラハラをされていましたし、やっていました。全部気づきました。

      気づいて省いています。

  7. 自分を正当化するつもりはないですがモラルハラスメントで苦しんでいる人はとても優しく心の綺麗な人…という見方をして下さる方がいて心が救われました。自分の居場所を早く見付けたいと思います。

    • いいコメントですよね(^^)/
      自身の中からモラハラからの影響である「矛盾」を省いていけば抜け出し居場所を見つけていけると思いますので、自分の居場所を見つけ作って安心した心で生きて下さいね!

LEAVE A REPLY TO 肥後の赤牛 CANCEL REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)